ライブレポート

桑田佳祐4年ぶりのソロ年越しライブ初日を観る!

kuwata2016

この日のステージに大きな意味があるとすれば桑田佳祐が還暦になって初めてのライヴと位置付けられるだろう。そう、桑田も還暦を迎えたのだ。しかし、今年は自身がこの国で構築してきた大衆ポップの焼き直しをすることなく「ヨシ子さん」という他を圧倒する曲で世の中に切り込んだり、時流の読み方、その挑戦的な姿勢は引くことを知らない。
この日のライヴも、還暦のミュージシャンにしては実験的でありながら大衆娯楽として完璧にこなす。このライヴのセットリストを改めて見ると、ソロ作品から必ず1曲は入れてくるところからも、2016年現在の桑田のソロライヴとしては集大成的なものであったし、彼の自身の音楽活動を、時にリリース時系列に沿って着々と歩んでいるようなものだった。
しかし、それは同時に多くのファンの人生の轍と重なる。「あ~この曲が流行した時、苦しかったな・・・けど、こうして俺は桑田佳祐を見て感動している、それって結局まんざらでもない人生だな」とかね。個性を大衆化できる音楽家は類稀なる天才としか形容し難い。

そして何よりも、この日の桑田佳祐はニュートラルだった。歌詞を忘れることは珍しくもないが(少し多かったが笑)、そんなミスを観客が完成でフォローする。距離感の短さと長年で構築された信頼関係で成立する瞬間を垣間見た。客だって年を取る。それでも、桑田佳祐は第一線をひたすら圧倒的な質の楽曲を以て、大衆文化の象徴を成し遂げる。個人的には歌謡曲路線から脱してほしいと切に願っているわけだが。
2017年はおそらく新作アルバムと全国ツアーだろう(そして2018年のサザン40周年、2020年の東京五輪と続く)桑田は歩みを止めない。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でROCKinNET.comをフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 遂に日本国内興収100億円突破!『ボヘミアン・ラプソディ』はアカデミー賞を獲れる…
  2. 【全曲レビュー】桑田佳祐の最新作『がらくた』が凄過ぎた!大衆音楽ここに極まり!
  3. RADWIMPS「HINOMARU」が物議!ポップ・ソングの右傾化に不自然さを感…
  4. マーベルが『ブラックパンサー』でヒーロー映画初のアカデミー作品賞を獲得するために…
  5. DA PUMPがSMAPの振付をすることが芸能界で衝撃的である理由

関連記事

  1. 邦楽

    男性ソロ歌手は大ブレイクしにくい理由について考える

    オリコンに気になる記事がありましたここ数年、音楽業界の関係…

  2. 邦楽

    大発表!2012年素晴らしき邦楽たちTOP10!

    毎年、恒例化しました!Best 邦楽 TOP10です!今年、輝…

  3. 邦楽

    清水富美加の引退騒動が思わぬ方向へ…不倫していたバンドマンはKANA-BOONの飯田だった!

    宗教だろうが、守護霊がどうしたとか、グラビアが嫌だからとか、異…

  4. ライブレポート

    今度こそ!初めてAviciiを観る!

    不調により3年連続来日公演キャンセルとライブ活動からの引退…

  5. ライブレポート

    サマソニ史上最高潮!圧巻のレッチリ!(サマソニ2011)

    おそらくサマソニ史上最高の盛り上がりだったんじゃないだろう…

  6. ライブレポート

    BUMP OF CHICKEN 20周年記念ライブを観る!

    今日のコンセプトの根底には仲間との「共有」があったように思…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気の記事

[PR]
  1. ライブレポート

    ELLEGARDEN復活ライヴを観る!10年の活動休止の先にあった変わらない尊さ…
  2. ライブレポート

    SUMMER SONIC 2017 東京会場1日目ライヴレポート
  3. ライブレポート

    ポール東京ドーム初日を観た!
  4. ライブレポート

    METROCK 2017 1日目完レポ
  5. 邦楽

    CDJ1819で大量発生した「あいみょん地蔵」で垣間見えた若いマナー違反客の現実…
PAGE TOP