ライブレポート

ポール東京ドーム初日を観た!

2013年の来日時には「これが最後だろう」と誰しもが思っていただろう、私も思っていた。しかし、それから5年の間に3回も生ポールが拝めるなんて誰が想像できただろうか。
で、何が凄いかって御年74歳とは思えないパワフルなヴォーカル。そして、以前から取り立たされているが休憩なし。一滴も水を飲まずに、三時間ぶっ通しで歌い続ける。しかも、ほぼ原曲キーのまま。要は、この5年間68歳から74歳という高齢の期間を過ごしても、衰えが無いのだ。紛れもなく超人である。この人こそが音楽という形無き抽象物の偶像なのかも知れない。いや、そう呼んでも異論はないだろう。

ポールのライヴは、だいたいお決まりのセットリストである。
冒頭からビートルズやウイングスの名曲を演ってから、中盤に「Lady Madonna」や「Ob-La-Di,Ob-La-Da」など盛り上げ曲を投入、終盤は「Band on the Run」「Back In The U.S.S.R.」「Live And Let Die」などのキラーチューンで観客の沸点を最高潮までに上げ、「Let It Be」「Hey Jude」で泣かせ、アンコールは「Yesterday」ではじまり「Golden Slumbers~The End」で閉める。この曲は演ってくれるという安心感と期待感を決して裏切らない。そして、もうひとつの、いや、これがファンとしての最大の楽しみかも知れないが、どんな意外性を取り込んでくるかである。

この日も冒頭一発目が「A Hard Day’s Night」だった。実は、前公演の武道館の外で音漏れを聞いてたので、知っていたのだが、やはりDNAに刷り込まれたレベルの名曲を生で聴く喜びはひとしおだ。
その他「Can’t Buy Me Love」「Love Me Do」「BIRTHDAY」など超有名なビートルズ曲が多く盛りこめられていた、レアな一晩となった。一方でウイングスの「Letting Go」「Junior’s Farm」などコアな楽曲も入れる。もちろん、すっかり定番になってる最新作『NEW』(2013年)の楽曲や、リアーナ、カニエとのコラボ曲「Four Five Seconds」も演り“いま”の自分を見せる。何を聴かせず、何を聴かせるかの選択に、ポールの天才と呼ばれるエンターテナーぶりが垣間見れる。

「キョウモニホンゴガンバリマス」「オッス」「イッショニウタオヨ」など日本語のMCも、どこかおどけていて、「(スクリーンに)日本語の字幕は出るのかな? (会場の反応が無いから)字幕が出るのを待つよ」と会場を微笑ましくする。ポールが年齢に関係なく尊敬以上に人から愛されるキャラなのは、こういう愛嬌からなのだろう。至福な時間はあっという間に流れる。嬉しさ、感慨深さ、純粋な感動・・・ポールを観ていると、いろんな感情で涙する。こんな幸せな音楽体験は、そうできない。心からポールに感謝を伝えたい。
ポールは去り際に「See you next」と再び約束した。この約束は必ず守って欲しい。必ずまた会おう!

image source:http://www.billboard.com/articles/news/6092010/paul-mccartney-postpones-tokyo-concert-after-coming-down-with-virus

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でROCKinNET.comをフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. サンボマスター vs My Hair is Bad 男どアホウ夏の陣!日本ロック…
  2. 『君の名は。』のハリウッド実写化が失敗すると断言したい理由
  3. 【ライヴレポ】ワンオク初の東京ドーム公演で見た“世界基準のバンドの風格”に圧倒さ…
  4. 実写化史上最も成功していると言って過言でない『美女と野獣』に感動する
  5. 2018年も大活躍間違いなし“次世代イケメン俳優”を青田刈り!

関連記事

  1. ライブレポート

    VIVA LA ROCK 2018 2日目ライヴレポート

    昨年から感じていたことがある。それは参加人数が年々増加する一方…

  2. ライブレポート

    COUNTDOWN JAPAN 1516

    個人的には今年で9年目となる幕張参加!毎回凄いなと思う…

  3. ライブレポート

    強いて今年のサマソニに苦言

    今年のサマソニは異例の猛暑に対応しきれてない部分があったよ…

  4. ライブレポート

    史上最“暑”サマソニ2013

    今年もサマソニ上陸じゃぁぁぁあああ!!!って、この日の…

  5. ライブレポート

    母となり大きな変貌を遂げた宇多田ヒカル12年ぶりのツアーを観る!

    人間活動と称した休止期間を経て再びシーンに戻ってきては衰え知らずな…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

[PR]

人気の記事

[PR]
  1. 日記

    パリピが日常悩んでる嫌なことって何?ストレス溜めない極意がULTRA JAPAN…
  2. 映画

    何故「バルス現象」は起きるのか?その理由は日本特有の国民性と風土にあった!
  3. 映画レビュー

    実写化史上最も成功していると言って過言でない『美女と野獣』に感動する
  4. 邦楽

    RADWIMPS「HINOMARU」が物議!ポップ・ソングの右傾化に不自然さを感…
  5. 邦楽

    CDJ1819で大量発生した「あいみょん地蔵」で垣間見えた若いマナー違反客の現実…
PAGE TOP