映画レビュー

皮肉たっぷり!Mr.ビーン健在!『ジョニー・イングリッシュ アナログの逆襲』に報復絶倒だった!

(C) 2018 Universal Studios and Studiocanal SAS


Mr.ビーンが日本含め世界的に大流行したのが97年頃。当時、高校生だった僕は相当ハマった。嫌味っぽいが何故か愛くるしい変なおじさん。毒々しさに笑いを見出す手法は当時の片田舎で道徳的な高校生だった自分にとって、斬新過ぎたのだ。深夜にNHKで放映されていたのをVHSに録画してテープが擦り切れるくらい何度も見返していたっけなぁ(そんな俺も変な高校生ではあるが・・・・・・)。コント中は言葉を極力廃し、緻密なシナリオ展開と、アトキンソンによる顔芸や独特な動作が絶妙で、自分の中では衝撃だった。
ロンドン五輪の開会式では登場しただけで世界が大爆笑。そんな芸人、世界広しといえど彼しかいないだろう。あれを以て、ビーンは卒業するとのことで少し寂しい気もしていた矢先の『ジョニー・イングリッシュ』最新作である。

アトキンソン自身、実は医者並みの知能を有した天才であることは周知の事実であるが、実に計算尽くされた、けどベタで面白い笑いの連続で、高校時代にMr.ビーンで大笑いしていた時と同じ感性とテンションで大笑いできていた自分に安堵する。
1作目が03年、2作目が11年、そして満を持しての続編は18年。時代は否応にも様変わりする。すっかりデジタル化されたわけだが、デジタルの進化は過剰になり複雑怪奇になりすぎた。デジタルを駆使して世界を混乱に貶める悪役にアナログで対峙する逆転の発想が痛快だ! 

[PR]


時代を逆手に取った発想が見事である。誰しもデジタルの罠にハマっていくことを、一歩引いて嘲笑うアトキンソンの姿勢が観ていて気持ちが良い。風刺的なんだよね。アナログで対峙する割には失敗ばかり、そんなドジなオヤジでも最終的にはデジタルに勝っちゃうって究極のディスりだと思う。特にVRのシーンなんかは抱腹絶倒。あれこそアトキンソンの真骨頂だと思う。007のオマージュ?も忘れないが、007のように華麗に決めないところにも皮肉を感じるわけだ。

笑いは一種の毒を含んでいるから面白い。どこぞの芸能事務所の社長が社員に対して「面白いことしろ」と、鍋に顔を突っ込ませた事件があったが、ああいう胸糞悪いだけの悪ふざけにはしゃぐ感性も幼稚で愚かだし、熱湯風呂の影響なのかもしれないけど、実際にやってしまうのが下衆以下。
劇中でもイングリッシュは、競輪学生にミサイル撃ったり、老女や近眼などの人にも容赦ない仕打ちをする。コンプライアンスなんてどこ吹く風。そんな毒々しいビーンイズムは健在である。けど、それを良しとする寛容性が受け手にもあるところに、アトキンソンへの信頼を感じる。


芸人はいつまでケツ出せるかが勝負だと思っているが、アトキンソンまだまだ現役だってことが垣間見れたのが何よりも嬉しかった。7~8年周期で忘れた頃に続編が公開されるが、次は25年? いやいや流石に待てない。アトキンソンも老人になっちまう。是非とも、3~4年後にまたお目にかかりたい。

(文・ROCKinNET.com編集部)
※無断転載・再交付は固く禁ずる。引用の際はURLとサイト名の記述必須。

[PR]

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でROCKinNET.comをフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 今年2018年のサマソニがガラガラの異常事態!~その原因を探ってみた
  2. 『茅ヶ崎物語 ~MY LITTLE HOMETOWN~』からサザンがエロスを歌う…
  3. アナタが行くヤツ、それ本当にフェス?フジロックが世界の最重要フェス3位に選出!
  4. サザン40周年ライヴをLVで観る!~親近感こそサザン最大の魅力だと再確認する~
  5. またもコンサート会場が狙われる「米国史上最悪の銃乱射事件」から音楽ライヴ運営の将…

関連記事

  1. 映画レビュー

    『キングスマン ゴールデン・サークル』エグさ健在!カッコ良さ健在!続編大成功!

    アクションの描き方も相変わらずの巧さだし、それに伴う音楽の使い…

  2. 映画レビュー

    何故か『ヴェノム』が可愛く見える不可思議?最恐で最高のダーク・ヒーロー誕生!

    ヴェノムは既に2007年の『スパイダーマン3』に登場済みヴェノ…

  3. 映画

    【映画鑑賞日記】ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル

    トム・クルーズは誰が何と言おうとスターだってことを再確認し…

  4. 映画レビュー

    『カメラを止めるな!』は確かに面白い!当たるべき所に陽が当たった喜び!

    ※注意※当記事はネタバレしておりますので、未鑑賞の方は絶対に読…

  5. 映画レビュー

    【映画鑑賞日記】ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち

    ティム・バートンという映画監督をどういう作家性と位置付けるかにもよ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


[PR]

人気の記事

[PR]
  1. ニュース

    遂にNYタイムズ誌まで?ガキ使の黒塗りメイク批判は行き過ぎだと思う理由!
  2. ハリウッド

    『君の名は。』のハリウッド実写化が失敗すると断言したい理由
  3. ハリウッド

    もはや超人!『ミッション・インポッシブル/フォールアウト』の撮影舞台裏を知ればト…
  4. 日記

    大雪なので雪の日に聴きたい楽曲を集めてみた!
  5. ハリウッド

    アベンジャーズ最新作がコナンに負けた?世界的な流行をも度外視する日本鎖国文化は奇…
PAGE TOP