映画レビュー

【映画鑑賞日記】MARS~ただ、君を愛してる~

mars(C) 劇場版「MARS~ただ、君を愛してる~」製作委員会 (C) 惣領冬実/講談社

キャッチコピーに<甘い純愛なんてくだらない>とあるように、この作品は昨今の少女漫画原作映画に無い濡れ場や過激なシーンがふんだんに盛り込まれているとか言うもんだから、少しは期待していたんだけど、過激でも何でもない、頭のイタイ女流漫画家のひん曲がった恋愛観が中途半端に具現化されたような映画です。

最近の日本映画では<濡れ場>っていうのを見なくなりました。
大島渚『愛のコリーダ』とか団鬼六『花と蛇』とまでは言わないけど、昔の日本映画は壮絶な<濡れ場>が魅力の映画ってありました。まさに真に迫るエロスを感じて圧倒されたものですが、そういうもの作るのって今の時代性とか考えると無理なんだろうか?

主人公のキスマイに恋する過去に傷を持ったヒロインと、主人公に想いを寄せるゲイの三角関係。
泥沼愛憎劇で古臭い話です!昼メロかよ!80年代のドラマかよ!賀来千香子かよって!
今は2016年ですよ!そんな古びたネタに何の説得性もない!
感動もしなければ、何の感情も揺さぶられない。感情移入する隙もない。
しかも、売りだったはずの<過激さ>の「か」の字もない。
ベッドシーンと言っても、ジャニーズタレント想定内のシーン。

キスマイポンコツーの演技にはコメントもないですが、窪田正孝の演技も飽きてきました。
彼は「デスノート」演技で止まってます。
感情の起伏が激しいだけで、急に怒鳴ったり、目をひんむいたりするだけ。
芝居の引き出しが無いのが、だんだんと露になってきたように思えます。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でROCKinNET.comをフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 『娼年』の実写化で性に真剣に向き合った監督と、素っ裸で腰振りまくった松坂桃李に敬…
  2. またもコンサート会場が狙われる「米国史上最悪の銃乱射事件」から音楽ライヴ運営の将…
  3. サンボマスター vs My Hair is Bad 男どアホウ夏の陣!日本ロック…
  4. 『君の名は。』のハリウッド実写化が失敗すると断言したい理由
  5. 実は失敗していたサザンの紅白!ユーミンとの奇跡の共演に助けられ拍手喝采!

関連記事

  1. 映画レビュー

    完璧な前作で終わるべきだった残念続編『トイ・ストーリー4』を辛口批評!

    完璧なラストだった前作に泥を塗る駄作?第一作目はアニメ界の革命…

  2. 映画レビュー

    『アントマン&ワスプ』物理学の常識を自在に遊びまくる発想が見事で楽しい!

    『インフィニティ・ウォー』(以下、IW)が絶望的な内容だったの…

  3. 映画レビュー

    俺が勝手に選ぶBEST映画2016

    今年も残りわずか!早いですね!毎年恒例の大発表!俺が勝手に選ぶ映画…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気の記事

[PR]
  1. ライブレポート

    【速報レポ】My Hair is Badの初武道館公演を観る!椎木が提示した正し…
  2. ハリウッド

    世界で大ヒット中の映画『スパイダーマン:ホームカミング』の主人公トム・ホランドの…
  3. 邦楽

    第10回 独断で選ぶ素晴らしい邦楽たちTOP10 2018
  4. テレビ・芸能人

    【徹底考察!】元SMAP「72時間テレビ」が大盛況!ネットはテレビに取って代わる…
  5. ニュース

    原爆シャツ騒動でMステ出演中止になったBTSが犯した罪とは?
PAGE TOP