ハリウッド

マット・デイモン乱入!エミー賞で因縁の対決(笑)

テレビ界の最大の祭典「第68回エミー賞授賞式」で司会のジミー・キンメルが自身のトーク番組の受賞を逃したタイミングに、彼の宿敵でお馴染みのマット・デイモンが乱入!誰が受賞したかを聞いたマットはジミー以外の番組が受賞したことを聞いた瞬間に「よし!」とガッツポーズ。
明らかに怪訝な表情をするジミーに対して上乗せで「受賞を逃した後も司会を務めなきゃいけないなんて、さぞかし恥ずかしいだろうね。会場にいる皆、負け犬のジミーを励ましてあげてくれ」と屈辱のひと言!
帰り際にも「アフターパーティで会おう」とマットは言うが、ジミーは何のことかサッパリ。誘われてなかったんだなという素振りと共に会場を後にするマットに会場は爆笑の渦。今回はマットの完全勝利のようです。

そもそも、この2人の確執ネタは3年前に遡ります。米国では国民的番組のひとつと言われるジミーのトーク番組で、出てもいないマットに対して「時間切れによりマットの出番はキャンセルです」とマットを茶化したことが全てのはじまり。その後、実際にマットが出演した際も、時間オーバーでエンドロール流れる時にマットが数秒出演する屈辱を味わせたり。
それに対して、キンメルの当時の恋人であったコメディエンヌ、サラ・シルヴァーマンと報復ビデオを制作、あの有名な「I’m F*@#ing Matt Damon」です。後にエミー賞を受賞するほど米国では人気でした。
その後も、マットが番組をジャックするなど、丁々発止のネタが人気を博していました。

映画ではシリアスでお堅いイメージのマット・デイモンの面白い面が見れるので、今後もこのネタは続けてほしいけど、そろそろ飽きてきたかな(笑)

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でROCKinNET.comをフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. ピーター死亡?アベンジャーズと違う?話題の映画『スパイダーマン:スパイダーバース…
  2. ワン・ダイレクションのソロ実績がビートルズに並ぶ!活動休止後の各メンバーの成績も…
  3. 初の武道館公演を控えるマイヘア椎木ってナゼ好かれるのか?彼の魅力を挙げてみる!
  4. 『娼年』の実写化で性に真剣に向き合った監督と、素っ裸で腰振りまくった松坂桃李に敬…
  5. 【ライヴレポ】ワンオク初の東京ドーム公演で見た“世界基準のバンドの風格”に圧倒さ…

関連記事

  1. ハリウッド

    【SW神話崩壊?】北米で『ハン・ソロ』の興行収入が大コケ!その理由とは?

    2018年5月25日に米国で公開された『ハン・ソロ/スター・ウ…

  2. ハリウッド

    あの「フレンズ」が奇跡的なプチ復活!

    奇跡的なプチ復活!w何度も映画化の噂が出ては消え、出ては消…

  3. ハリウッド

    【二大筋肉馬鹿の衝突】『ワイスピ』のヴィンとドゥウェインの不仲が解決!

    映画通と同じくらいWWE好きな俺にとって、彼は未だに“ザ・ロック”…

  4. ハリウッド

    「フラーハウス」の人気が尋常じゃない件

    Netflixオリジナルドラマ「フラーハウス」が、今年最も…

  5. ニュース

    続・トランプ当選に対する音楽界の反応

    レディオヘッドのトム・ヨークは今回の米大統領選挙の結果が出…

  6. ハリウッド

    誰も観てもいないアンジー映画に「反日だ」と反発の不思議?

    アンジェリーナ・ジョリー監督作『アンブロークン』が反日だと…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

[PR]

人気の記事

[PR]
  1. 音楽

    遂に雪解けの予感?それでもオアシス再結成が無いと言い切れる理由とは!
  2. 日記

    パリピが日常悩んでる嫌なことって何?ストレス溜めない極意がULTRA JAPAN…
  3. 映画レビュー

    想定外のラストに衝撃!『アベンジャーズ/インフィニティー・ウォー』で初めてアメコ…
  4. 映画レビュー

    『スター・ウォーズ 最後のジェダイ』の功績は神話をオリジナリティをもって進展させ…
  5. 映画レビュー

    実写化史上最も成功していると言って過言でない『美女と野獣』に感動する
PAGE TOP