映画レビュー

【映画レビュー】人情味溢れる師弟愛の物語『浅草キッド』に涙する




© Netflix

人情味溢れる師弟愛の物語。かの有名な「浅草キッド」を映像化したもので、監督・脚本はたけしフリークで有名な劇団ひとり。台詞の全てが漫才のようで面白おかしく、また、愛おしく、劇団ひとりの芸人としてのプライドと、「たけし愛」の深さが窺い知れる。映画と言うのは、監督の作家性や、映像技術、役者の名演、脚本のオリジナリティで、その出来の素晴らしさが左右されると言われてもいい。しかし、情熱だけで、こうも名作が出来上がるもんかと見せつけられた気がする。劇団ひとりは本作の監督でありながらも、たけしフリークの代表者として、この上ない敬意と愛情でもってたけし映画を完成させた。まさに力作である。

劇中で「芸があって初めて人の前に出れるんじゃねえのかよ」という師匠の言葉は、芸も無いのにチヤホヤされるYoutuberや、ダウンタウンの二番煎じをやってる若手芸人が持て囃される今の娯楽の世界に喝を入れているようで、考えさせられるものがある。流行は時代の流れとは言え、芸が無い者に評価が集中することは、その国の芸能の衰退にも繋がると個人では思っている。この師匠の言葉は決して色褪せない説得性はあると思う。



「笑われるんじゃねえぞ、笑わすんだよ」という芸人としてのスピリットから礼節、所作まで「バカヤロー」という言葉で伝える、その裏側にある師匠の愛に思わず涙がこぼれる。
たけしは本当に師匠が好きだったのだろう。「さんまのまんま」でワイン飲んで酩酊しながら言った言葉がある「俺は若手に言うんだ、どんなに苦しくても芸人だけは辞めるな、他にいろいろ手を出して成功する奴いるじゃん? けど、芸人じゃないんだよな」と。これも、テレビの流行を嫌い、あくまで浅草フランス座で舞台喜劇役者としてのプライドを持っていた深見師匠の教えなんだと気付く。著書「コマネチ!」でも、愛すべき人として、明石家さんまを「唯一負けたと思った芸人」と紹介する中で、師匠にも「俺は師匠が好きだった」と触れ、ただ「酒を飲んでる姿は悲しかった」と言っている。



今の芸人は地位が高くなってしまったと思っている。報道のコメンテーターなんかやるように。それも、全部は漫才ブーム以降のことだ。アイドルや野球選手並みに芸人の人気が出る、そのブームはツービートが牽引してきた。スタンダップ・コメディアンであるレニー・ブルースを参考にしたという「赤信号、皆で渡れば怖くない」などの毒舌は、当時は斬新で、大衆的だった。早口で捲し立てる芸風は、ジャズ喫茶で働いていた経験がいかされ、ビートが変則的に切り替わることからヒントを得ている。生まれた時に既にスターでテレビの中心だったビートたけしの「革命児」としての側面が垣間見れたのは嬉しかった。

そして、何よりも、決して物真似にならない絶妙な癖を演技に取り入れた柳楽優弥と(たけしの所作指導を松村邦洋が務めたとのこと)、テレビを嫌ったがゆえにフィルムが存在せず、我々が知らない深見千三郎を再現した大泉洋の名演に拍手喝采だ! この名優二人だからこそ、芸人の回顧録ではなく、人情物語として成立した。今年、日本映画1番の傑作だってんだよ、バカヤロー!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でROCKinNET.comをフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 【フジから若者が消えた?】フェスの“聖地”フジロックが中高年化している問題。若者…
  2. 13年ぶりロッキンに出演したサザンが凄かった!ROCK IN JAPAN史上最大…
  3. ロック・イン・ジャパン2017 2日目ライヴレポート
  4. サザン40周年ライヴをLVで観る!~親近感こそサザン最大の魅力だと再確認する~
  5. 『娼年』の実写化で性に真剣に向き合った監督と、素っ裸で腰振りまくった松坂桃李に敬…

関連記事

  1. 映画レビュー

    【映画鑑賞日記】ドント・ブリーズ

    20年に一度のホラー映画と言うから期待していったんですが肩透か…

  2. 映画レビュー

    【映画鑑賞日記】ムーンライト

    黒人による黒人への差別と迫害・・・アメリカでは黒人以上に同…

  3. 映画レビュー

    グレン・クローズの芸達者ぶりに圧倒された『天才作家の妻 -40年目の真実-』

    ノーベル文学賞を受賞した作家と、その夫婦にまつわる疑惑をめぐるサス…

  4. 映画レビュー

    『ジョーカー』現代社会の理不尽さと歪みを叩き出す衝撃作にして大傑作!

    初めて映画で恐怖を感じた。ホラー映画の娯楽テイストの恐怖で…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気の記事

[PR]
  1. ライブレポート

    ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2017 4日目ライヴレポート
  2. ライブレポート

    COUNTDOWN JAPAN 1718 3日目ライヴレポート
  3. ライブレポート

    13年ぶりロッキンに出演したサザンが凄かった!ROCK IN JAPAN史上最大…
  4. ニュース

    アリアナ・グランデのライヴ会場で起こった爆発テロについて
  5. 邦楽

    実は失敗していたサザンの紅白!ユーミンとの奇跡の共演に助けられ拍手喝采!
PAGE TOP