日記

  1. ローラの辺野古埋立反対発言を問題視するのは「日本人の政治への無関心」が原因!

    ※ご注意※まずはじめに、誤解の無いようにして頂きたいのは、個人的な意見として沖縄米軍基地の移設について、また、それに対する政府の対応への賛否を示す内容で…

  2. 部長注目!忘年会シーズン到来!若者がドン引きする「おっさんがカラオケで歌う曲」とは!

    忘年会シーズン真っ只中である。最近は何かとハラスメントに発展することも多いので(酒の場だしね?)、上司部下共に忘年会に消極的な会社が多いそうだが、それで…

  3. 【感動の最終回に賞賛が止まらない!】嫌われドラマから多くの視聴者が熱視線を送る逆転現象!「中学聖日記…

    最初は嫌われドラマであったが見事に逆転!これまでも「高校教師」や「魔女の条件」など教師と生徒の禁断の恋愛を描いたドラマはあったが、生徒の年齢…

  4. 東京コミコン2018に行ってきた

    フラッシュに会ってきた。ド派手な衣装でお馴染みのエズラ・ミラーだが、この日も彼だからこそ着こなせる特殊な衣装で登場。何百人の相手をしなければならない…

  5. M-1暴言騒動で改めて感じた「上沼恵美子こそ最も優れた審査員だ」と言える理由

    上沼恵美子を初めて知ったのは紅白歌合戦の司会をした時だった。今以上に紅白に権威があった頃。安室奈美恵が初出場した頃だから約20年以上前と言うことになる。当時…

  6. 【話題の「中学聖日記」徹底分析】「高校教師」は高視聴率で「中学聖日記」が賛否両論な理由とは?

    昨年2017年のNHK朝の連続ドラマ「ひよっこ」で主演を務め好評を呼び、国民的女優となった有村架純が主演を務める、TBSドラマ「中学聖日記」。中…

  7. 原爆シャツ騒動でMステ出演中止になったBTSが犯した罪とは?

    BTS(防弾少年団)が様々な騒動に揺れている。騒動を知った時に思ったのは「幻滅」しかなかった。特段ファンでもないので「裏切られた感」はなかったが、大…

  8. 【徹底考察】『カメラを止めるな!』は何故ここまでヒットしたのか?を真剣に妄想する

    今年2018年の映画界隈で一番の話題と言えば『カメラを止めるな!』のヒットの他ないだろう。たった2館での上映から全国300館に拡大し興収も20億円を超え…

  9. テイラー・スイフトが遂に支持政党を表明!その影響力、トランプ政権を危機に落とす破壊レベル・・・

    奇しくもトランプの勝利で世界中を驚かせた、2016年のアメリカ大統領選挙では数多くの著名人たちが自分の支持政党・候補を公の場で表明し、選挙戦に率先して参…

  10. パリピが日常悩んでる嫌なことって何?ストレス溜めない極意がULTRA JAPANにあった!

    先日9月下旬の連休にお台場で盛大に行われた「ULTRA JAPAN 2018」今年で5年目を迎え、過去最大動員を誇ったというので、どうやらULTRAも日…

  11. 【歌姫から伝説へ】安室奈美恵に25年分の感謝を!さよなら、ありがとう安室ちゃん!

    日本中が驚きと落胆に溢れた。安室奈美恵の芸能界引退の報は事件となり、国民の関心を引きつけた。最後のアルバム「Finally」も200万枚を突破。2007…

  12. 今年2018年のサマソニがガラガラの異常事態!~その原因を探ってみた

    ノエル・ギャラガーやBECKといったギター・ロックの大御所がヘッドライナーを務め、近年EDM集会になっていたが久々にロック・フェスとしての威厳を取り戻した感があ…

  13. エルレ細美が「待った!」転売野放し・・・チケットだけじゃないライヴ物販問題を考える

    邦楽ロックが好きな皆様こんにちは。皆さんがライヴ行く中で違和感を覚えることありませんか? そう、物販です。誰もが欲しいライヴ・グッズを買うために開演数時間前…

  14. 『万引き家族』是枝監督の政府からの祝意を辞退した理由が素晴らしいな~と思った

    カンヌ入りした是枝監督の現地インタビュー「日本では共同体文化・家族が崩壊しており、多様性を受け入れるほど社会が成熟していない」と指摘。「残ったのは国粋主…

  15. ゆず新曲に「靖国」が出てきて大騒動!これはポップソングの右傾化なのか?

