ライブレポート

10年ぶりマドンナ来日公演を観る!

md2016

マドンナという存在は不思議だ。
歌もダンスも特段上手いわけではないし、音楽的才能があるわけでもない。
しかし、紛れもなく彼女は現代のポップ・アイコンとして数十年に渡ってカリスマ性を維持している唯一無二の存在である。今が旬のビヨンセでもGAGAでもテイラーでも敵わない無敵感。

その理由を、圧倒されるほどの世界観の構築をもって実証したステージだった。
まるで、崇高なミュージカルや、サーカスを観ているかのような超絶ステージング。
音楽ライヴの領域を遥かに超越した圧巻のエンターテインメント。
ここまでのクオリティでないとマドンナのショーとして意味を成さない、このクオリティだからこそ彼女はステージに立つに相応しいのだ、というセルフ・プロデュース能力の高さすら感じさせる。もはや、流石としか言い様がない。

最新作「レベルハート」の選曲から、「ライク・ア・バージン」「マテリアル・ガール」往年のヒット曲まで網羅した贅沢なセットリスト。そのほとんどが、今回のステージのためにアレンジされていて、古さと懐かしさすら感じさせない新鮮味があった。
個人的には「MUSIC」のジャズ・アレンジにうなされ、今日まで今ツアーのセットリストにはあまり選ばれていなかった「Vogue」が聴けたのが嬉しかった。

俺は以前から還暦のマドンナが歌う「ライク・ア・バージン」に興味があった。
今はまだ還暦には少し早いが(57歳)、歌詞の内容からして還暦間近の女性が歌うにはちょっと無理があるだろう、どういったパフォーマンスをするのだろうと・・・今回のツアーでは、大半が派手な映像がふんだんに用いられたが、「ライク・ア・バージン」の時だけは、彼女が生身の身体を駆使し、ステージ上で踊りまくるシンプルな演出で歌い上げた。年齢という概念にとらわれない力強さと美しさがあった。何の違和感も感じさえしなかった。ここにマドンナがマドンナたる真の由縁を感じた。
10年ぶりの来日だった・・・次はいつ?ということになるが、そう遠くない将来また来て欲しい。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でROCKinNET.comをフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 想定外のラストに衝撃!『アベンジャーズ/インフィニティー・ウォー』で初めてアメコ…
  2. 遂にNYタイムズ誌まで?ガキ使の黒塗りメイク批判は行き過ぎだと思う理由!
  3. パリピが日常悩んでる嫌なことって何?ストレス溜めない極意がULTRA JAPAN…
  4. ロッキンにサザン13年ぶりの降臨!昨年の桑田ソロに引き続きフェスに出る意味とは!…
  5. 『スター・ウォーズ 最後のジェダイ』の功績は神話をオリジナリティをもって進展させ…

関連記事

  1. ライブレポート

    サンボ最高!

    ばっちし日焼けしてます!色白野郎だから、火傷になります…

  2. ライブレポート

    SUMMER SONIC 2015 【今年は豪華なサマソニ】

    個人的には9年目のサマソニ。いつもは1日限定の参加です…

  3. ライブレポート

    VIVA LA ROCK 2016で楽しむ♪

    今年で3年目となります埼玉最大級のフェス「VIVA LA …

  4. ライブレポート

    強いて今年のサマソニに苦言

    今年のサマソニは異例の猛暑に対応しきれてない部分があったよ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気の記事

[PR]
  1. 音楽

    アリアナ慈善LIVE「One Love Manchester」を観て感じたこと
  2. 映画

    ピーター死亡?アベンジャーズと違う?話題の映画『スパイダーマン:スパイダーバース…
  3. ライブレポート

    COUNTDOWN JAPAN 1718 2日目ライヴレポート
  4. ハリウッド

    『マイティー・ソー バトルロイヤル』を楽しむための豆知識をちょこっとだけ紹介!
  5. 映画レビュー

    果たして労働は悪なのか?『ちょっと今から仕事やめてくる』に見る現代社会の新価値観…
PAGE TOP