映画

『君の名は。』遂に興収128億突破で『風立ちぬ』超す!

image source:http://www.imdb.com/title/tt5311514/mediaviewer/rm2675849216
© 2016「君の名は。」製作委員会

快進撃は止まりません!
今だ大ヒットしている『君の名は。』の興行収入が遂に128億円を突破し、宮崎駿のラスト作『風立ちぬ』をも超え日本アニメ映画の歴代5位になったそうです!実写あわせても6位の快挙!
個人的には『もののけ』超えを期待したいところですが!!

映画だけでなくRADWIMPSの主題歌や原作本などの関連CDや書籍も大ヒット。
劇中には実在する場所がモデルになった土地が登場することから、そこを実際に訪問する聖地巡礼が流行するなど、社会現象となっているようです。
誰がここまでの現象を想像できたか・・・

想定外の超絶的なヒットに、対外的な興収のことばかり取り上げられる『君の名は。』だけど、新海監督自身は今回の社会現象をどう思ってるのかが気になっていました。ちょうどインタビューがあったので、読みました。

――今回の大ヒットをどう捉えていますか?
自分の人生ではない気がします。ヒット作を作りたいと望んだこともなかったし、作ると想像したこともなかったですね。

――初めて劇場で自分の作品を見たそうですが?
今までは、観客の反応を聞くのが怖いという気持ちだったので。鑑賞後に面白いという観客の声を聞いて、ようやくちゃんと劇場で楽しんでもらえる映像を作れたんだなと。やっとスタートラインに立った気分です。

――けど、劇場では声をかけられなかったとか?
ショックでした(笑)。と同時に、うれしくもありました。今までの作品なら、新海誠を知って見に来る方が多かっただろうけど、今回は『君の名は。』という作品を見に来てくれた人がたくさんいたということ。世の中にあるエンターテインメントの1つに選んでくれたわけですから。

――細田守監督と共に今後の日本アニメを牽引していく存在と呼ばれることについては?
引っ張る気持ちですか?一切ないです(笑)。ジブリさんや細田監督とは、積み上げてきた実績が違いすぎます。今回のことが2度、3度できるとは思わないし、何を言っても今は『空手形』だと思うんです。ただ、他の人にできない作品を出していきたいという強い気持ちはあります。

出典:https://www.nikkansports.com/entertainment/news/1718971.html

こういった発言からも新海監督がこの映画で、映画監督としてある種の転換期を迎えれたこと。あくまで謙虚さを忘れない冷静さを保ててることと、この先の制作意欲が湧いていることから、本物のクリエーター気質な人柄を感じれたのが何よりも嬉しいです。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でROCKinNET.comをフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. ワン・ダイレクションのソロ実績がビートルズに並ぶ!活動休止後の各メンバーの成績も…
  2. 【速報ライヴレポ】ハリー・スタイルズ初ソロ来日公演を間近で観た!彼こそ時代の寵児…
  3. エルレ細美が「待った!」転売野放し・・・チケットだけじゃないライヴ物販問題を考え…
  4. 第10回 独断で選ぶ素晴らしい邦楽たちTOP10 2018
  5. またもコンサート会場が狙われる「米国史上最悪の銃乱射事件」から音楽ライヴ運営の将…

関連記事

  1. ハリウッド

    今夏最大の話題作『パワーレンジャー』に同性愛描写で再び波乱の予感

    世界的ヒットを記録している実写版『美女と野獣』において、ディズ…

  2. 映画

    第12回 独断で選ぶ今年良かった映画 TOP10 2020

    コロナ禍により公開が予定されていた話題作や大ヒ…

  3. ハリウッド

    ハリー映画初出演作『ダンケルク』のノーラン監督「ここまでハリーが人気とは知らなかった」

    『ダーク・ナイト』『インターステラー』などヒット作、話題作を手…

  4. 映画

    GG賞でホアキン受賞時になぜビヨンセは立たなかったのだろう?

    今年のゴールデン・グローブ賞で見事ドラマ部門で…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気の記事

[PR]
  1. 音楽

    遂に雪解けの予感?それでもオアシス再結成が無いと言い切れる理由とは!
  2. ライブレポート

    【フジロックレポート】FUJI ROCK FESTIVAL ’18で…
  3. ニュース

    【フジから若者が消えた?】フェスの“聖地”フジロックが中高年化している問題。若者…
  4. 邦楽

    KEYTALKの八木氏はナゼ愛されるのか?その無敵な愛嬌の謎と八木氏のドラムテク…
  5. 映画レビュー

    『娼年』の実写化で性に真剣に向き合った監督と、素っ裸で腰振りまくった松坂桃李に敬…
PAGE TOP