映画レビュー

【映画鑑賞日記】パッセンジャー

http://www.passenger-movie.jp/

誰かに求められること、他人を意識した言動が意味を成す。対象があって、その反応が返ってくることで自分の生を感じることができる。それが、人生なんだと改めて感じた。

これら“無人島劇”の一人芝居の名作は多々ある(J・ローレンスも起きるので厳密には一人ではないが)。分かり易いのはR・ゼメキス監督の『キャスト・アウェイ』なんかが思いつく。他にも、『イントゥ・ザ・ワイルド』、『ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日』、『127時間』なんかがあるが、このどれもが、命を掛けた必死のドラマがあった。孤独とは生きる上でそれだけの恐怖なんだと。

そういうものに比べると、この映画は実にポップで軽快だ。
冬眠状態に保存され120年掛けて新世界へ飛び立った宇宙船の中で、到着より90年も早く目覚めてしまったクリス・パイン。当然の如く慌てふためくが、切羽詰ってる感じはさほどない。彼の雰囲気のどことないチャラさが『ガーディアン・オブ・ギャラクシー』に起用される由縁であろうから、欠点ではないと思うが、ここが孤高の演技をしたトム・ハンクスとの違いか。
それとも、そもそも、この映画はそういったところに重点を置いておらず、大衆的な恋愛物語にしたかったのかもしれない。“宇宙版タイタニック”とでも言うべきか。先に言ったポップとは、そういう意味である。
とにかく120年の大規模プロジェクトでありながら、宇宙船の不具合の多さには呆れるほどだが、次々に起こる問題が映画の娯楽性を際立てている。記憶に新しいところでは『ゼロ・グラビティ』なんかが傑作だったが、宇宙映画に新たな良作が加わったと言っていいだろう。

ただ・・・
思ったんだけど、クリスはジェニファーを選んだ理由は容姿が気に入ったからに他ならないが。いくら容姿が美人でも、起きたら性格超最悪だったらどうしたんだろうか?
それこそ、最悪な人生でしかない(笑) なんて余計な心配をしてた。
あと、数秒も出てないアンディ・ガルシアの無駄遣いは何なの?

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でROCKinNET.comをフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 初の武道館公演を控えるマイヘア椎木ってナゼ好かれるのか?彼の魅力を挙げてみる!
  2. サザン40周年ライヴをLVで観る!~親近感こそサザン最大の魅力だと再確認する~
  3. またもコンサート会場が狙われる「米国史上最悪の銃乱射事件」から音楽ライヴ運営の将…
  4. 【速報ライヴレポ】ハリー・スタイルズ初ソロ来日公演を間近で観た!彼こそ時代の寵児…
  5. 実は失敗していたサザンの紅白!ユーミンとの奇跡の共演に助けられ拍手喝采!

関連記事

  1. 映画レビュー

    『バリー・シール/アメリカをはめた男』を見て感じた、貯蓄額の多さと幸福度指数は比例しない!

    まさに狂想曲。金に物を言わされ、米国そのものに踊らされるバリー・シ…

  2. 映画レビュー

    『ハンターキラー 潜航せよ』もはや映画で米露が争う時代は過ぎた

    ロシアとアメリカの軍潜水艦が爆撃される事件が発生と聞けば「20…

  3. 映画レビュー

    群像劇の大傑作『パトリオット・デイ』を観て感じるテロ時代のリアル

    これぞ、刑事映画だと太鼓判を押したくなるような大傑作だった。この映…

  4. 映画レビュー

    『ミスター・ガラス』シャマラン監督流のこじんまりしたアクションが愛おしい

    全身の骨がガラスのように脆いサミュエル・L・ジャクソン、24人…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

[PR]

人気の記事

  1. ライブレポート

    ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2017 4日目ライヴレポート
  2. ライブレポート

    【速報レポ】My Hair is Badの初武道館公演を観る!椎木が提示した正し…
  3. ニュース

    またもコンサート会場が狙われる「米国史上最悪の銃乱射事件」から音楽ライヴ運営の将…
  4. ライブレポート

    ポール東京ドーム初日を観た!
  5. 映画レビュー

    『娼年』の実写化で性に真剣に向き合った監督と、素っ裸で腰振りまくった松坂桃李に敬…
PAGE TOP