テレビ・芸能人

【ラジオの帝王】吉田照美37年間継続した冠帯番組が終了

yaruman

何と言っても俺は照美フリークである。
幼き頃に家のラジオから「やる気MANMAN」が流れてきて、物心付いた時には既に吉田照美の声は生活の一部となっていた。ラジオにネタを投稿し数回ほど読まれたのは少し誇れることだと思っている。そのくらい愛着がある番組であったし、現にラジオ番組ながらテレビをも凌駕する内容で純粋に笑えた。小俣雅子との掛け合いも面白かったし、下ネタも過激だったし(笑)

余談だが、ラジオネームを「やるMAN子倶楽部」にして(俺世代ではないが吉田照美が昔「夕焼けにゃんにゃん」に出てたとのことで、おニャン子倶楽部とやるMANを合体させただけだが、そのまま続けて読むと「マ○コ」となり放送禁止用語になってしまう)「25歳にもなって、こんなことするなよな」と吉田照美に怒られたこともあった(笑)

「やるMAN」は日本ラジオ史上ダントツの記録となる聴取率V55を達成した怪物番組だ。
従来AMラジオの昼の帯番組の主流だった老人向けの雰囲気とは一線を画し、深夜ノリでふざけた企画を昼間にやって若年層を取り込み、AMの印象を変えた功労者でもある。
井上陽水、ミスチルの桜井和寿、福山雅治、クレヨンしんちゃん作者である故・臼井儀人など、やるMANファンを公言する著名人も多かった。

その後は、朝の番組を経て、現在は「やるMAN」と同じような番組を夕方やっている。
その番組が来春に終了し、その後の帯番組は無いとのこと。文化放送は「世代交代」「後身育成」などと言っているが、この局の判断は時に大きく外れる。文化放送を約40年も人気と実績で支えた吉田照美という功労者を切るなんてことは人として許せないのと、リスナー離れを助長するだけに思える。この声が毎日聞けないと思うと、非常に寂しい。老若男女に関わらず、多くのラジオフリークに愛された、紛れもなく吉田照美は「ラジオの帝王」である。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でROCKinNET.comをフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 2018年も大活躍間違いなし“次世代イケメン俳優”を青田刈り!
  2. DA PUMPがSMAPの振付をすることが芸能界で衝撃的である理由
  3. 今年2018年のサマソニがガラガラの異常事態!~その原因を探ってみた
  4. ELLEGARDEN復活ライヴを観る!10年の活動休止の先にあった変わらない尊さ…
  5. 実写化史上最も成功していると言って過言でない『美女と野獣』に感動する

関連記事

  1. テレビ・芸能人

    NHK「第1回明石家紅白」を見て

    明石家さんま、ここにあり!流石です!さんまが歌番組をや…

  2. テレビ・芸能人

    ブルゾンちえみ効果?オースティン・マホーンのアノ曲が今話題!

    今人気の芸人ブルゾンちえみ効果で、オースティン・マホーンの「D…

  3. テレビ・芸能人

    紅白

    何かと文句の対象にされる紅白歌合戦。幕張からの中継だっ…

  4. テレビ・芸能人

    パクリでもパロディでもいいが二番煎じ感が一番ダサい

    オリエンタルラジオの「PERFECT HUMAN」が中高生の間…

  5. テレビ・芸能人

    いいとも終了について

    俺の中では、いいとも=テレビだった部分も少なからずありまし…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気の記事

  1. ライブレポート

    ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2017 3日目ライヴレポート
  2. ハリウッド

    2018年も大活躍間違いなし“次世代イケメン俳優”を青田刈り!
  3. ライブレポート

    安室奈美恵の引退ツアーを観る!世界中の賛美を彼女に贈りたい!
  4. ライブレポート

    ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2017 4日目ライヴレポート
  5. ライブレポート

    13年ぶりロッキンに出演したサザンが凄かった!ROCK IN JAPAN史上最大…
PAGE TOP