邦楽

ロキノン系バンドがダウンタウンにいじり倒される(笑)

mwam2015newsg

HEY×3のスピンオフ番組が放映され、フェスでお馴染みのバンドが勢揃いしました。
[Alexandros]、MAN WITH A MISSION、KANA-BOON、キュウソネコカミなど。
ロック・ミュージシャンが地上波出るのも俺なんかは違和感ある方なんですがね、ましてや大衆音楽のど真ん中的な番組でしたからね、小中学生はこれで初めて彼らを知る子も多いんでしょうけどね、本来はライヴハウスで知るべきジャンルのミュージシャンだってことは忘れてはならないと思います。

けどね、ダウンタウンとこれらバンドがトークを展開するって・・・逆に興味深かったです。
浜ちゃんが[Alexandros]の川上(Vo)の頭を思い切りどついたり(激レアですよね)。
KANA-BOONのめしだ(Ba)もいじられるだけいじられて、後半凹んでるのも面白かったし。
キュウソにいたっては素人ノリの悪ふざけを、松ちゃんに「詰めが甘い」と諭されたり。
案の定、お面いじりされまくって、どこまでが狼でどこから人間なんだと松ちゃんに言われて「そうきたか」と困り果ててるオオカミさんの姿もウケたし。

けど、終始こいつら本当に有名なのか?と疑っていた浜ちゃんにひと言!
アナタの息子も同類だから!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!笑

こうやってライヴ・バンドが平然と地上波出るっていうのも、そういう時代の流れなのかなぁ?と思う一方で、細美武士みたいなテレビ出ずともカリスマ性のあるロック歌手は、もういなくなったのかなと少し寂しくなったりもしました。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でROCKinNET.comをフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 世界で大ヒット中の映画『スパイダーマン:ホームカミング』の主人公トム・ホランドの…
  2. 【追悼】アメコミ界の巨匠スタン・リー逝去~映画カメオ出演を振り返る~
  3. ロッキンにサザン13年ぶりの降臨!昨年の桑田ソロに引き続きフェスに出る意味とは!…
  4. 映画『アントマン』では味方だった猛毒蟻“ヒアリ”について徹底解説!
  5. 『娼年』の実写化で性に真剣に向き合った監督と、素っ裸で腰振りまくった松坂桃李に敬…

関連記事

  1. 邦楽

    サマソニのピンチヒッターに[Champagne]決定!

    連日の猛暑、なんか夏が本気を出して暑くなってきましたね・・・…

  2. ライブレポート

    13年ぶりロッキンに出演したサザンが凄かった!ROCK IN JAPAN史上最大に盛り上がったサザン…

    サザンオールスターズ、ロッキン実に13年ぶりの登場であった。圧…

  3. 邦楽

    ユーミンがクリスマスに恋人がいないといけない風潮を作ったことを反省

    クリスマス・ソングと言えば、山下達郎「クリスマス・イブ」と…

  4. ライブレポート

    Mr.Children25周年東京ドーム公演で感じた邦楽の良心

    圧倒される三時間強だった。冒頭から有名曲の連続。「CENTER O…

  5. 邦楽

    Mr.Children久々に始動!最強シングル発売!

    最強タイアップ引っ提げて強力なシングルが完成したようです!…

  6. ニュース

    ピエール瀧騒動で垣間見えた石野卓球の凄さと日本社会の電気愛

    平成も終わろうとしている今年の三月、日本に衝撃が走った。電…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気の記事

  1. 音楽

    遂に雪解けの予感?それでもオアシス再結成が無いと言い切れる理由とは!
  2. 映画

    『いぬやしき』興行失敗で垣間見える漫画原作映画の限界~世間はエグさに飽きている
  3. ライブレポート

    【即日ライブレポ】KEYTALKの横浜アリーナ公演は到達では無く“門出”だった!…
  4. ライブレポート

    【ライヴレポート】ポール・マッカートニー(2018/11/1@東京ドーム)
  5. ニュース

    原爆シャツ騒動でMステ出演中止になったBTSが犯した罪とは?
PAGE TOP