ニュース

トランプ新大統領誕生にセレブ達の落胆の声続出

gaga2016
katyperry2013

トランプ新大統領誕生に、多くのセレブから、続々と落胆・困惑の声が上がってきている。

まずは、LADY GAGA。NYにあるトランプタワーの前で、ゴミ収集車に乗って「愛することは嫌悪することに勝る(Love trumps hate)」と書かれたボードを掲げ猛烈抗議。「私は愛が嫌悪に勝るような、思いやりのある国に住みたい」と心に響くツイート。
熱心にヒラリー候補を支援してきたケイティー・ペリーは「くよくよしないで。動きましょう。憎しみに私たちを指揮させるような国家じゃない!」とコメント。
アリアナ・グランデは、「本当に恐怖でしかない、泣いてるわ」と悲鳴のツイート。

映画『キャプテン・アメリカ』で知られるクリス・エヴァンスは「アメリカにとって恥ずべき夜だ。僕たちは、憎悪の念をかき立てる扇動者にこの国家のリーダーの役目を託した。いじめの代表格に僕たちの針路を預けた」と落胆。
映画『テッド』の監督で有名なセス・マクファーレンは「ある人はブッシュが好きじゃなかった。ある人はオバマが好きじゃなかった。でも今回は違う。嫌いという感情をさて置いても、多くの人は今、心から恐怖を感じているんだ。これは初めてのことだ」と嘆いた。

また、映画『ゼロ・ダーク・サーティ』のジェシカ・チャステインも「私たちは人種差別や性差別から解放されたっていうフリがもうできないってことね。問題なのは、さてどうするか?」と指摘した。

多くの人が想定していなかった異常事態に世界が揺れ動いた一日だったが、米国エンタメ界も相当のダメージを受けているようだ。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でROCKinNET.comをフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 2018年も大活躍間違いなし“次世代イケメン俳優”を青田刈り!
  2. ポール東京ドーム初日を観た!
  3. 2017年 勝手に選ぶベスト洋楽 TOP10
  4. 安室奈美恵の引退への想い~安室という現象が現代の日本女性像を変えた~
  5. 【全曲レビュー】桑田佳祐の最新作『がらくた』が凄過ぎた!大衆音楽ここに極まり!

関連記事

  1. 音楽

    ジャスティン・ビーバーがライム病を告白して逆に彼を応援したくなった理由

    ジャスティン・ビーバーがライム病と診断されてい…

  2. ニュース

    ボブ・ディランがノーベル文学賞を受賞

    当然の受賞であり、誰も文句を言える立場にないのは明白だ。…

  3. 音楽

    サマソニもう一組のヘッドライナーはUnderworld

    既に発表されてはいたが正式にヘッドライナーに決定したそうです。…

  4. ハリウッド

    2018年も大活躍間違いなし“次世代イケメン俳優”を青田刈り!

    いよいよ本格化してきた賞レース。2017年に輝いた名作映画や俳…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気の記事

[PR]
  1. 邦楽

    毎年恒例の大発表!俺が勝手に選ぶ素晴らしき邦楽たち2016!
  2. 音楽

    【この夏も話題独占】ジャスティン・ビーバーの恋愛遍歴を振り返り!
  3. テレビ・芸能人

    【徹底考察!】元SMAP「72時間テレビ」が大盛況!ネットはテレビに取って代わる…
  4. ハリウッド

    2018年も大活躍間違いなし“次世代イケメン俳優”を青田刈り!
  5. ニュース

    またもコンサート会場が狙われる「米国史上最悪の銃乱射事件」から音楽ライヴ運営の将…
PAGE TOP