映画レビュー

新鮮味皆無の超大作『トランスフォーマー/最後の騎士王』を観て過剰は見飽きると察する

© 2016 Industrial Light & Magic, a division of Lucasfilm Entertainment Company Ltd., All Rights Reserved © 2017 Paramount Pictures. All Rights Reserved. HASBRO, TRANSFORMERS, and all related characters are trademarks of Hasbro. © 2017 Hasbro. All Rights Reserved.


このシリーズは題名の通りロボットの変形(transform)シーンが、カッコ良ければ、それでOKなのである。それ以上のことは望まなくとも成立する映画なのだ。だから、ストーリー性とか正直どうでもいいと思っているのだが、にしても、シリーズの限界を感じずにはいられない最新作であった。

とにかく、ハリウッド大作の中でも、その映像技術は群を抜いて過剰なほどだ。過剰は、さらに過剰になることでしか、その娯楽性を更新できない。前作から、主演がマーク・ウォルバーグに変わり、少しの新鮮味を感じたが、なんせシリーズも五回目になり、ロボットのtransformにも見飽きてしまっており、斬新さが無い。確かに、この映画は相変わらず、とんでもないことをしているのだ。これだけの映像は、なかなか観ることは出来ない。けど、映像的な飽和が解消される工夫は、されていなかった。

ま、冒頭で描かれていた「アーサー王の伝説」という史劇を、未来的なロボット映画の根底テーマにしてしまうという冒険とアイディアは冴えていたようには思うが、「どうせ、ロボットがガチャガチャと変形して、大袈裟に敵と戦うんだろ?」という予想に反しない。何かあっと言わせるものもない。全部が想定内。過剰演出も回を重ねるごとにマンネリになる。過剰のマンネリほど疲れるものはない。

今回は惑星が衝突するような、『トランスフォーマー』らしいスケールの大きさが描かれているし、都市破壊の様相も衰え知らずだ。けど、これまで散々推してきたオプティマスの出番を極端に少なくするなど暴挙が凶と出ており、シリーズの旧来ファンの期待を裏切っているようにも見えるし、BB-8のような小型ロボットの外見や愛嬌の中途半端さも虚しく、どうも、いまいち好感の持てない作品だった。この前のシリーズ四作目の出来が良かっただけに、非常に残念な気分にはなった。
マークの出ている現映画が新三部作?だとすれば次がラストになる、有終の美が飾れるような迫力・画力とアイディアを期待したいところである。

(文・ROCKinNET.com編集部よっしー)
※無断転載は固く禁ずる。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でROCKinNET.comをフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. テレ朝スーパー戦隊の放送時間変更の暴挙は吉と出るか?
  2. サザン40周年ライヴをLVで観る!~親近感こそサザン最大の魅力だと再確認する~
  3. 【全曲レビュー】桑田佳祐の最新作『がらくた』が凄過ぎた!大衆音楽ここに極まり!
  4. 『君の名は。』遂に北米公開で絶賛の嵐!
  5. 【フジから若者が消えた?】フェスの“聖地”フジロックが中高年化している問題。若者…

関連記事

  1. 映画レビュー

    『メリー・ポピンズ リターンズ』は果たして本当に必要な続編だったのだろうか?

    王者ディズニーに禁句なし。名作アニメの実写化すれば軒並みヒットさせ…

  2. 映画レビュー

    【映画鑑賞日記】この世界の片隅に

    日本という国が、この映画が口コミで好評を呼びヒット…

  3. 映画レビュー

    絶対的なエンタメ性!これぞ娯楽作の鑑!『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』

    これぞ娯楽の鑑だ! 何なんだろう、この安定の絶対的なエンタメ性…

  4. 映画レビュー

    『ジョン・ウィック:パラベラム』アクションが九割を占め正直飽きる・・・

    愛犬を殺され、その復讐のためにマフィア組織を全壊させてきたジョ…

  5. 映画レビュー

    本当に作品賞?『グリーンブック』毒にも薬にもならない無難な映画だった

    無難な作品だった。これを賞賛と捉えるか、悪意と捉えるかは個人に因る…

  6. 映画レビュー

    人種差別の本質を鋭くエグるリー監督最高傑作『ブラック・クランズマン』

    時たま衝撃を得る映画を観ることがある。自分が理解していると勘違いし…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気の記事

  1. 邦楽

    DA PUMPがSMAPの振付をすることが芸能界で衝撃的である理由
  2. 音楽

    【徹底考察】ビルボード1位、米英人気過熱、国連演説・・・勢いが止まらないBTS(…
  3. 映画レビュー

    『アベンジャーズ/エンドゲーム』 映画史に残る大傑作にして娯楽の頂点だ!
  4. ニュース

    【フジから若者が消えた?】フェスの“聖地”フジロックが中高年化している問題。若者…
  5. ニュース

    【日米LGBT理解度格差】LADY GAGAが「ミス・ゲイ・アメリカ」選出!一方…
PAGE TOP