音楽

人気急上昇中のチャーリー・プースがジャスティン・ビーバーをdisり大炎上

2015年を代表する楽曲であります「See You Again」(米国では歴代5位という記録的大ヒット映画『ワイルド・スピード SKY MISSION』の主題歌)でのエモーショナルな美声も記憶に新しいチャーリー・プースが、ステージ上で「ファックユー!ジャスティン・ビーバー!」と叫び騒動になってるとか。
ジャスティンの元カノでもあるセレーナ・ゴメスとコラボした曲を歌ってる最中に、いきなり叫んだというチャーリー。直後にSNSで「酷すぎる」「関係のないジャスティンを巻き込むな」と想定内の大炎上、後にチャーリーは「冗談だった。僕はジャスティンの大ファンだし、彼と彼の音楽については賛辞しかできない。」と謝罪。

この程度の騒動は米国の音楽界では日常茶飯事ですし、いちいち気にも止めてられないですが、今回で感じたのは、もはや世間はジャスティンにも飽きて、次のターゲットを探してるんじゃないかってこと。結局、ジャスティンも昨年の作品がセールス的にも成功し、音楽的にも評価(意外にも初グラミー)されたので、もはや攻撃のターゲットではないんですよ。
ブリトニー→ジャスティン→次は・・・?って感じなので、ちょっとした無用心な発言が命取りになることを米国のセレブ達は肝に銘じなくてはいけませんよ。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でROCKinNET.comをフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. アリアナ慈善LIVE「One Love Manchester」を観て感じたこと
  2. 『茅ヶ崎物語 ~MY LITTLE HOMETOWN~』からサザンがエロスを歌う…
  3. またもコンサート会場が狙われる「米国史上最悪の銃乱射事件」から音楽ライヴ運営の将…
  4. 『君の名は。』遂に北米公開で絶賛の嵐!
  5. ノエル兄貴「ロックが衰退したのは『フレンズ』が原因」と独自の分析を披露!

関連記事

  1. 音楽

    エアロスミスが大阪の路上ライヴに飛び入り参加w

    エアロスミスのスティーヴン・タイラー(Vo.)が先週、深夜の大…

  2. テレビ・芸能人

    シーア新曲MVで土屋太鳳が踊りまくり

    俺も大好きだったNHK朝ドラ「まれ」で知られる土屋太鳳が、顔な…

  3. 音楽

    プリンス

    彼こそ唯一無二。性をも超越した美しさを兼ね揃えたアーティス…

  4. 音楽

    テイラーの恨み節w

    思いっきしワイドショー的なネタなので、取り上げるのも馬鹿馬…

  5. ハリウッド

    『アナ雪』続編のエルサ役はテイラーかリアーナ説浮上!?

    2014年に世界的大ヒットした『アナと雪の女王』。昨年に続…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気の記事

[PR]
  1. 日記

    アナタが行くヤツ、それ本当にフェス?フジロックが世界の最重要フェス3位に選出!
  2. 邦楽

    サザン40周年ライヴをLVで観る!~親近感こそサザン最大の魅力だと再確認する~
  3. ハリウッド

    もはや超人!『ミッション・インポッシブル/フォールアウト』の撮影舞台裏を知ればト…
  4. 音楽

    ジャスティン・ビーバー新曲のスペイン語が歌えず大ヒンシュクからのブーム化
  5. 邦楽

    DA PUMPがSMAPの振付をすることが芸能界で衝撃的である理由
PAGE TOP