映画レビュー

【映画鑑賞日記】ゴースト・イン・ザ・シェル

出典:http://www.imdb.com/title/tt1219827/mediaviewer/rm3909565952

囲碁の名人が人工知能に負けたというニュースを見て、人類はこのまま何処に行こうとしているのか?開発は正義か?なんてことを思った。
囲碁の名人戦ともなれば、相手の表情や空気感を察して、先の手を読むくらいの心理戦だそうで、それが実は口三味線だったりするのも、人間だからこそ出来ることだし、醍醐味だって言うのを聞いたことがある。

だから何だって言われると、結局は、人工知能も、囲碁でも将棋でも、この先、様々なスポーツ、医療、生活のあらゆる部分で活躍する時代がくると予想されるけど、それらに人間的なものが一切排除されていいのか? 人間的なものというのは感受性や、データ以外の部分なわけで、理屈ではない感情論が疎外されることに、少々、面白みがなくなるというか、ある種の危険性も伴うなと思ったりもしたわけだが、そんな世界が、この『攻殻機動隊』なのだろうと思ったのだ。

何をそこまで危惧しているかといわれれば、2001年にスピルバーグの『A.I.』という映画が公開され話題になった。しかし、あの当時は、今ほどパソコンも普及してなったし、携帯電話の所持率も今ほどでもなかった。人工知能なんて夢物語でしかなかったから、映画としての題材としても斬新で、物珍しく、ファンタジーとして適切だった。それから、16年である。たった16年で、ここまで進歩した。人間の知能を上回ってしまったのだ。そのペースの速さと、身近さに戸惑いに近い危機感を覚える私のような人間がいてもいいと思わないか。

アニメを全く見ないので、大変申し訳ないが原作を全く知らない。だから、世界観の構築や、ストーリーの再現性、緻密さについて、とやかく言える立場に無い。そんな無垢な素人目線で言わせて頂くならば、漫画原作の映画としての再現性は抜群ではないのか? チラッとしか見てないが、近未来の光景には、映像革新が個人的には起こったと思えるほどのハイクオリティである。破滅をも感じさせる発展途上の光景は、多彩で美しかった。

人工知能系映画には避けて通れないテーマ性であるのは明白だが、今年続編が決まっている大名作『ブレードランナー』にも通じる、人工知能自身の意思、AIの人間性の取り扱い方。それらが、本作では、特に切なく描かれている。発達しすぎた科学が行き着く先は悲劇だと、映画は語る。

何故か、ビートたけしが日本語のままだったのが、残念極まりなかったが、もはやキアヌ・リーブス主演の『JM』の時のように英語台詞を覚えるのを疎ましく思ったか? たけしの日本語に、ハリウッド俳優達が英語で返すという歪な会話劇も説得性に欠け、監督は(たけしを尊敬、敬愛していようとも)英語を話させるべきだったと思う。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でROCKinNET.comをフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. エルレ細美が「待った!」転売野放し・・・チケットだけじゃないライヴ物販問題を考え…
  2. 【ヒットの勝算はネット戦略にあり?】恐怖のピエロ映画『IT』が公開第三週で興収首…
  3. マーベルが『ブラックパンサー』でヒーロー映画初のアカデミー作品賞を獲得するために…
  4. 2018年も大活躍間違いなし“次世代イケメン俳優”を青田刈り!
  5. 【フジから若者が消えた?】フェスの“聖地”フジロックが中高年化している問題。若者…

関連記事

  1. 映画レビュー

    実はディスでなく埼玉愛の映画『翔んで埼玉』は理想の多虐ギャグだ!

    なぜ埼玉は「ダサい」のか?埼玉のイメージを下落させた真犯人…

  2. 映画レビュー

    【映画鑑賞日記】帝一の國

    漫画原作というか邦画そのものに面白みを感じない自分が絶賛したい…

  3. 映画レビュー

    完璧な前作で終わるべきだった残念続編『トイ・ストーリー4』を辛口批評!

    完璧なラストだった前作に泥を塗る駄作?第一作目はアニメ界の革命…

  4. 映画レビュー

    【映画鑑賞日記】デッドプール

    (C) 2016 Twentieth Century Fox Film…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気の記事

[PR]
  1. ハリウッド

    SW史上最大の被害者?ダース・モールその悲劇の人生を徹底解析!
  2. ニュース

    原爆シャツ騒動でMステ出演中止になったBTSが犯した罪とは?
  3. ニュース

    またもコンサート会場が狙われる「米国史上最悪の銃乱射事件」から音楽ライヴ運営の将…
  4. 映画レビュー

    『ブラック・パンサー』を観た!社会風刺と娯楽性が融合したマーベルの新傑作が誕生し…
  5. 音楽

    【この夏も話題独占】ジャスティン・ビーバーの恋愛遍歴を振り返り!
PAGE TOP