ハリウッド

マット・デイモン乱入!エミー賞で因縁の対決(笑)

テレビ界の最大の祭典「第68回エミー賞授賞式」で司会のジミー・キンメルが自身のトーク番組の受賞を逃したタイミングに、彼の宿敵でお馴染みのマット・デイモンが乱入!誰が受賞したかを聞いたマットはジミー以外の番組が受賞したことを聞いた瞬間に「よし!」とガッツポーズ。
明らかに怪訝な表情をするジミーに対して上乗せで「受賞を逃した後も司会を務めなきゃいけないなんて、さぞかし恥ずかしいだろうね。会場にいる皆、負け犬のジミーを励ましてあげてくれ」と屈辱のひと言!
帰り際にも「アフターパーティで会おう」とマットは言うが、ジミーは何のことかサッパリ。誘われてなかったんだなという素振りと共に会場を後にするマットに会場は爆笑の渦。今回はマットの完全勝利のようです。

そもそも、この2人の確執ネタは3年前に遡ります。米国では国民的番組のひとつと言われるジミーのトーク番組で、出てもいないマットに対して「時間切れによりマットの出番はキャンセルです」とマットを茶化したことが全てのはじまり。その後、実際にマットが出演した際も、時間オーバーでエンドロール流れる時にマットが数秒出演する屈辱を味わせたり。
それに対して、キンメルの当時の恋人であったコメディエンヌ、サラ・シルヴァーマンと報復ビデオを制作、あの有名な「I’m F*@#ing Matt Damon」です。後にエミー賞を受賞するほど米国では人気でした。
その後も、マットが番組をジャックするなど、丁々発止のネタが人気を博していました。

映画ではシリアスでお堅いイメージのマット・デイモンの面白い面が見れるので、今後もこのネタは続けてほしいけど、そろそろ飽きてきたかな(笑)

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でROCKinNET.comをフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 映画『アントマン』では味方だった猛毒蟻“ヒアリ”について徹底解説!
  2. 【全曲レビュー】桑田佳祐の最新作『がらくた』が凄過ぎた!大衆音楽ここに極まり!
  3. 初の武道館公演を控えるマイヘア椎木ってナゼ好かれるのか?彼の魅力を挙げてみる!
  4. マーベルが『ブラックパンサー』でヒーロー映画初のアカデミー作品賞を獲得するために…
  5. 【フジから若者が消えた?】フェスの“聖地”フジロックが中高年化している問題。若者…

関連記事

  1. ハリウッド

    the FLASH 日本上陸

    既に海外ドラマファンから高い人気の「ARROW」からのスピ…

  2. ハリウッド

    あの「フレンズ」が奇跡的なプチ復活!

    奇跡的なプチ復活!w何度も映画化の噂が出ては消え、出ては消…

  3. ハリウッド

    【SW神話崩壊?】北米で『ハン・ソロ』の興行収入が大コケ!その理由とは?

    2018年5月25日に米国で公開された『ハン・ソロ/スター・ウ…

  4. ニュース

    渡辺謙トニー賞受賞逃す、米国の偏見の奥深さ

    『インセプション』『GOZILLA』と大作出演したりと、ハリウッド進出…

  5. ハリウッド

    the FLASH 主人公演じるのは「Glee」のあの子

    毎年スポーツの秋なんですが、今年は海外ドラマの秋になってい…

  6. ハリウッド

    海外ドラマが止まらない!~年内残り寝不足決定~

    俺は海外ドラマが大好きです!なので、「昼顔」なんちゅー…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

[PR]

人気の記事

[PR]
  1. 邦楽

    松任谷由実「恋人がサンタクロース」がクリスマスは恋人と過ごす日という社会的呪縛を…
  2. ハリウッド

    SW史上最大の被害者?ダース・モールその悲劇の人生を徹底解析!
  3. ハリウッド

    【YOUTUBE誕生のきっかけ】来年2018年のハーフタイムショーはジャスティン…
  4. 邦楽

    第10回 独断で選ぶ素晴らしい邦楽たちTOP10 2018
  5. ニュース

    アリアナ・グランデのライヴ会場で起こった爆発テロについて
PAGE TOP