映画レビュー

ハリウッド女優の地位向上以上の続編成功例だった『ゴーストバスターズ』

image source:http://www.imdb.com/title/tt1289401/mediaviewer/rm1140064512


30年前は当時の映画興収歴代7位という大ヒットを記録して、世界各国で社会現象を起こしました。俺も3歳頃の子供でしたが、あのマシュマロマンのインパクトと、流行してる感じは幼いながら感じていましたが、それから30年経ち『アベンジャーズ』『ロード・オブ・ザ・リング』を経験してしまった以上は、巨大マシュマロマンでは話題にもならないし誰も驚きません。

しかし、それでも娯楽作として完璧なのが、この映画の凄いところ。
参りましたね、これがよ~く出来てるんです。リメイク映画として満点と言っても過言でない!
最も危惧していた<主人公たちを女性にする>という大変革が成功してたんです。逆にこれを今の男性俳優にやらせるとしたら誰がいるでしょうかね?無難にベン・スティラーあたりを主人公にしてって感じか?なんだ、この想像だけで感じる無難感は・・・そう思うと女性にして良かった。

しかも、ハリウッドのイケメン俳優の代名詞マイティ・ソーを<ルックスだけしか取柄のない馬鹿な情けないキャラ>に描くことで、この映画では男尊女卑とまで言いませんが<男性優位な通念>が完全に崩壊しています。それに、女性が主人公でも下ネタには容赦がないのが好感持てます。女性主人公でも弱々しさを描かないのが<今>だなと思います。

それと、ビル・マーレーの使い方の絶妙さ!
全ての成功は、脚本が優れていた点、VFX駆使した画力もそうですが、旧作の主人公ビルを<幽霊を信じずにゴーストバスターズを否定する学者>として登場させたセンスがいい!
旧作の焼き直し等、懐古主義に陥っていないのが見事です。馬鹿にされていた主人公たちが一発逆転をする王道カタルシスも見ていて心地良いし、オリジナルをも凌駕する出来栄えじゃないかと思います。
オジーオズボーンなどカメオ出演ゲストの使い方や面白さもGOODだと思いました。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でROCKinNET.comをフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. ロッキンにサザン13年ぶりの降臨!昨年の桑田ソロに引き続きフェスに出る意味とは!…
  2. 実写化史上最も成功していると言って過言でない『美女と野獣』に感動する
  3. 今年2018年のサマソニがガラガラの異常事態!~その原因を探ってみた
  4. 世界で大ヒット中の映画『スパイダーマン:ホームカミング』の主人公トム・ホランドの…
  5. 初の武道館公演を控えるマイヘア椎木ってナゼ好かれるのか?彼の魅力を挙げてみる!

関連記事

  1. 映画レビュー

    【綾野剛は流石だけど・・・】シュールこそ独自性と勘違いした悪ふざけ『パンク侍、斬られて候』

    劇中薄らとは感じていたけど、エンドロールでセックス・ピストルズが流…

  2. 映画レビュー

    『アウトレイジ 最終章』は暴力映画ではなくコメディ映画だった(笑)

    日本人は“不良好きDNA”が流れている。昔悪かった自慢など何の意味…

  3. 映画レビュー

    シリーズのある種の頂点に達した『クリード 炎の宿敵』に胸が熱くなる!

    ロッキーが何故アカデミー賞に選ばれて映画史に燦然と輝く名作になった…

  4. 映画レビュー

    『ミスター・ガラス』シャマラン監督流のこじんまりしたアクションが愛おしい

    全身の骨がガラスのように脆いサミュエル・L・ジャクソン、24人…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

[PR]

人気の記事

[PR]
  1. ニュース

    【フジから若者が消えた?】フェスの“聖地”フジロックが中高年化している問題。若者…
  2. ライブレポート

    COUNTDOWN JAPAN 1718 2日目ライヴレポート
  3. 邦楽

    CDJ1819で大量発生した「あいみょん地蔵」で垣間見えた若いマナー違反客の現実…
  4. ライブレポート

    【即日ライブレポ】KEYTALKの横浜アリーナ公演は到達では無く“門出”だった!…
  5. 映画レビュー

    【映画鑑賞日記】ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス
PAGE TOP