映画

SWが妖怪ウォッチに負ける?日本という国は奇っ怪なり!

sw7

先週末に封を切った『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』が全世界で大ヒットを記録中です!
日本に先駆けて公開した北米では、初日の興行収入も5700万ドル(日本円で69億円)で、これまでトップだった『ハリー・ポッターと死の秘宝PART2』の4350万ドルを越え、歴代NO.1を記録したとか。
その他、UK・ドイツ・スウェーデン・ノルウェー・オーストリアなど15カ国で歴代の記録を塗り替え、驚異的な成績の記録ラッシュ!これから公開を控える中国・インド・ギリシャ以外の主な国で初登場NO.1を記録したそうです。

が!
日本では、なんと、あろうことか週末の興収が「妖怪ウォッチ」の最新映画に負けたとか?
別に「妖怪ウォッチ」が悪いとは言いませんが、今回は「妖怪ウォッチ」が凄いのでなく、日本では世界に比べて『スター・ウォーズ』を見た人が少なかったということだと思ってます。
『スター・ウォーズ』が公開されて観ないって心理が俺には理解できません。
人それぞれの価値観でいいんですがね(笑) けどな・・・世界から取り残されてる感が凄い。
大袈裟かもしれませんが、エンタメの鎖国化が進んでいるように思えます。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でROCKinNET.comをフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 2018年も大活躍間違いなし“次世代イケメン俳優”を青田刈り!
  2. 想定外のラストに衝撃!『アベンジャーズ/インフィニティー・ウォー』で初めてアメコ…
  3. 2017年 俺が勝手に選ぶベスト洋楽 TOP10
  4. KEYTALKの八木氏はナゼ愛されるのか?その無敵な愛嬌の謎と八木氏のドラムテク…
  5. 遂にNYタイムズ誌まで?ガキ使の黒塗りメイク批判は行き過ぎだと思う理由!

関連記事

  1. 日記

    映画『セッション』に関する菊地vs町山の喧嘩が下らなすぎる問題

    どうでもいいっつっちゃーどうでもいいのだが・・・俺自身…

  2. 映画

    前作に続くヒットなるか?新海誠の新作『天気の子』にまつわる3つの不安要素

    前作『君の名は。』のヒットにどこまで近付けるか?超えるか?社会…

  3. ニュース

    映画『アントマン』では味方だった猛毒蟻“ヒアリ”について徹底解説!

    2017年6月末神戸港から日本で初めて発見された非常に危険とさ…

  4. ハリウッド

    2019年に最も話題になったツイートは「卵」?

    早いもので2019年も師走の中盤。映画や音楽などいろいろと話題…

  5. 日記

    東京コミコン2018に行ってきた

    フラッシュに会ってきた。ド派手な衣装でお馴染みのエズラ・ミ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気の記事

[PR]
  1. ハリウッド

    世界で大ヒット中の映画『スパイダーマン:ホームカミング』の主人公トム・ホランドの…
  2. 邦楽

    RADWIMPS「HINOMARU」が物議!ポップ・ソングの右傾化に不自然さを感…
  3. 邦楽

    KEYTALKの八木氏はナゼ愛されるのか?その無敵な愛嬌の謎と八木氏のドラムテク…
  4. 映画

    日本アカデミー賞とかいう老害賞には文句しか出て来ない
  5. 邦楽

    【全曲レビュー】桑田佳祐の最新作『がらくた』が凄過ぎた!大衆音楽ここに極まり!
PAGE TOP