映画レビュー

新鮮味皆無の超大作『トランスフォーマー/最後の騎士王』を観て過剰は見飽きると察する

© 2016 Industrial Light & Magic, a division of Lucasfilm Entertainment Company Ltd., All Rights Reserved © 2017 Paramount Pictures. All Rights Reserved. HASBRO, TRANSFORMERS, and all related characters are trademarks of Hasbro. © 2017 Hasbro. All Rights Reserved.


このシリーズは題名の通りロボットの変形(transform)シーンが、カッコ良ければ、それでOKなのである。それ以上のことは望まなくとも成立する映画なのだ。だから、ストーリー性とか正直どうでもいいと思っているのだが、にしても、シリーズの限界を感じずにはいられない最新作であった。

とにかく、ハリウッド大作の中でも、その映像技術は群を抜いて過剰なほどだ。過剰は、さらに過剰になることでしか、その娯楽性を更新できない。前作から、主演がマーク・ウォルバーグに変わり、少しの新鮮味を感じたが、なんせシリーズも五回目になり、ロボットのtransformにも見飽きてしまっており、斬新さが無い。確かに、この映画は相変わらず、とんでもないことをしているのだ。これだけの映像は、なかなか観ることは出来ない。けど、映像的な飽和が解消される工夫は、されていなかった。

ま、冒頭で描かれていた「アーサー王の伝説」という史劇を、未来的なロボット映画の根底テーマにしてしまうという冒険とアイディアは冴えていたようには思うが、「どうせ、ロボットがガチャガチャと変形して、大袈裟に敵と戦うんだろ?」という予想に反しない。何かあっと言わせるものもない。全部が想定内。過剰演出も回を重ねるごとにマンネリになる。過剰のマンネリほど疲れるものはない。

今回は惑星が衝突するような、『トランスフォーマー』らしいスケールの大きさが描かれているし、都市破壊の様相も衰え知らずだ。けど、これまで散々推してきたオプティマスの出番を極端に少なくするなど暴挙が凶と出ており、シリーズの旧来ファンの期待を裏切っているようにも見えるし、BB-8のような小型ロボットの外見や愛嬌の中途半端さも虚しく、どうも、いまいち好感の持てない作品だった。この前のシリーズ四作目の出来が良かっただけに、非常に残念な気分にはなった。
マークの出ている現映画が新三部作?だとすれば次がラストになる、有終の美が飾れるような迫力・画力とアイディアを期待したいところである。

(文・ROCKinNET.com編集部よっしー)
※無断転載は固く禁ずる。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でROCKinNET.comをフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 【全曲レビュー】桑田佳祐の最新作『がらくた』が凄過ぎた!大衆音楽ここに極まり!
  2. 『ブラック・パンサー』を観た!社会風刺と娯楽性が融合したマーベルの新傑作が誕生し…
  3. 『スター・ウォーズ 最後のジェダイ』の功績は神話をオリジナリティをもって進展させ…
  4. 年収50億のジョニー・デップが破産寸前な理由とは!~お金について考える
  5. 初の武道館公演を控えるマイヘア椎木ってナゼ好かれるのか?彼の魅力を挙げてみる!

関連記事

  1. 映画レビュー

    マーベルの二番煎じとは言わせない!『ジャスティス・リーグ』世界中がこういうDC映画を待っていた!

    何でコレを最初から出来なかったのかと問いたくなった。これまでの『マ…

  2. 映画レビュー

    『ジェミニマン』役者若返り達成!リー監督による技術への飽くなき追求に驚愕する!

    役者の若返りが遂に達成された革命的映画だ!『ベンジャミン・バト…

  3. 映画レビュー

    『アド・アストラ』映画的醍醐味も希望も描けないスッカスカな駄作

    くっそつまらない!大概の映画は表現の存在として認める性質だ…

  4. 映画レビュー

    『パワーレンジャー』が成功したのは若者の青春群像劇を多様性でもって描いたこと!

    スーパー戦隊の映画といえば夏は30分、冬は60分以内で終わることを…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気の記事

  1. ニュース

    【日米LGBT理解度格差】LADY GAGAが「ミス・ゲイ・アメリカ」選出!一方…
  2. ライブレポート

    ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2017 4日目ライヴレポート
  3. ニュース

    映画『アントマン』では味方だった猛毒蟻“ヒアリ”について徹底解説!
  4. 映画レビュー

    『娼年』の実写化で性に真剣に向き合った監督と、素っ裸で腰振りまくった松坂桃李に敬…
  5. ハリウッド

    【報酬額予想】相当稼いだだろう新スパイダーマンのトム・ホランドが確定申告で困って…
PAGE TOP