映画レビュー

【映画鑑賞日記】マダム・フローレンス!夢見るふたり

madam(C) 2016 Pathe Productions Limited. All Rights Reserved

この映画を観て思い出したのは、スペインで教会のキリストの絵を描き直した80歳の女性の絵があまりに下手で話題を呼び、逆に人気が出てしまったって例のニュース。絵画然り、音楽や映画もそうですが、アートの世界は優劣を決められないジャンルです。ある人にとっては糞みたいなものかもしれないけど、それによって人生が救われるほど感動する人もいます。価値観は多様です。

主人公のメリル・ストリープは音痴の女性。
その旦那であるヒュー・グラントが周囲の人間を買収して、その事実を隠させ、妻本人は自分に歌の才能があると思わせる。夫婦愛の物語なんですが・・・少し違和感があります。
優しさだけが愛なのか?ってことです。果てや、彼女は己の実力を知ることなくコンサートを開き、嘲笑の対象として大恥をかきます。それが優しさなのか?愛なのか?
ましてや、旦那は若い女と浮気・・・偽善を周囲が演じても、当の本人は「裸の王様」でしかない。主人公が気の毒に見えました。知らぬが仏ってやつ?

しかし、その下手さが話題になり、レコードはヒットしたということです。
これは事実に基づいた話らしいのですが、その部分はエンディングで一瞬紹介されるだけ。惜しいなと感じたのは、この映画にはドラマがないんです。歌が下手な女性がチヤホヤされて、そのままお金にモノを言わせて音痴ながらカーネギーで歌ってしまう。それじゃ、ただの裕福な人間の豪遊でしかない。
けなされ、馬鹿にされ、悔しい思いをしても、どうにかカーネギーでコンサートを開き、レコードが爆発的なヒットとなるという、一種の成功物語でないとカタルシスが感じられない。そういう脚色はすべきかなと思いました。

EXILEの兄ちゃん達なんかはカラオケでは高得点が出るでしょう。けど、歌っていうのは、音符を正確に発声するもんじゃない。人に届けるもの。このあたりの兄ちゃん達共通に言えることは、誰が歌っても同じようにしか聞こえない。EXILEが歌おうが、三代目が歌おうが、なんなら週末の新宿辺りの合コンのカラオケBOXに行けば、同レベルのカッコつけた声色で歌ってる兄ちゃんは、五万といるでしょう。要は「味」がないってこと。
確固たる個性や独自性、大衆の心を掴んで離さない歌い倒すボーカル力。その人しか成しえない声質。それこそ、歌の神髄だと思ってます。
この映画の主人公は、あまりに下手ではあるものの、人に届ける力はあったのでしょう。スペインのキリストの壁画然り、物の良し悪しは時として、思わぬ方向に転ぶものですが、ウケるには相応の理由と惹きつける何かはあると思います。それが好奇の目でも構わない。無個性よりも。

そんな下手な歌手を演じた、メリルの、まぁ芸達者なこと!感心します!
ヒューも『ブリジット・ジョーンズの日記』の続編に出ずに、久々に見ましたが、老けましたね・・・けど、流石は元祖ラブコメの帝王です。ウィットな演技をさせたら上手い!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でROCKinNET.comをフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 年収50億のジョニー・デップが破産寸前な理由とは!~お金について考える
  2. 『ブラック・パンサー』を観た!社会風刺と娯楽性が融合したマーベルの新傑作が誕生し…
  3. 【速報ライヴレポ】ハリー・スタイルズ初ソロ来日公演を間近で観た!彼こそ時代の寵児…
  4. 安室奈美恵の引退ツアーを観る!世界中の賛美を彼女に贈りたい!
  5. 【ライヴレポ】ワンオク初の東京ドーム公演で見た“世界基準のバンドの風格”に圧倒さ…

関連記事

  1. 映画レビュー

    『七つの会議』が掲げる「されどネジ」は日本の労働力賛歌だ!

    流石は池井戸潤原作だけあって面白い。ハズレが無い。主演に野村萬斎を…

  2. アカデミー賞

    【映画鑑賞日記】オデッセイ

    (C) 2015 Twentieth Century Fox Film…

  3. 映画レビュー

    【ファン・関係者御免!】これほど共感できない作品も珍しい『東京喰種』を徹底批判!

    漫画原作を読んでいない者が、たった二時間程度の実写化を観て批判する…

  4. 映画レビュー

    『ハンターキラー 潜航せよ』もはや映画で米露が争う時代は過ぎた

    ロシアとアメリカの軍潜水艦が爆撃される事件が発生と聞けば「20…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気の記事

  1. 音楽

    【この夏も話題独占】ジャスティン・ビーバーの恋愛遍歴を振り返り!
  2. 邦楽

    サザン40周年ライヴをLVで観る!~親近感こそサザン最大の魅力だと再確認する~
  3. 邦楽

    毎年恒例の大発表!俺が勝手に選ぶ素晴らしき邦楽たち2016!
  4. ニュース

    【歌姫から伝説へ】安室奈美恵に25年分の感謝を!さよなら、ありがとう安室ちゃん!…
  5. ライブレポート

    【ライヴレポ】ワンオク初の東京ドーム公演で見た“世界基準のバンドの風格”に圧倒さ…
PAGE TOP