映画レビュー

【映画鑑賞日記】クリミナル 2人の記憶を持つ男

(C) 2015 CRIMINAL PRODUCTIONS, INC. All Rights Reserved.

スーパーマンの父親役から目立った作品にはご無沙汰だったケヴィン・コスナーが主演を務め、名優トミー・リー・ジョーンズとゲイリー・オールドマンも出演するなど往年スターの豪華な配役に加え、若手俳優の筆頭の呼び声も高いライアン・レイノルズも出演してることから、「新旧のスターの共演」が映画ファンとして嬉しかった。本来ならば、ライアン・レイノルズが主演をしないといけないところなのに、出来ない・・・まだまだ名スター達が後進に道を譲らないのか、彼らほどのカリスマ性を持った若手が出て来ないのか、とにかく爺様達が元気です!

殉職したCIA(ライアン)の脳の記憶や能力を司る部分を、別人の脳に移植させるという、斬新且つ、現実味を帯びない近未来的な設定が非常に面白かった。ハリウッド映画では、こういった現実味の無い設定を時たま見る。
例えば、ジョン・トラボルタとニコラス・ケイジが共演して話題だった、ジョン・ウー監督の『フェイス・オフ』(1997)なんかもそう。
FBI捜査官とテロリストの顔そのものだけを整形手術で入れ替えるという、当時の感覚としては、絵空事以外の何物でもない設定だったが、これが現実のものとなって驚く。

ハリウッドの空想は10年以内に科学が追いつく時代・・・凄い時代だ。
本作の主人公であるケヴィン・コスナーは“荒んだ思考しか出来ない凶悪犯”と、“幸せな家庭を持つCIAエージェント”の両極端の脳・記憶・感情を持つことで苦悩する。凶悪犯の性格の比重が大きい時に、移植されたエージェントの家に行き、その家に飾られた家族写真を見て、どこか悲しそうな表情をするコスナー。
その時、“幸せ格差”という言葉が頭をよぎった。あの時のコスナーは他人の記憶や感情が入ることで、凶悪犯として幸せというものを知らないで生きてきた人生の不毛さに気付いたかのように、初めて己を顧みる「異化作用」が行われていたように思える。結局、暴力からは幸せは生まれないのだ。

この臓器移植によって、人格が変貌するというのはリアルな世界でもあるらしい。簡潔に例を挙げると、17歳の少年の臓器を移植された老女が、今まで興味も示さなかったパンク・ロックを大音量で聴くようになったりということが、現実世界にあるというのだ。

劇中のコスナーも、移植直後は人道に外れた行動をするものの、次第に、自己犠牲も厭わず、人質の救出、世界の危機の回避に奮闘するようになり、その姿からは、もはや凶悪犯の面影も無く、人気ドラマ「24」のジャック・バウアーや、トム・クルーズが演じたジャック・リーチャーのように、アウトロー・ヒーローの様だった。
まさに、“永遠の英雄”ケヴィン・コスナー映画だなと感服したと同時に、新旧スター俳優の豪華共演、派手なアクションもあり、一流アクション大衆映画として楽しめること、間違いないので、是非オススメしたい。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でROCKinNET.comをフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 【全曲レビュー】桑田佳祐の最新作『がらくた』が凄過ぎた!大衆音楽ここに極まり!
  2. RADWIMPS「HINOMARU」が物議!ポップ・ソングの右傾化に不自然さを感…
  3. テレ朝スーパー戦隊の放送時間変更の暴挙は吉と出るか?
  4. サンボマスター vs My Hair is Bad 男どアホウ夏の陣!日本ロック…
  5. 『茅ヶ崎物語 ~MY LITTLE HOMETOWN~』からサザンがエロスを歌う…

関連記事

  1. 映画レビュー

    『MEG ザ・モンスター』ハリウッド映画の中国資本化が止まらない!

    サメ映画の原点にして頂点である名作『JAWS』を『ジュラシック…

  2. 映画レビュー

    ジョディ・フォスター史上最高傑作だった『マネーモンスター』

    文句なしで今年のトップに入る娯楽作だと太鼓判を押したく…

  3. 映画レビュー

    【映画鑑賞日記】ぼくは明日、昨日のきみとデートする

    (C) 2016「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」製作委員会…

  4. 映画レビュー

    人種差別の本質を鋭くエグるリー監督最高傑作『ブラック・クランズマン』

    時たま衝撃を得る映画を観ることがある。自分が理解していると勘違いし…

  5. 映画レビュー

    二兎追う者は一兎も得ず?『女王陛下のお気に入り』は権力に奢れる人間の愚かさを描いた愛憎劇

    アカデミー賞はこの映画の何が好きだったの?英国王室・衣装メイク…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

[PR]

人気の記事

[PR]
  1. ハリウッド

    【YOUTUBE誕生のきっかけ】来年2018年のハーフタイムショーはジャスティン…
  2. ニュース

    またもコンサート会場が狙われる「米国史上最悪の銃乱射事件」から音楽ライヴ運営の将…
  3. 音楽

    遂に雪解けの予感?それでもオアシス再結成が無いと言い切れる理由とは!
  4. テレビ・芸能人

    テレ朝スーパー戦隊の放送時間変更の暴挙は吉と出るか?
  5. 邦楽

    RADWIMPS「HINOMARU」が物議!ポップ・ソングの右傾化に不自然さを感…
PAGE TOP