映画レビュー

『ミスター・ガラス』シャマラン監督流のこじんまりしたアクションが愛おしい

© Universal Pictures

全身の骨がガラスのように脆いサミュエル・L・ジャクソン、24人もの人格を有し、その内に驚異の戦闘能力を持つモンスターをしのばせるジェームズ・マカボイ、不死身で触れた者の素性が分かる超能力を持つブルース・ウィルス。18年前にもなる(覚えてる訳ねえだろ)2001年の『アンブレイカブル』と、2016年『スピリット』の物語を継承する完結編が、この映画ってわけだ。遂に、シャマラン監督まで、マーベルよろしくフランチャイズ映画を手掛けたと聞けば映画ファンなら黙ってる訳にはいかないだろう。俺は『シックス・センス』を高校生の多感期にリアル・タイムで観た世代なもんで、未だに彼を天才監督だと思う節が僅かながら残っている、僅かね(笑)

彼らの超能力は虚構であることを立証しようと、この超人三人を監禁して「あなた達の思い込みなのよ!」と女医さんが超人否定するって話ではあるんだけど、それの何に面白みを感じるべきなのか?うん、流石の俺にも分からんですわ。ただ、この映画がシャマラン監督への愛があるかの踏絵になる作品だなと感じたのは、どれだけシャマラン流のB級加減を許せるのか観客が試されてるんだと。
個人的には『ヴィジット』のような、こじんまりした田舎町が舞台であることが表しているように、シャマラン作品は小劇場ノリだから良きだと思っているので、この薄味なアクション映画も、これはこれでOKなんだ。シャマラン自身も低予算に拘ってるし、目指すべき所がスピルバーグでなく、ヒッチコックであるのも想像するに易い。

[PR]


そもそも、シャマランはアクション監督では無い、サスペンスやスリラー監督である。それを前提に観れば、ずっと車椅子で無言のサミュエルが暴れ出すシーンにはニンマリとしてしまうだろう。あれこそ、シャマランの持ち味である。

で、オオサカタワーなる謎の建造物が完成間近という前振りをしておきながら、そのタワーを出してこない謎の采配。これもシャマランらしい。タワーで大乱闘なんて、まるで『アベンジャーズ』的なことをしちゃうと、それこそ他のアメコミ大作と差が無くなる。この映画はシャマランのアメコミ美学が凝縮されてて、それは世界を席巻してるマーベルのような万人受けの良いスーパー・ヒーローではなく、もっとマニアックな域で、人知れず路地裏で活躍してるようなアメコミ世界こそ彼のヒーロー論だと窺い知れるので、病棟の庭で格闘する安っぽさで正解なのだ。

そして、まさかのオチが待っている。
シャマラン流スリラーは成功してると言えない者は映画ファン失格な!

(文・ROCKinNET.com編集部)
※無断転載・再交付は固く禁ずる。引用の際はURLとサイト名の記述必須。

[PR]





[PR]

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でROCKinNET.comをフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 【ヒットの勝算はネット戦略にあり?】恐怖のピエロ映画『IT』が公開第三週で興収首…
  2. 遂にNYタイムズ誌まで?ガキ使の黒塗りメイク批判は行き過ぎだと思う理由!
  3. 『君の名は。』遂に北米公開で絶賛の嵐!
  4. 『茅ヶ崎物語 ~MY LITTLE HOMETOWN~』からサザンがエロスを歌う…
  5. 安室奈美恵の引退への想い~安室という現象が現代の日本女性像を変えた~

関連記事

  1. 映画レビュー

    【映画鑑賞日記】帝一の國

    漫画原作というか邦画そのものに面白みを感じない自分が絶賛したい…

  2. 映画レビュー

    俺が勝手に選ぶBest映画2015

    今年も発表します!大学で映画学科として映画を学び、その後も映画に対する…

  3. 映画レビュー

    第10回 独断で選ぶ今年良かった映画 TOP10 2018

    早いもので今年も残り3日!今年はインディーズ作品『カメラを止めるな…

  4. 映画レビュー

    『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章 』はジョジョ素人からすればサッパリだった

    少年ジャンプ全盛期に少年期を送ったので、ジョジョは正にドンピシャの…

  5. 映画レビュー

    『マイティー・ソー バトルロイヤル』移民の歌が流れた瞬間アドレナリン大放出!

    マーベルに何を期待するかにも因ると思うが、個人的にはこれで大成功だ…

  6. 映画レビュー

    『検察側の罪人』ようやく見れた英雄以外の汚れたキムタク!

    この映画の最たる存在意義は、ジャニーズによる本格的な社会派であると…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

[PR]

人気の記事

[PR]
  1. 音楽

    【この夏も話題独占】ジャスティン・ビーバーの恋愛遍歴を振り返り!
  2. 映画レビュー

    俺が勝手に選ぶ今年良かった映画TOP10 2017大発表!
  3. 邦楽

    KEYTALKの八木氏はナゼ愛されるのか?その無敵な愛嬌の謎と八木氏のドラムテク…
  4. ニュース

    映画『アントマン』では味方だった猛毒蟻“ヒアリ”について徹底解説!
  5. ハリウッド

    『マイティー・ソー バトルロイヤル』を楽しむための豆知識をちょこっとだけ紹介!
PAGE TOP