アカデミー賞

【映画鑑賞日記】オデッセイ

odse(C) 2015 Twentieth Century Fox Film Corporation. All Rights Reserved

そんな浮世離れしたことが現実的にあるわけないの連続が逆に娯楽性を高めて、映画的スペクタクルを構築させたのは凄まじいです。(アイアンマンのところなんかは特に)
流石はリドリー・スコット!
最近の巨匠の作品、ぶっちゃけ面白くなかったですけど・・・久々の当たりです!
『アポロ13』『ゼロ・グラビティ』など、宇宙映画に新しい傑作が誕生したように感じます。

例えば取り残された系の映画といえば、トム・ハンクス主演の『キャスト・アウェイ』なんかを思い出すが、あれも素晴らしい作品ではあるんだけど、ちょっと今回のと違うのは、過酷すぎる絶望的な環境がゆえに、悲壮感漂うはずの設定にして、コミカルなテイストにしたことですかね、それが勝算だったと思います。
劇中に流れるディスコ・ミュージックが、火星という舞台に似つかわしくないミスマッチさが醸し出すシュールさが面白い。音楽のズラシ方が絶妙でしたね。
どこか深刻じゃないんですよ。ポップなんですよね。「どんな状況下でも生き抜く」というテーマ性があるからかも知れないけど、主人公がポジティブで、じゃっかん楽観的なオーラもある。そのキャラを際立たせていたのが他にもない音楽だったと思います。
音楽のことで言えば、おそらく逝去される前に作品自体は出来上がっていたと思うのだけども、デヴィッド・ボウイの「スターマン」が流れた時の高揚感と言ったら無かった!

理科の知識は火星で遭難した時にさえ役立つんだと思ったので、俺は真っ先に餓死するとは思いますが、その前に飛行機すら苦手な俺が火星になんて絶対に行かないので、余計な心配ですよね(笑)

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でROCKinNET.comをフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 『娼年』の実写化で性に真剣に向き合った監督と、素っ裸で腰振りまくった松坂桃李に敬…
  2. ノエル兄貴「ロックが衰退したのは『フレンズ』が原因」と独自の分析を披露!
  3. 2018年も大活躍間違いなし“次世代イケメン俳優”を青田刈り!
  4. アリアナ慈善LIVE「One Love Manchester」を観て感じたこと
  5. エルレ細美が「待った!」転売野放し・・・チケットだけじゃないライヴ物販問題を考え…

関連記事

  1. 映画レビュー

    『15時17分、パリ行き』でハッキリした、映画に役者が絶対必要である理由とは?

    まず大前提として明確にしておきたいのは、この映画で描かれているテロ…

  2. 映画レビュー

    【映画鑑賞日記】キングコング:髑髏島の巨神

    映画を愛する映画馬鹿が振りかぶって作った、賛辞を持って「馬鹿だ…

  3. 映画レビュー

    『奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール』こそ民生を理解していない

    薄っぺらい映画だった。奥田民生に憧れる理由は凄く共感できる。自由奔…

  4. 映画レビュー

    『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章 』はジョジョ素人からすればサッパリだった

    少年ジャンプ全盛期に少年期を送ったので、ジョジョは正にドンピシャの…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気の記事

[PR]
  1. 映画レビュー

    実写化史上最も成功していると言って過言でない『美女と野獣』に感動する
  2. 映画

    日本アカデミー賞とかいう老害賞には文句しか出て来ない
  3. ニュース

    【徹底考察】『カメラを止めるな!』は何故ここまでヒットしたのか?を真剣に妄想する…
  4. 邦楽

    KEYTALKの八木氏はナゼ愛されるのか?その無敵な愛嬌の謎と八木氏のドラムテク…
  5. ハリウッド

    【YOUTUBE誕生のきっかけ】来年2018年のハーフタイムショーはジャスティン…
PAGE TOP