音楽

My Best song 2010

洋楽っ子の俺は基本的に雑食なんで、どんなジャンルの曲でも聴きます!
なもんで、ぶっちゃけ、1年間多くの素敵な曲が生まれてきた中で、10曲に絞るなんてこと、ましてや、それに順位をつけることが、いかに野暮なことか分かった上で、1年を振り返る意味も込め、遊び心でランキングにしてみました!^^
今年は特に素晴らしい楽曲(特にPOPが)が多かったように思えます!

第10位 「Need You Now」 Lady Antebellum
これを聞くと2010年だなって気がする。今年の切ない感情は全てこの曲と共にあった。

第9位 「Memories」Weezer
やっぱWeezer最高!と思わせてくれた見事なカンバック!

第8位 「Stylo 」Gorillaz
アイディアも尽きただろうと思っても、毎回期待を裏切らない。さすがデーモン!

第7位 「FUCK YOU 」Cee Lo Green
これ、今年はよく聴いたなぁ~。未練たらしいはずなのに爽快なのがいい!

第6位 「Club Can’t Handle Me ft. David Guetta」Flo Rida
何も考えずにハシャギたい時ってあんじゃん?そんな時に聴きたいw

第5位 「Somebody To Love Remix ft. Usher」Justin Bieber
俺はアイドルにも優しいんです!w にっちもさっちもビーバーイヤーでした。

第4位 「Just The Way You Are」Bruno Mars
とにかく最初に聞いた時に、おっしゃれな曲やな!と思ったw

第3位 「Firework」Katy Perry
凄くシンプルなメッセージなんだけど、しっかり心を鷲掴みにされました!w

第2位 「Bad Romance」LADY GAGA
この曲によって、世界中のGAGA人気に納得がいきました!

第1位 「Not Afraid」EMINEM
苦難を乗り切る、強い信念、そのメッセージ性に脱帽!音楽史に残る名曲!

こんな感じです。
ちょっとミーハー過ぎましたかね?www
それだけ、流行曲が素晴らしかったということでw
また、来年も素敵な音楽で世界が包まれますように!
See you NEXT YEAR!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でROCKinNET.comをフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. ノエル兄貴「ロックが衰退したのは『フレンズ』が原因」と独自の分析を披露!
  2. 『スター・ウォーズ 最後のジェダイ』の功績は神話をオリジナリティをもって進展させ…
  3. 遂に日本国内興収100億円突破!『ボヘミアン・ラプソディ』はアカデミー賞を獲れる…
  4. 『いぬやしき』興行失敗で垣間見える漫画原作映画の限界~世間はエグさに飽きている
  5. 第10回 独断で選ぶ素晴らしい邦楽たちTOP10 2018

関連記事

  1. 音楽

    My Best Song 2015 俺が勝手に選ぶ洋楽TOP10

    ポール再来日!ワン・ダイレクションからゼイン脱退!グラミーでカニエがベ…

  2. 音楽

    【FUJI ROCK直前特集 Part.1】何人たりとも媚びない御大、ディランは何を歌う?

    ディランはフジロックで何を歌うのか?その答えは神のみぞ知るレベ…

  3. 音楽

    来年のハーフタイムショーにCOLDPLAYが決定!

    来年2016年2月7日に開催される第50回スーパーボウルの…

  4. ニュース

    アリアナの爆発事件に多くのセレブが追悼のコメント

    今回のアリアナのライヴ会場での爆発事件を受け、多くのミュージシャン…

  5. 音楽

    オアシス復活する準備は整ってるが、ノエルに物乞いするくらいならしない

    リアムの発言。期待を持たせて結局は兄弟の意地の張り合いで破断、…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気の記事

[PR]
  1. 映画

    何故「バルス現象」は起きるのか?その理由は日本特有の国民性と風土にあった!
  2. ハリウッド

    世界各国で記録的ヒットの『ブラック・パンサー』は何故ここまでの現象になったかを勝…
  3. ハリウッド

    【ジャスティス・リーグ公開記念】いま最もホットなハリウッド俳優“エズラ・ミラー”…
  4. 映画レビュー

    『娼年』の実写化で性に真剣に向き合った監督と、素っ裸で腰振りまくった松坂桃李に敬…
  5. ライブレポート

    【フジロックレポート】FUJI ROCK FESTIVAL ’18で…
PAGE TOP