邦楽

ロキノン系バンドがダウンタウンにいじり倒される(笑)

mwam2015newsg

HEY×3のスピンオフ番組が放映され、フェスでお馴染みのバンドが勢揃いしました。
[Alexandros]、MAN WITH A MISSION、KANA-BOON、キュウソネコカミなど。
ロック・ミュージシャンが地上波出るのも俺なんかは違和感ある方なんですがね、ましてや大衆音楽のど真ん中的な番組でしたからね、小中学生はこれで初めて彼らを知る子も多いんでしょうけどね、本来はライヴハウスで知るべきジャンルのミュージシャンだってことは忘れてはならないと思います。

けどね、ダウンタウンとこれらバンドがトークを展開するって・・・逆に興味深かったです。
浜ちゃんが[Alexandros]の川上(Vo)の頭を思い切りどついたり(激レアですよね)。
KANA-BOONのめしだ(Ba)もいじられるだけいじられて、後半凹んでるのも面白かったし。
キュウソにいたっては素人ノリの悪ふざけを、松ちゃんに「詰めが甘い」と諭されたり。
案の定、お面いじりされまくって、どこまでが狼でどこから人間なんだと松ちゃんに言われて「そうきたか」と困り果ててるオオカミさんの姿もウケたし。

けど、終始こいつら本当に有名なのか?と疑っていた浜ちゃんにひと言!
アナタの息子も同類だから!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!笑

こうやってライヴ・バンドが平然と地上波出るっていうのも、そういう時代の流れなのかなぁ?と思う一方で、細美武士みたいなテレビ出ずともカリスマ性のあるロック歌手は、もういなくなったのかなと少し寂しくなったりもしました。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でROCKinNET.comをフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. DA PUMPがSMAPの振付をすることが芸能界で衝撃的である理由
  2. エルレ細美が「待った!」転売野放し・・・チケットだけじゃないライヴ物販問題を考え…
  3. 安室奈美恵の引退への想い~安室という現象が現代の日本女性像を変えた~
  4. 『娼年』の実写化で性に真剣に向き合った監督と、素っ裸で腰振りまくった松坂桃李に敬…
  5. 想定外のラストに衝撃!『アベンジャーズ/インフィニティー・ウォー』で初めてアメコ…

関連記事

  1. ライブレポート

    【ポップ・ミュージックの理想郷】桑田佳祐「がらくたツアー」東京ドーム2日目を観る!

    冷静に部屋を見渡すと、本当に生きる上で必要な物の少なさに驚く。…

  2. 邦楽

    ワンオクTakaが日本ファンに苦言

    昨年のロッキンでは他のどのアーティストよりも盛り上がったし、同…

  3. ライブレポート

    【サンボ、髭男、バニラズ】COUNTDOWN JAPAN 1819 4日目ライヴレポート

    2018年大晦日。いよいよCDJ1819最終日。日常の喧騒から離れ…

  4. 邦楽

    「女々しくて」の印税が少なすぎる問題~音楽で夢見る時代よ何処へ~

    ゴールデンボンバーの「女々しくて」の印税が1億円だったと鬼…

  5. 邦楽

    快挙!「潮騒のメモリー」が初登場2位!

    現在、話題沸騰中のNHK朝ドラ「あまちゃん」の劇中で度々歌…

  6. 邦楽

    安室奈美恵の引退への想い~安室という現象が現代の日本女性像を変えた~

    突然のことに言葉を失う。安室奈美恵が引退を発表した。ここで彼女…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気の記事

[PR]
  1. 映画

    ピーター死亡?アベンジャーズと違う?話題の映画『スパイダーマン:スパイダーバース…
  2. 邦楽

    毎年恒例の大発表!俺が勝手に選ぶ素晴らしき邦楽たち2016!
  3. 音楽

    アリアナ慈善LIVE「One Love Manchester」を観て感じたこと
  4. ハリウッド

    SW史上最大の被害者?ダース・モールその悲劇の人生を徹底解析!
  5. 日記

    パリピが日常悩んでる嫌なことって何?ストレス溜めない極意がULTRA JAPAN…
PAGE TOP