音楽

リアムが「次にデーモンと会ったら戦争だ」と臨戦態勢の最中に息子が取った行動がナイス過ぎる

image source:http://www.imdb.com/name/nm0302462/mediaviewer/rm124728832


個人的に今月最も好きな音楽ニュースである。
最近はやたらと仲の良いノエル兄貴とデーモンの両者だが、遂にGorillazの新作『Humanz』内の楽曲「We Got The Power」でコラボしたり、ロンドンのライブ・ハウスPrintworks Londonで同じステージで共演したり、90年代では考えられない奇跡とも言うべき、雪解けどころの騒ぎじゃないほどの意気投合さを見せている。

これに気を良くしていない人間がいる……そう、こいつしかいない。リアムである。
これまで散々二人の共演を情けないものとして扱き下ろし、次にデーモンと会ったら戦争だとブチ切れ発言をしている。


あのブラーの最大の糞野郎はすっかりノエルを女々しくしたかも知れないが、ひとつ言っておく。今度あの野郎に会ったら戦争だからな!

この微妙な三角関係に関して、三者の考えは、ノエルは「リアムがどう言おうとは関係ない」と一蹴。デーモンは「どうせリアムは批判するだけだ」と挑発的。リアムは案の定、憤ってる。って印象を受ける。

リアムがここまで怒り狂うのは何故か? ビディアイの大失敗で自分には後が無い状況。本当はオアシスを復活させたい。なのに、大事な兄弟を事もあろうことか宿敵に奪われた事実。リアムの気持ちも分からなくもない。次のソロが失敗したら完全にリアムは終わる、オアシス以降に成功できなかったとして、所詮は兄貴無しでは何もできなかった烙印を押されても仕方がないわけなのだから。
けど、端から見れば、子供じみたヒステリック、駄々っ子発言にしか聞こえないし、誰もがリアムの味方をするとは思えない。

そこまでリアムは心の底から危機感と怒りを覚えているわけだが、その一方でリアムの息子でファッション・モデルとして活躍しているレノンが、思いっきり「Blur」のロゴがプリントされたTシャツを着て雑誌に載っているのが話題となっている(笑)
http://buffalozine.com/issues/
以前より、リアムの息子が熱狂的なGorillazファンであることは周知の事実だったが、親父の面目……(笑)微笑ましいオチだけどな。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でROCKinNET.comをフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 2018年も大活躍間違いなし“次世代イケメン俳優”を青田刈り!
  2. 13年ぶりロッキンに出演したサザンが凄かった!ROCK IN JAPAN史上最大…
  3. THE ORAL CIGARETTES山中がビバラでUVERworld TAKU…
  4. DA PUMPがSMAPの振付をすることが芸能界で衝撃的である理由
  5. 【全曲レビュー】桑田佳祐の最新作『がらくた』が凄過ぎた!大衆音楽ここに極まり!

関連記事

  1. 音楽

    ダフト・パンク解散でガックシきてる今こそ皆で叫ぼう「One More Time」

    フランスのエレクトロニック・ミュージックデュオ…

  2. 音楽

    ジャスティン・ビーバーがパパラッチをぶん殴るw

    パパラッチをぶん殴ったんだって。結論から言えば、どっち…

  3. 音楽

    My Best Song 2012

    アデルの歴史的快挙、ストーンズ50周年、ロンドン五輪、マドンナとGAG…

  4. ニュース

    今年2018年のサマソニがガラガラの異常事態!~その原因を探ってみた

    ノエル・ギャラガーやBECKといったギター・ロックの大御所がヘッドライ…

  5. 音楽

    GAGAのハーフタイムショーが試合の視聴率を超える

    祖国の統一と反トランプ色の強いメッセージが色濃く出て話題と…

  6. 音楽

    アリアナ人気、日本でも大爆発の予感

    今週のMステはサザンやYUKI、JUJUなどが出演。サ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気の記事

  1. ニュース

    アリアナ・グランデのライヴ会場で起こった爆発テロについて
  2. 音楽

    アリアナ慈善LIVE「One Love Manchester」を観て感じたこと
  3. 邦楽

    CDJ1819で大量発生した「あいみょん地蔵」で垣間見えた若いマナー違反客の現実…
  4. 音楽

    遂に雪解けの予感?それでもオアシス再結成が無いと言い切れる理由とは!
  5. ライブレポート

    COUNTDOWN JAPAN 1718 3日目ライヴレポート
PAGE TOP