映画レビュー

【映画鑑賞日記】この世界の片隅に

konosekainokatasumini

 

日本という国が、この映画が口コミで好評を呼びヒットしてる国で良かったと思いました。
次第に戦争を語ることのできる戦争体験者のご年配の方々が少なくなってきた昨今、こういう映画で、戦時中の姿というものを語り紡いでいく重要性を感じずにはいられませんでした。
戦争体験者が少なくなり、安保法制も行われようとしている昨今に、この映画が誕生し、クラウドファンディングで徐々に拡大上映する事実の意義。
2016年に誕生して然るべき映画だと思いました。

この映画は『火垂るの墓』とは対極にポップさも併せ持った特異な戦争映画で、戦時中の日常に、哀しみばかりでなく、笑いを描きました。
個人的には、敵国軍の戦闘機が爆撃される様を、パステル調の絵の具で絵画のように表現したのは些か不謹慎さを感じましたが、そのくらい深刻な状況下でも、喜怒哀楽すべての感情があって豊かな日常を送ろうとしていたに違いない、それこそリアルなのかなと思ったんですね。戦時中だって民間人は笑ってて当然だと。
しかし、そのポップさが逆に、徐々に見えてくる戦争の実像、爆弾降ってきた時とのギャップで、余計に戦争の恐ろしさを感じることになります。
和やかな雰囲気や笑いから入って、最終的には戦争の恐怖を覚える、理不尽さと憤りを感じる・・・こういう唯一無二のリアルな戦争時の感情追体験ができた時点で脱帽です。
何気ない描写の中で急に、スクリーンが白くなる恐怖。言わずもがな、1945年8月6日のシーンなど。

高畑勲が『火垂るの墓』が反戦に繋がらないという旨について、こう言ったそうです。
「為政者が次なる戦争を始める時は『そういう目に遭わないために戦争をするのだ』と言うに決まっているからです。自衛のための戦争だ」と。「そのために、どういう経緯で戦争が起きたのかを知っている必要がある。」
正しくです。
『火垂る』も『この世界の片隅』もテイストが違うだけで同じことをやっています。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でROCKinNET.comをフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 【追悼】アメコミ界の巨匠スタン・リー逝去~映画カメオ出演を振り返る~
  2. 映画『アントマン』では味方だった猛毒蟻“ヒアリ”について徹底解説!
  3. RADWIMPS「HINOMARU」が物議!ポップ・ソングの右傾化に不自然さを感…
  4. ロック・イン・ジャパン2017 2日目ライヴレポート
  5. サザン40周年ライヴをLVで観る!~親近感こそサザン最大の魅力だと再確認する~

関連記事

  1. 映画レビュー

    第10回 独断で選ぶ今年良かった映画 TOP10 2018

    早いもので今年も残り3日!今年はインディーズ作品『カメラを止めるな…

  2. 映画レビュー

    勝手に選ぶ今年良かった映画TOP10 2017大発表!

    今年は本当に多くの映画を観た。劇場鑑賞数68作品というのは人生…

  3. 映画レビュー

    『いぬやしき』加齢のギャップを活かせず、憲さんよりも佐藤健がカッコ良いのが最大の失敗!

    空中戦の映像は見事でした。昨今の邦画では最高クラスじゃないかと…

  4. 映画レビュー

    【映画鑑賞日記】ザ・コンサルタント

    ドリフのもしもシリーズ映画です!もしも、レインマンがジェイ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気の記事

  1. 日記

    大雪なので雪の日に聴きたい楽曲を集めてみた!
  2. ライブレポート

    SUMMER SONIC 2017 東京会場1日目ライヴレポート
  3. 邦楽

    サザン40周年ライヴをLVで観る!~親近感こそサザン最大の魅力だと再確認する~
  4. 音楽

    アリアナ慈善LIVE「One Love Manchester」を観て感じたこと
  5. 日記

    アナタが行くヤツ、それ本当にフェス?フジロックが世界の最重要フェス3位に選出!
PAGE TOP