ライブレポート

10年ぶりマドンナ来日公演を観る!

md2016

マドンナという存在は不思議だ。
歌もダンスも特段上手いわけではないし、音楽的才能があるわけでもない。
しかし、紛れもなく彼女は現代のポップ・アイコンとして数十年に渡ってカリスマ性を維持している唯一無二の存在である。今が旬のビヨンセでもGAGAでもテイラーでも敵わない無敵感。

その理由を、圧倒されるほどの世界観の構築をもって実証したステージだった。
まるで、崇高なミュージカルや、サーカスを観ているかのような超絶ステージング。
音楽ライヴの領域を遥かに超越した圧巻のエンターテインメント。
ここまでのクオリティでないとマドンナのショーとして意味を成さない、このクオリティだからこそ彼女はステージに立つに相応しいのだ、というセルフ・プロデュース能力の高さすら感じさせる。もはや、流石としか言い様がない。

最新作「レベルハート」の選曲から、「ライク・ア・バージン」「マテリアル・ガール」往年のヒット曲まで網羅した贅沢なセットリスト。そのほとんどが、今回のステージのためにアレンジされていて、古さと懐かしさすら感じさせない新鮮味があった。
個人的には「MUSIC」のジャズ・アレンジにうなされ、今日まで今ツアーのセットリストにはあまり選ばれていなかった「Vogue」が聴けたのが嬉しかった。

俺は以前から還暦のマドンナが歌う「ライク・ア・バージン」に興味があった。
今はまだ還暦には少し早いが(57歳)、歌詞の内容からして還暦間近の女性が歌うにはちょっと無理があるだろう、どういったパフォーマンスをするのだろうと・・・今回のツアーでは、大半が派手な映像がふんだんに用いられたが、「ライク・ア・バージン」の時だけは、彼女が生身の身体を駆使し、ステージ上で踊りまくるシンプルな演出で歌い上げた。年齢という概念にとらわれない力強さと美しさがあった。何の違和感も感じさえしなかった。ここにマドンナがマドンナたる真の由縁を感じた。
10年ぶりの来日だった・・・次はいつ?ということになるが、そう遠くない将来また来て欲しい。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でROCKinNET.comをフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 想定外のラストに衝撃!『アベンジャーズ/インフィニティー・ウォー』で初めてアメコ…
  2. 年収50億のジョニー・デップが破産寸前な理由とは!~お金について考える
  3. 実写化史上最も成功していると言って過言でない『美女と野獣』に感動する
  4. ワン・ダイレクションのソロ実績がビートルズに並ぶ!活動休止後の各メンバーの成績も…
  5. 何故「バルス現象」は起きるのか?その理由は日本特有の国民性と風土にあった!

関連記事

  1. ライブレポート

    【サンボ、髭男、バニラズ】COUNTDOWN JAPAN 1819 4日目ライヴレポート

    2018年大晦日。いよいよCDJ1819最終日。日常の喧騒から離れ…

  2. ライブレポート

    THE YELLOW MONKEY復活ライブを観る!

    まさに電撃的という印象だった今年初旬のTHE YELLOW…

  3. ライブレポート

    アコギ一本で奇跡の東京ドーム公演を成し遂げたエド・シーランに脱帽した!

    とんでもない東京ドーム公演だった。エド・シーランが現代音楽シーンに…

  4. ライブレポート

    【フジロックレポート】FUJI ROCK FESTIVAL ’18で日本のフェス文化は一…

    2018年7月下旬。酷暑が警戒される異様な夏。連日35℃を優に…

  5. ライブレポート

    PITBULL rules SPRINGROOVE 2015に降臨!

    2年ぶりの開催となる今年は「PITBULL rules S…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気の記事

[PR]
  1. グラミー賞

    今年のグラミー賞で明確になった黒人音楽(RAP/HIPHOP)劣勢の事実と、ブル…
  2. ライブレポート

    13年ぶりロッキンに出演したサザンが凄かった!ROCK IN JAPAN史上最大…
  3. ハリウッド

    【YOUTUBE誕生のきっかけ】来年2018年のハーフタイムショーはジャスティン…
  4. 映画

    日本アカデミー賞とかいう老害賞には文句しか出て来ない
  5. 映画レビュー

    『スター・ウォーズ 最後のジェダイ』の功績は神話をオリジナリティをもって進展させ…
PAGE TOP