邦楽

宇多田ヒカル新作『Fantôme』が素晴らしい!

fantome

日本音楽界に語り継がれる新たな名作誕生!
凄くパーソナルな出来事や心情を歌った楽曲がほとんど、なのに、それは決してポップ・ソングが持つ底抜けに楽観的な明るさを反映しているわけでもなく、哀しみも含まれているのだけれど、かといって決して日記的でもなく、彼女の音楽活動の空白の6年間に得た感情の総決算を世間に示すように、とことん風通しの良い対話姿勢が感じられる。

震災の被害者への鎮魂歌も、逝去された母を想った曲も、男性にとって都合の良い女の歌も、同性愛者が異性愛者に恋する歌も、ポップというには軽々しい。けど、宇多田はNHKの番組で「素直でないことこそ不謹慎」と明言した。全てを曝け出している。そんな人間力、人間臭さが、この作品からは感じられる。
活動休止前、彼女の楽曲は既に洗練されたもので、唯一無二な日本のポップ・ソングとして成立していた。しかし、どことなく力んでいる感じはあった。デビュー作で邦楽シーンを塗り替え、以降、多くのタイアップがつき・・・要はそういうものから離れるための休止であったわけだが、それを経て「リアリティーが増した」と彼女も取り巻く制作スタッフも感じたという。彼女の歌声が柔らかく、ごく自然体になった変化を確かに感じる。

そして、ジャジーなナンバーや、アンプラグドなバラードから打ち込み系R&Bなど、実に多ジャンルの楽曲に恵まれていることの喜び。そんな中で、椎名林檎、ラッパーのKOHH、小袋成彬との異種格闘技的コラボが面白いこと。宇多田ヒカルは、我々が想像していた以上に何歩も先の次元のポップ・アイコンに昇華されて戻ってきた。

この『Fantôme』どうやら世界各国で評判が良いらしい。
まだ15歳だった日本の少女が背伸びしてR&Bを歌っていた頃、世界は彼女を受け入れなった。しかし、人間らしさをより身に沁み込ませた彼女には、欧米かぶれした日本のシンガーの姿でなく、生身の人間としての歌声に、世界は魅了されているのかもしれない。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でROCKinNET.comをフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. テレ朝スーパー戦隊の放送時間変更の暴挙は吉と出るか?
  2. サンボマスター vs My Hair is Bad 男どアホウ夏の陣!日本ロック…
  3. 『君の名は。』のハリウッド実写化が失敗すると断言したい理由
  4. 13年ぶりロッキンに出演したサザンが凄かった!ROCK IN JAPAN史上最大…
  5. 【全曲レビュー】桑田佳祐の最新作『がらくた』が凄過ぎた!大衆音楽ここに極まり!

関連記事

  1. 邦楽

    新作&全国ツアーが決定した桑田佳祐に付きまとう2つの不安要素とは?

    新作と五大ドーム含む全国ツアー発表!今年ソロ活動30周年を迎え…

  2. 邦楽

    桑田佳祐が「ヨシ子さん」でやりたかった開放

    本格的に音楽番組への出演など精力的なメディア戦略を始めた桑…

  3. ライブレポート

    COUNTDOWN JAPAN 1718 3日目ライヴレポート

    フェスに行く度に連続十何年と敢えて言うようにしている。それは古…

  4. 邦楽

    松任谷由実「恋人がサンタクロース」がクリスマスは恋人と過ごす日という社会的呪縛を作ったと反省する(笑…

    今日はクリスマス。師走の街全体に流れる「物を買え」オーラが恐ろしく…

  5. 邦楽

    サマソニに和田アキ子

    毎年必ず入れてくるブッ飛び要員。少女時代、TOKIO、…

  6. 邦楽

    この日を待っていた!桑田佳祐12年ぶりのROCK IN JAPAN出演が決定!

    思い返せば12年前の2005年の夏――当時、就職活動に喘ぎ苦しむひ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気の記事

  1. 映画レビュー

    想定外のラストに衝撃!『アベンジャーズ/インフィニティー・ウォー』で初めてアメコ…
  2. ライブレポート

    ポール東京ドーム初日を観た!
  3. ライブレポート

    SUMMER SONIC 2017 東京会場1日目ライヴレポート
  4. ニュース

    【フジから若者が消えた?】フェスの“聖地”フジロックが中高年化している問題。若者…
  5. 映画

    是枝監督『万引き家族』がカンヌで最高賞!カンヌにおける日本映画の歴史と、今回の受…
PAGE TOP