映画レビュー

『ミスター・ガラス』シャマラン監督流のこじんまりしたアクションが愛おしい

© Universal Pictures

全身の骨がガラスのように脆いサミュエル・L・ジャクソン、24人もの人格を有し、その内に驚異の戦闘能力を持つモンスターをしのばせるジェームズ・マカボイ、不死身で触れた者の素性が分かる超能力を持つブルース・ウィルス。18年前にもなる(覚えてる訳ねえだろ)2001年の『アンブレイカブル』と、2016年『スピリット』の物語を継承する完結編が、この映画ってわけだ。遂に、シャマラン監督まで、マーベルよろしくフランチャイズ映画を手掛けたと聞けば映画ファンなら黙ってる訳にはいかないだろう。俺は『シックス・センス』を高校生の多感期にリアル・タイムで観た世代なもんで、未だに彼を天才監督だと思う節が僅かながら残っている、僅かね(笑)

彼らの超能力は虚構であることを立証しようと、この超人三人を監禁して「あなた達の思い込みなのよ!」と女医さんが超人否定するって話ではあるんだけど、それの何に面白みを感じるべきなのか?うん、流石の俺にも分からんですわ。ただ、この映画がシャマラン監督への愛があるかの踏絵になる作品だなと感じたのは、どれだけシャマラン流のB級加減を許せるのか観客が試されてるんだと。
個人的には『ヴィジット』のような、こじんまりした田舎町が舞台であることが表しているように、シャマラン作品は小劇場ノリだから良きだと思っているので、この薄味なアクション映画も、これはこれでOKなんだ。シャマラン自身も低予算に拘ってるし、目指すべき所がスピルバーグでなく、ヒッチコックであるのも想像するに易い。

[PR]


そもそも、シャマランはアクション監督では無い、サスペンスやスリラー監督である。それを前提に観れば、ずっと車椅子で無言のサミュエルが暴れ出すシーンにはニンマリとしてしまうだろう。あれこそ、シャマランの持ち味である。

で、オオサカタワーなる謎の建造物が完成間近という前振りをしておきながら、そのタワーを出してこない謎の采配。これもシャマランらしい。タワーで大乱闘なんて、まるで『アベンジャーズ』的なことをしちゃうと、それこそ他のアメコミ大作と差が無くなる。この映画はシャマランのアメコミ美学が凝縮されてて、それは世界を席巻してるマーベルのような万人受けの良いスーパー・ヒーローではなく、もっとマニアックな域で、人知れず路地裏で活躍してるようなアメコミ世界こそ彼のヒーロー論だと窺い知れるので、病棟の庭で格闘する安っぽさで正解なのだ。

そして、まさかのオチが待っている。
シャマラン流スリラーは成功してると言えない者は映画ファン失格な!

(文・ROCKinNET.com編集部)
※無断転載・再交付は固く禁ずる。引用の際はURLとサイト名の記述必須。

[PR]





[PR]

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でROCKinNET.comをフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 2017年 俺が勝手に選ぶベスト洋楽 TOP10
  2. 安室奈美恵の引退への想い~安室という現象が現代の日本女性像を変えた~
  3. 遂に日本国内興収100億円突破!『ボヘミアン・ラプソディ』はアカデミー賞を獲れる…
  4. マーベルが『ブラックパンサー』でヒーロー映画初のアカデミー作品賞を獲得するために…
  5. サンボマスター vs My Hair is Bad 男どアホウ夏の陣!日本ロック…

関連記事

  1. 映画レビュー

    【映画鑑賞日記】マリアンヌ

    久々にハリウッド映画を堪能できた気がした。その理由は顔にあった。古…

  2. 映画レビュー

    【映画鑑賞日記】風立ちぬ

    (C) 2013 二馬力・GNDHDDTK切なくて、時に苦…

  3. 映画レビュー

    アニメ革命を起こした大傑作『スパイダーマン:スパイダーバース』に拍手喝采!

    とんでもない傑作アニメ映画を観た歓喜で震えている。アニメ界…

  4. 映画レビュー

    【映画鑑賞日記】帝一の國

    漫画原作というか邦画そのものに面白みを感じない自分が絶賛したい…

  5. 映画レビュー

    米国保守の象徴が自省を込めた『運び屋』はイーストウッドの贖罪映画である!

    御年88歳で監督主演、90歳を演じる超人イーストウッドイースト…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

[PR]

人気の記事

  1. 邦楽

    CDJ1819で大量発生した「あいみょん地蔵」で垣間見えた若いマナー違反客の現実…
  2. 邦楽

    【全曲レビュー】桑田佳祐の最新作『がらくた』が凄過ぎた!大衆音楽ここに極まり!
  3. 日記

    パリピが日常悩んでる嫌なことって何?ストレス溜めない極意がULTRA JAPAN…
  4. 邦楽

    KEYTALKの八木氏はナゼ愛されるのか?その無敵な愛嬌の謎と八木氏のドラムテク…
  5. 音楽

    PSY「江南スタイル」が持つYOUTUBE再生回数1位の記録を破ったのは!?【最…
PAGE TOP