邦楽

松任谷由実「恋人がサンタクロース」がクリスマスは恋人と過ごす日という社会的呪縛を作ったと反省する(笑)

© Kirarasha & Kirara Music Publisher All rights reserved.

今日はクリスマス。師走の街全体に流れる「物を買え」オーラが恐ろしくて、想定していた貯蓄額よりも数十万円少なくなるなんてのが毎年恒例になってる駄目人間な訳だけれども(来年は節制というものを覚えたい)しかも、もはや全然クリスマスとか気にしなくなってる自分が逆に末恐ろしい(笑)
そんな中、松任谷由実が「恋人がサンタクロース」を反省しているという面白い話を思い出す。実は昨年2016年のコメントではあるんだけど、それまでクリスマスは家族の時間で、子供がサンタクロースにプレゼント貰う習慣だったし、世間で“クリスマス・ソング”と言えば「きよしこの夜」「サンタが街にやってくる」や、ビング・クロスビーで有名な「ホワイト・クリスマス」などがスタンダードだった。そんな中、ユーミンが「(クリスマス・ソングを)ロックチューンで作ったら面白そう」と書き上げたのが「恋人がサンタクロース」だったという。しかも、恋愛がテーマだったのが画期的だった。サンタクロースを“背の高い彼氏”と喩えてしまったのだから。それが定番化し、今では老若男女が周知のクリスマス・ソングとなった。

実はこの曲はシングル化されていない。アルバム『SURF&SNOW』の収録曲である。同作の発売日は1980年12月1日。時はバブル。世間はスキーブームが起こっていた。リフトに乗るための列が1時間待ちなんてのも当たり前だとかいうから、そのブームたるや凄まじかったことを想像するに易い。先輩の話を聞けば、スキー場のホテルは即満室となり、プレゼントでティファニーが飛び交う異常な状況だったらしい。
その頃からユーミンはゲレンデの聖地である苗場で今も続く冬の代名詞的ライヴ「SURF&SNOW in Naeba」を開催する。スキー場と言えばユーミンであり、クリスマスといえば「恋人はサンタクロース」のイメージが定着していった。そして決定的になったのが、1987年ホイチョイ・プロダクションによる映画『私をスキーに連れてって』の挿入歌に抜擢され、恋愛ソングとしての地位を確固たるものにした。当然、映画は大ヒット。それと並行して、世間では「クリスマスは恋人と過ごす日」というイメージに変わっていった。

※コラムニストの堀井憲一郎氏が、雑誌やテレビを検証し、クリスマスは恋人と過ごすという概念が広まったのが80年代半ばということを突き止めたことも裏付けになっている。その時代に使われた重要なアイコンのひとつが松任谷由実であることも。また、最近では「マツコの知らない世界」に出演した音楽ライターの冨田明宏氏も「恋人がサンタクロース」によって、クリスマスの概念が恋人と過ごすようになったと発言している。ユーミン世代のマツコ・デラックスにとったら言わずもがなな周知の事実であろうが。

それを受け、ユーミンは次のように述べている。

「自分でいうのもなんだが」と前置きして「“恋人がサンタクロース”というフレーズが社会への呪縛のようになったかも」「クリスマスをそういう風な日にしてしまったかもしれなくて。反省してもはじまらないんですけど」と振り返った。
出典:https://woman.infoseek.co.jp/news/
entertainment/japantechinsight_329320/

いずれにせよ、松任谷由実という巨大な才能と「恋人はサンタクロース」という名曲によって、日本の国民意識まで変えてしまい、それが未だに受け継がれていると思うと、とてつもない影響力と偉業だと思わずにいられない。

(文・ROCKinNET.com)
※無断転載・再交付は固く禁ずる。引用の際はURLとサイト名の記述必須。


 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でROCKinNET.comをフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. パリピが日常悩んでる嫌なことって何?ストレス溜めない極意がULTRA JAPAN…
  2. テレ朝スーパー戦隊の放送時間変更の暴挙は吉と出るか?
  3. 今年2018年のサマソニがガラガラの異常事態!~その原因を探ってみた
  4. 『スター・ウォーズ 最後のジェダイ』の功績は神話をオリジナリティをもって進展させ…
  5. 年収50億のジョニー・デップが破産寸前な理由とは!~お金について考える

関連記事

  1. ライブレポート

    ONE OK ROCK「Ambitions Tour」幕張公演を見る!

    takaというロック・ミュージシャンは本当に馬鹿が付くほどに真…

  2. 邦楽

    なぜか悔しがる古株ファンの心理

    とあるロック・バンドに初期からファンになると、ライヴなんか…

  3. ライブレポート

    VIVA LA ROCK 2018 1日目ライヴレポート

    埼玉県初となる大型ロックフェスも今年で五年目を迎えるらしい。都…

  4. ライブレポート

    THE BAWDIES デビュー10周年ライヴで感じた「好きな仲間と好きな音楽をやり続ける」ことの凄…

    本当の意味で音楽が好きと公言するなら、人気が出た後追いで応援す…

  5. ライブレポート

    VIVA LA ROCK 2018 2日目ライヴレポート

    昨年から感じていたことがある。それは参加人数が年々増加する一方…

  6. 邦楽

    復活ライヴの対バン相手をワンオクにしたことで感じるエルレの決意とは!

    意外な対バン相手に驚く。10年ぶりに奇跡的な復活を遂げたELLEG…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気の記事

  1. ハリウッド

    【実は悪事を働いていない?】『美女と野獣』の悪役ガストンから読み解く、強さを求め…
  2. 映画レビュー

    『茅ヶ崎物語 ~MY LITTLE HOMETOWN~』からサザンがエロスを歌う…
  3. ライブレポート

    ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2017 4日目ライヴレポート
  4. 音楽

    2017年 俺が勝手に選ぶベスト洋楽 TOP10
  5. 音楽

    【この夏も話題独占】ジャスティン・ビーバーの恋愛遍歴を振り返り!
PAGE TOP