映画レビュー

『ハンターキラー 潜航せよ』もはや映画で米露が争う時代は過ぎた

(C) 2018 Hunter Killer Productions, Inc.

ロシアとアメリカの軍潜水艦が爆撃される事件が発生と聞けば「20年前の映画じゃあるまいし、今さら米露の対立映画かよ」なんて思っていると、後の展開に驚かせられる。戦争になり兼ねない大参事の主犯格は誰なのか、ミステリー性も手伝い、緊迫したストーリーテリングに引き込まれる。

魚雷が迫り来る恐怖や、音感知地雷の中を巨大な潜水艦がゆっくり移動するなど、海底で繰り広げられる緊迫したシーンの連続にドキドキしっぱなし。それを指揮するジェラルド・バトラーの良き上司風情がしっくり来て勇しかった。
それと並行して、真犯人であるロシアの国防相の策略を世界に知らしめ、戦争に発展させないために、監禁されたロシア大統領の救出に向かう米軍たちの活躍だけ見ても独立したアクション映画級で十分満足なほどだ。ペンタゴン本部内部でゲイリー・オールドマンとコモンによるポリティカル・ドラマも見応えあり、三者三様のドラマが進行するのだから、これで面白くない訳がない。


確かに、ハリウッド映画でありながら、ロシアの国防相のクーデターと犯人はあくまでロシア側にあるという設定だけを鑑みれば、アメリカの英雄ひとりじめ感とか、身勝手さも際立つものの(ロシア人の反応が知りたい)、常軌を逸した悪者を、良心を持ったロシア人とアメリカ軍が組んで挑む姿は両国のヒロイズムを平等に描くに何ら不足分もなく、勇敢でカッコ良い。
『コードネーム U.N.C.L.E.』でも米露のスパイがバディを組んで事件解決に挑む姿が描かれていたが、国際的な諸事情は別として考えれば、現代の映画としては、もはや冷戦意識を引きずる不毛さを発信する時代なのかもしれない。それだけでも美しい。

[PR]


それでも、表面上は米露でドンパチしてるに変わりはないシーンも多かったが、根本的なテーマは国籍を廃した人間同士の絆を描いており、冷戦以降対立している米露間の信頼を描いたことは革新的である。国粋主義が横行する現代の世界情勢に警鐘を鳴らしているかのようだ。

何よりも、この映画では、米軍は自発的な攻撃をしなかった。ここ結構、重要であるかも知れない。軍事力で物言わせる今までのハリウッド戦争映画とは違う。それよりも救出したロシア艦長の人徳に賭けた。この映画は軍事映画でも戦争映画でも無いのだ。このロシア艦長がバトラー同様に部下からの人望が厚かったことに表れているように、人望の映画だと感じた。優れた上司力の結果が勝利を導いたと思えば、世の上司たちは背筋を正さなければならないだろう(笑)
「そんな単純なことで軍事行動が左右されるわけない!」「ご都合主義だ!」と思われがちだろうが、軍事力や国名を挙げての映画なら、そのくらいのファンタジーで良いように思える。娯楽に徹する方が映画としては美談で済み、正解だろう。

(文・ROCKinNET.com編集部)
※無断転載・再交付は固く禁ずる。引用の際はURLとサイト名の記述必須。

[PR]

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でROCKinNET.comをフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 【フジから若者が消えた?】フェスの“聖地”フジロックが中高年化している問題。若者…
  2. パリピが日常悩んでる嫌なことって何?ストレス溜めない極意がULTRA JAPAN…
  3. 【大混戦】#TimesUp運動の影響で本年度オスカー主演男優賞はティモシー・シャ…
  4. アリアナ慈善LIVE「One Love Manchester」を観て感じたこと
  5. 今年2018年のサマソニがガラガラの異常事態!~その原因を探ってみた

関連記事

  1. 映画レビュー

    『キングスマン ゴールデン・サークル』エグさ健在!カッコ良さ健在!続編大成功!

    アクションの描き方も相変わらずの巧さだし、それに伴う音楽の使い…

  2. 映画レビュー

    【映画鑑賞日記】エイプリルフールズ

    (C) 2015フジテレビジョンいいお話でしたね。嘘がきっ…

  3. 映画レビュー

    『マレフィセント2』異種を認め合う多様性時代を甘受するディズニーの鉄板映画

    続編もマレフィセントは母性溢れる良い人もはや『眠れぬ森の美女』…

  4. 映画レビュー

    『イコライザー2』根底にあるのは水戸黄門のような勧善懲悪だからこそ観てて爽快!

    正義の貫徹というド直球な設定が気持ち良く、前作では理不尽な悪に虐げ…

  5. 映画レビュー

    自分の起源を知り家系を大事にする想いに感動する『リメンバー・ミー』

    お盆の時期、幼い頃に両親の実家に行った際に、仏壇がいつも以上に大掛…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

[PR]

人気の記事

[PR]
  1. 邦楽

    【全曲レビュー】桑田佳祐の最新作『がらくた』が凄過ぎた!大衆音楽ここに極まり!
  2. 邦楽

    RADWIMPS「HINOMARU」が物議!ポップ・ソングの右傾化に不自然さを感…
  3. 音楽

    遂に雪解けの予感?それでもオアシス再結成が無いと言い切れる理由とは!
  4. 映画

    ピーター死亡?アベンジャーズと違う?話題の映画『スパイダーマン:スパイダーバース…
  5. ライブレポート

    【フジロックレポート】FUJI ROCK FESTIVAL ’18で…
PAGE TOP