映画レビュー

『レッド・スパロウ』で初ヌードを見せたジェニファー・ローレンスの女優魂に圧倒される!

© 2018 Twentieth Century Fox Film Corporation

時代の寵児であるジェニファー・ローレンスが果敢にもキャリア初となるフルヌードに挑戦していると聞き、興味が湧く。しかも、大恋愛劇でイケメン俳優に抱かれるのではなく、国家機密諜報部員としての訓練の最中で、自分をレイプしようとした同僚の男に「ヤッてみせなさいよ!」と挑発するものだから面白い。この女、そんじょそこらの女優とは訳が違う。

散々ハリウッドはロシアを悪として描いてきた。それが2000年代には9.11の影響から中東に変わり、今では経済発展も著しい中国や、核開発で米と対立する北朝鮮へと変化している。そんな2010年代後半において、米露の対立を未だに描くことが逆に珍しい。
映画はジェニファー演じる主人公と米側のスパイの個人を描いてはいるものの、スパイ合戦の様を見ていると、冷戦や対立姿勢は決して終わらないことへの暗示とも思える。西側の思想を真向から否定し、ポケモンGOを悪魔と例えたり、同性愛を法律で禁じたり、パンク・バンド「プッシーライオット」が政府批判、風刺曲を歌ったことで国から監禁されたニュースが流れたことも記憶に新しいが、やっぱロシアって社会主義国家なんだな~、お国のタメならここまでやるのかと連想させる描写も多い。ロシアが怖くなる、ヘイト・ロシア映画でもある(笑)




この映画は、とにかくエグイ!
暗いとか重いとかってよりも的確に表現しているのが「エグイ」だろう。
裏切り、拷問、国家至上主義など、自分の倫理観に無いものばかりで胃もたれ感が凄まじい。
しかも、静かだ。007やMIならド派手な音楽に飾られ、音楽によって次に来るのがどのようなシーンなのか察しが付くところではあるが、この映画は無駄なBGMを極力削ぎ落とした静寂の中で、誰が味方で誰が的かも曖昧な状況下、自分がいつ危険に晒されるかも分からないから油断ならず、一見は気高く振る舞っているように見えるジェニファーだが、その眼差しはどこか怯えており、緊迫感が止むことなく、居心地の悪さまで覚える。要するに、俺はスパイには向いてないってことでもあろうけど、娯楽的ではないが、同監督作『アイ・アム・レジェンド』の手法が、スパイ映画に独特な奇妙な空気感をもたらし、功を成しているのに本気具合を垣間見る。

そして、最終的に一気に伏線を巻き取る見事なシナリオに唸る。ジェニファーのほくそ笑む笑顔に恐怖すら感じる。この女は、本当に只者ではない。#MeTooとか敢えて言わずとも男を飲み込む凄味がある。

そして、キャスティングが、まぁ凄い!
この手の濃厚な映画にはピッタリなジョエル・エドガートンも良かったし、ロシア側のお偉方に、ジェレミー・アイアンズ、キーラン・ハインズと濃過ぎる面子が嬉しい。中でも諜報員養成所の講師の、シャーロット・ランプリングの存在感。いるだけで作品の空気をかっさらう、その妖艶で奇妙な存在に跪かざるを得ない。決して好きと薦んで言いたい作品ではないけど、久々に重厚なサスペンス映画を観たような気がした。

(文・ROCKinNET.com編集部)
※無断転載・再交付は固く禁ずる。引用の際はURLとサイト名の記述必須。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でROCKinNET.comをフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 半漁人の勝利!90回目のオスカー発表!
  2. 『スター・ウォーズ 最後のジェダイ』の功績は神話をオリジナリティをもって進展させ…
  3. 【ライヴレポ】ワンオク初の東京ドーム公演で見た“世界基準のバンドの風格”に圧倒さ…
  4. 『娼年』の実写化で性に真剣に向き合った監督と、素っ裸で腰振りまくった松坂桃李に敬…
  5. 安室奈美恵の引退への想い~安室という現象が現代の日本女性像を変えた~

関連記事

  1. 映画レビュー

    薄暗いシナリオ以上に役者の本域に感銘を受けた『怒り』

    救いのない暗い映画です。最近の邦画はとことん暗く、日本…

  2. 映画レビュー

    【映画鑑賞日記】風立ちぬ

    (C) 2013 二馬力・GNDHDDTK切なくて、時に苦…

  3. 映画レビュー

    【SF映画の金字塔更新】『ブレードランナー2049』が、映画の続編の史上最高傑作である理由

    SF映画の金字塔の続編として圧倒的な成功例続編映画の最高峰と言…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気の記事

  1. 日記

    大雪なので雪の日に聴きたい楽曲を集めてみた!
  2. ライブレポート

    COUNTDOWN JAPAN 1718 4日目ライヴレポート
  3. テレビ・芸能人

    テレ朝スーパー戦隊の放送時間変更の暴挙は吉と出るか?
  4. ライブレポート

    【ライヴレポ】ワンオク初の東京ドーム公演で見た“世界基準のバンドの風格”に圧倒さ…
  5. 音楽

    アリアナ慈善LIVE「One Love Manchester」を観て感じたこと
PAGE TOP