    ゆずの新作『BIG YELL』に収録された楽曲「ガイコクジンノトモダチ」が騒動を巻き起こしている。北川が書いたとされる歌詞に「国旗」や「靖国」というワー…

  16. 【ポールも参加】フロリダ高校生発のアメリカの銃規制デモの勢いが凄いことになっている!

    昨年2017年にラスベガスのカントリーフェスで起きた銃乱射事件も記憶に新しいが、アメリカでは銃による許しがたい事件が続いている。銃社会であるアメリカは決…

  17. 【米国で大炎上】ブルーノ・マーズは黒人音楽を盗用したカラオケ歌手だ発言で賛否両論!

    黒人女性活動家がブルーノを物真似歌手と大批判!2018年3月アメリカでは、グラミー賞の主要部門を独占したブルーノ・マーズに関する話題が賛否両…

  18. 【フジから若者が消えた?】フェスの“聖地”フジロックが中高年化している問題。若者が洋楽から離れた理由…

    フジロックとサマソニの面子が逆転現象?年明け早々に発表された国内二大フェスであるフジロックとサマソニのラインナップ。ケンドリック・ラマーやN.E.R.D…

  19. 海外メディアも報道した「たけし独立騒動」何故たけしは自ら出て行ったのか?

    たけしが「オフィス北野」から独立する。何か腑に落ちない部分もある。フライデー事件があって、太田プロから独立するって際に、たけの個人事務所って形で作られた…

  20. 平昌五輪閉会式でのポップアーティストの“イマイチ感”を見て感じる東京五輪への不安!

    気付かぬうちに閉会式を迎えた平昌五輪。やばいな・・・・・・俺、羽生しか観てない(笑)もともと競技名もルールも知らないし、評価基準が曖昧な冬季競技の、どう…

  21. 【祝・金メダル】羽生結弦選手のワンオク愛が止まらない!五輪王者が勝つために聴いてた楽曲とは!

    もはや国宝級スターとなった二大会連続金メダル獲得した羽生結弦選手と、銀メダルを獲得した宇野昌磨選手。羽生選手の演技時の視聴率が46%だっ…

  22. 小室哲哉は何に詫びているのか?彼の引退騒動で世間の文春批判が過熱した裏にある違和感とは!

    小室哲哉が引退する。小室世代ドンピシャの30代としては、過去に小室ブームが凄まじかったのは肌で感じていた。オリコンも音楽賞も紅白も小室一色。長者番付…

  23. 大雪なので雪の日に聴きたい楽曲を集めてみた!

    2018年1月22日珍しく大雪だった。関東地方は大騒ぎ。交通機関は麻痺するし、関東はとことん雪に弱い。とにかく、珍しく雪が積もったので、雪の日に…

  24. 「ルパン三世」新シリーズが4月より放送決定!肝心の内容とは・・・より現代風にデジタルに蘇るルパンから…

    ルパン三世が再び蘇える――こんな朗報を聴いてワクワクしないルパンファンはいないだろう。と、言っても、最近の新作をめっきり見なくなった。理由は声だ…

  25. 【恋愛か?セクハラか?】仏大女優が男性擁護発言で#metoo運動に待った!

    先日のゴールデン・グローブ賞でのオプラ・ウィンフリーのスピーチが喝采を受けたことが記憶に新しいが、ここにきて意外な人物から“まさかの”男性擁護(※セクハ…

最近の記事

  1. ハリウッド

    【実は悪事を働いていない?】『美女と野獣』の悪役ガストンから読み解く、強さを求め…
  2. テレビ・芸能人

    テレ朝スーパー戦隊の放送時間変更の暴挙は吉と出るか?
  3. ライブレポート

    ポール東京ドーム初日を観た!
  4. 邦楽

    CDJ1819で大量発生した「あいみょん地蔵」で垣間見えた若いマナー違反客の現実…
  5. ニュース

    遂にNYタイムズ誌まで?ガキ使の黒塗りメイク批判は行き過ぎだと思う理由!
PAGE TOP