ライブレポート

METROCK 2017 1日目完レポ

© ROCKinNET.com All rights reserved.


昨年に引き続き参加しました都心型邦楽フェス「METROCK」!
このフェスの好きなところは、ふとステージの横を見れば高速の立体道路が見えるように都心の中でやってる特殊感。そして、その街も新木場という倉庫街の場末感がいい。気温は五月にして30度を超える真夏日。ちょっと早い夏フェスだった。

特に会場が狭いフェスなので移動や混雑に苦労するが、まだ創設されて日も浅いフェスだ。今後の課題は多いだろう。列の前の若者たちが、クロークから荷物を引き出そうとした際に、スタッフの姉ちゃんから出た衝撃セリフ「見つかりません」。運営はLIVE POWERという会社だ。この会社はいつもそう。どのライブでも同じ。クローク運用や導線先導に弱い、運営会社にして運営力が無いという致命的な欠点は誰か言ってやった方がいい。
けど、レキシのグッズである稲穂をクロークの袋にしまう際に、スタッフの兄ちゃんが「稲穂をしまわれる方、全部きちんと袋の中に入れないと、先が収穫されてしまいますよ~」と言って回ってた。周囲の若者たちも絶賛してたが、なかなか粋なスタッフもいるもんだ。

●THE ORAL CIGARETTES
朝一から勢いあるパフォーマンス!オーラルにハズレのステージは無い!
●SPYAIR
貴重なフェス初登場!キャリアが成す安定のステージングだった。
●ぼくのりりっくのぼうよみ
19歳にして驚くべき才能。あとはライヴ化けして欲しいな。
●KEYTALK
安定の楽しさ。キラーチューンがどんどん増えて魅力が増すばかり。
●感覚ピエロ
MC力も然ることながら楽曲の良さが際立つ最高のステージングだった。
●9mm Parabellum Bullet
フェスバンドとして貫録さえ漂うハズレ無しなパフォーマンスだった。
●レキシ
楽曲も当然好きだが、抱腹絶倒な話術に完全に心奪われている!最高!
●[Alexandros]
最高!アレンジの質の高さに感銘し、バンドの次段階が垣間見えた!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でROCKinNET.comをフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 『いぬやしき』興行失敗で垣間見える漫画原作映画の限界~世間はエグさに飽きている
  2. KEYTALKの八木氏はナゼ愛されるのか?その無敵な愛嬌の謎と八木氏のドラムテク…
  3. 【速報レポ】My Hair is Badの初武道館公演を観る!椎木が提示した正し…
  4. 【全曲レビュー】桑田佳祐の最新作『がらくた』が凄過ぎた!大衆音楽ここに極まり!
  5. 『ブラック・パンサー』を観た!社会風刺と娯楽性が融合したマーベルの新傑作が誕生し…

関連記事

  1. 邦楽

    恒例の大発表!2015年の素晴らしき邦楽たち!

    もはや、年末の恒例行事!今度は邦楽!俺が独断と偏見で勝手に…

  2. ライブレポート

    METROCK 2018【東京 2日目】ライヴレポート

    春から夏に変わろうとしている五月下旬。毎年恒例と化しているME…

  3. 映画

    興収記録更新、流行語・・・『君の名は。』が止まらない

    この快進撃いつまで続くのか?遂に『君の名は。』の興行収入が…

  4. ニュース

    ピコ太郎のPPAPが全米ビルボード77位!

    ピコ太郎の「ペンパイナッポーアッポーペン(PPAP)」が、全米…

  5. ライブレポート

    安室奈美恵を観た!

    今年は多くのアーティストが●周年記念だったそうなのですが…

  6. 邦楽

    宇多田ヒカル、本格的に再始動!

    宇多田ヒカルの新曲のタイトルが決定!「花束を君に」とい…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気の記事

  1. 映画レビュー

    『娼年』の実写化で性に真剣に向き合った監督と、素っ裸で腰振りまくった松坂桃李に敬…
  2. 音楽

    ジャスティン・ビーバー新曲のスペイン語が歌えず大ヒンシュクからのブーム化
  3. 邦楽

    松任谷由実「恋人がサンタクロース」がクリスマスは恋人と過ごす日という社会的呪縛を…
  4. 音楽

    遂に雪解けの予感?それでもオアシス再結成が無いと言い切れる理由とは!
  5. ハリウッド

    【ジャスティス・リーグ公開記念】いま最もホットなハリウッド俳優“エズラ・ミラー”…
PAGE TOP