映画レビュー

【映画鑑賞日記】マダム・フローレンス!夢見るふたり

madam(C) 2016 Pathe Productions Limited. All Rights Reserved

この映画を観て思い出したのは、スペインで教会のキリストの絵を描き直した80歳の女性の絵があまりに下手で話題を呼び、逆に人気が出てしまったって例のニュース。絵画然り、音楽や映画もそうですが、アートの世界は優劣を決められないジャンルです。ある人にとっては糞みたいなものかもしれないけど、それによって人生が救われるほど感動する人もいます。価値観は多様です。

主人公のメリル・ストリープは音痴の女性。
その旦那であるヒュー・グラントが周囲の人間を買収して、その事実を隠させ、妻本人は自分に歌の才能があると思わせる。夫婦愛の物語なんですが・・・少し違和感があります。
優しさだけが愛なのか?ってことです。果てや、彼女は己の実力を知ることなくコンサートを開き、嘲笑の対象として大恥をかきます。それが優しさなのか?愛なのか?
ましてや、旦那は若い女と浮気・・・偽善を周囲が演じても、当の本人は「裸の王様」でしかない。主人公が気の毒に見えました。知らぬが仏ってやつ?

しかし、その下手さが話題になり、レコードはヒットしたということです。
これは事実に基づいた話らしいのですが、その部分はエンディングで一瞬紹介されるだけ。惜しいなと感じたのは、この映画にはドラマがないんです。歌が下手な女性がチヤホヤされて、そのままお金にモノを言わせて音痴ながらカーネギーで歌ってしまう。それじゃ、ただの裕福な人間の豪遊でしかない。
けなされ、馬鹿にされ、悔しい思いをしても、どうにかカーネギーでコンサートを開き、レコードが爆発的なヒットとなるという、一種の成功物語でないとカタルシスが感じられない。そういう脚色はすべきかなと思いました。

EXILEの兄ちゃん達なんかはカラオケでは高得点が出るでしょう。けど、歌っていうのは、音符を正確に発声するもんじゃない。人に届けるもの。このあたりの兄ちゃん達共通に言えることは、誰が歌っても同じようにしか聞こえない。EXILEが歌おうが、三代目が歌おうが、なんなら週末の新宿辺りの合コンのカラオケBOXに行けば、同レベルのカッコつけた声色で歌ってる兄ちゃんは、五万といるでしょう。要は「味」がないってこと。
確固たる個性や独自性、大衆の心を掴んで離さない歌い倒すボーカル力。その人しか成しえない声質。それこそ、歌の神髄だと思ってます。
この映画の主人公は、あまりに下手ではあるものの、人に届ける力はあったのでしょう。スペインのキリストの壁画然り、物の良し悪しは時として、思わぬ方向に転ぶものですが、ウケるには相応の理由と惹きつける何かはあると思います。それが好奇の目でも構わない。無個性よりも。

そんな下手な歌手を演じた、メリルの、まぁ芸達者なこと!感心します!
ヒューも『ブリジット・ジョーンズの日記』の続編に出ずに、久々に見ましたが、老けましたね・・・けど、流石は元祖ラブコメの帝王です。ウィットな演技をさせたら上手い!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でROCKinNET.comをフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. DA PUMPがSMAPの振付をすることが芸能界で衝撃的である理由
  2. 世界で大ヒット中の映画『スパイダーマン:ホームカミング』の主人公トム・ホランドの…
  3. ポール東京ドーム初日を観た!
  4. アナタが行くヤツ、それ本当にフェス?フジロックが世界の最重要フェス3位に選出!
  5. 【大混戦】#TimesUp運動の影響で本年度オスカー主演男優賞はティモシー・シャ…

関連記事

  1. 映画レビュー

    果たして労働は悪なのか?『ちょっと今から仕事やめてくる』に見る現代社会の新価値観とは。

    いつから人々は“働くこと”をネガティブに捉えはじめたのだろうか? …

  2. 映画レビュー

    自分の起源を知り家系を大事にする想いに感動する『リメンバー・ミー』

    お盆の時期、幼い頃に両親の実家に行った際に、仏壇がいつも以上に大掛…

  3. ニュース

    【映画鑑賞日記】帰ってきたヒトラー

    (C) 2015 MYTHOS FILMPRODUKTION GMBH…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気の記事

[PR]
  1. テレビ・芸能人

    テレ朝スーパー戦隊の放送時間変更の暴挙は吉と出るか?
  2. 邦楽

    RADWIMPS「HINOMARU」が物議!ポップ・ソングの右傾化に不自然さを感…
  3. 映画レビュー

    『スター・ウォーズ 最後のジェダイ』の功績は神話をオリジナリティをもって進展させ…
  4. 映画

    『いぬやしき』興行失敗で垣間見える漫画原作映画の限界~世間はエグさに飽きている
  5. ハリウッド

    『君の名は。』遂に北米公開で絶賛の嵐!
PAGE TOP