映画レビュー

『スカイスクレイパー』義足でもテロと闘う超人ロック様に痺れる!

(C) Universal Pictures

映画が好きなら誰しも思うだろう『ダイ・ハード』と『タワーリング・インフェルノ』を足して二で割ったような既視感ありまくりの映画ではあったが、今回は高さで勝負していた。
そりゃ、ブルース・ウイルスの『ダイ・ハード』一作目のビルは実際に存在したビルを使用していたので、リアリティの点では勝っているだろうが、この名作に対抗するには、申し分ない視覚的インパクトだったと思う。その方向性は間違えてはいなかった。

だって、実際に、東京スカイツリーの634mを優に超す1000mの高さで繰り広げられる高所恐怖症泣かせのカットがいくつも・・・・・・下半身が縮み上がる感覚って言っても女性には分からないだろうが、とにかく高い! スカイツリーで床が透明ガラスになっている部分があるじゃん、実は俺はアレ全然大丈夫なタイプでね。スカイツリー完成直後の頃も、60~70代のご年配の女性がキャッキャ言いながら騒いでいたので、ズカズカ歩いて行って、ガラスのど真ん中で「ドスン!」と体重掛けてジャンプしたら、婆様たち一斉に悲鳴上げて腰抜かすわで、俺も我ながら鬼だなとニヤニヤしてたんだけど(そんな話はどうでもいいか)それでも、実際にあのビル登ったら足が竦むだろうと思いながら観ていた。そのくらいの高さなわけだ。

そんな目が眩む様な天空で、片足が義足にも関わらず、数メートル離れたクレーン車からビルに飛び移るなんて突っ込みどころ満載な浮世離れした行動を取って許されちゃうのがドゥウェイン・ジョンソン。
トム・クルーズが『ミッション・イン・ポッシブル フォールアウト』で骨折してまで生身のアクションに拘ったのに反し、こちとら堂々たるVFX映像満載映画。グリーンバック合成でないと実現不可能な胡散臭いアクションも、ドゥウェイン・ジョンソンだからOK。むしろ、ロック様の強靭な肉体は、常人離れし過ぎて、もはや映画としては、生身の殴り合いじゃ説得力が無くなってきているってことなのかも知れない(笑)人間扱いじゃないんだよ。彼はもはやWWE時代の英雄ロック様ではなく、機械纏わなくともアイアンマン級の超人の域に達しているようにすら思える。サノスとタイマンで殴り合ったらワンチャン勝てるんじゃないか?(笑)

[PR]


高層ビルを建てる際に土地代払えやって地元の怖い組織に言われて膨大な金を払ったはいいけど、その金の行方を記録したもんだから、そのデータを回収しにテロリストがやって来る。それに巻き込まれるドゥウェイン家族。常人離れした超絶アクションを見せるロック様のヒロイズムもバッチシ描かれていて、ヒーロー映画としても及第点。義足にする必要性を、あまり感じなかったが、あれは何の意味があったのだろうか?

にしても、今年2018年は『ジオストーム』『MEG ザ・モンスター』など中国資本のハリウッド映画が実に多い。この『スカイスクレイパー』もそう。舞台は上海である。訳の分からない中国俳優とハリウッド俳優の共演は、今では当たり前となった。興収の内の中国が占める割合が大きいので仕方ないだろうが、興収の内の中国が占める割合が大きいので仕方ないかも知れないが、今後ますます、ハリウッドの中国化は避けられないのかなと思うと、ちょっとウンザリかも。#TimesUpとか言ってる国のやることちゃうやろって(笑)

(文・ROCKinNET.com編集部)
※無断転載・再交付は固く禁ずる。引用の際はURLとサイト名の記述必須。

[PR]




 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でROCKinNET.comをフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 映画『アントマン』では味方だった猛毒蟻“ヒアリ”について徹底解説!
  2. エルレ細美が「待った!」転売野放し・・・チケットだけじゃないライヴ物販問題を考え…
  3. 【速報ライヴレポ】ハリー・スタイルズ初ソロ来日公演を間近で観た!彼こそ時代の寵児…
  4. ELLEGARDEN復活ライヴを観る!10年の活動休止の先にあった変わらない尊さ…
  5. DA PUMPがSMAPの振付をすることが芸能界で衝撃的である理由

関連記事

  1. 映画レビュー

    『オリエンタル急行殺人事件』名優勢揃い!それだけでも十分に楽しめる!

    ジョニー・デップ、ミシェル・ファイファー、ペネロペ・クルス、ウィレ…

  2. 映画レビュー

    ポップ・カルチャーへの敬意と賛美で彩られた大傑作『レディ・プレイヤー1』

    あれだけ映画史に革命を果たしてきたスピルバーグが、21世紀にこれほ…

  3. 映画レビュー

    DC史上最高傑作『アクアマン』多用な映画的要素が詰め込まれた究極の娯楽作

    圧巻のアドベンチャーでありDC映画の不評を吹き飛ばす素晴らしい…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

[PR]

人気の記事

[PR]
  1. ニュース

    今年2018年のサマソニがガラガラの異常事態!~その原因を探ってみた
  2. 映画レビュー

    『娼年』の実写化で性に真剣に向き合った監督と、素っ裸で腰振りまくった松坂桃李に敬…
  3. 音楽

    【この夏も話題独占】ジャスティン・ビーバーの恋愛遍歴を振り返り!
  4. ニュース

    エルレ細美が「待った!」転売野放し・・・チケットだけじゃないライヴ物販問題を考え…
  5. ライブレポート

    ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2017 3日目ライヴレポート
PAGE TOP