ハリウッド

ディズニー初の同性愛描写アリの『美女と野獣』が世界で賛否巻き起こしている件

(C) 2017 Disney. All Rights Reserved.

2017年の超話題作であり、春休み映画の筆頭である、名作アニメ『美女と野獣』の実写化ですが、この映画が実はディズニー史上初のLGBT描写があるということで、大きな物議を醸しだしています。(『アナ雪』も王子不要の物語でしたので、レズビアン映画と噂されていましたが。)

顕著なのがロシアです。法律で同性愛を禁ずるものがあるほど批判的な国なので、早くも「同性愛の宣伝行為だ」と大批判!ある与党議員は、国内上映を禁止するよう求めているといいます。この法に抗議してカミングアウトしたのが『プリズン・ブレイク』の主演でお馴染みウェントワース・ミラーです。

原作のアニメには同性愛描写は無いのですが、筋骨隆々の村一番のモテ男であり、この物語の適役であるガストンの舎弟的存在ル・フウが、ガストンのようになりたいと憧れながらも、ガストンにキスをしたいと思っている設定になってるといいます。その必要性があるかないかは分かりませんが、何を世界がこんなに牽制するのかと言えば、やはり“ディズニー”だからです。その影響力は尋常でない大きいもの!ディズニーで是とされたものは、世界の通念と化す可能性が大きいレベルですからね。

遂に、マレーシアで該当シーンを検閲当局がカットしたことが明らかとなり、ディズニー側が上映を無期限延期としました。人口の多数をイスラム教徒が占めるマレーシアでは、同性愛は刑罰の対象とされています。それでも、ディズニーは自身の表現を撤回しません。流石は世界のディズニーです、今のディズニーは『アナ雪』の成功以来、『ベイマックス』『ズートピア』などアニメの成功、実写化、マーベルを傘下に収め、スター・ウォーズ買収と無敵ですからね。今後、ディズニーはLGBTをどう扱っていくのでしょうか?時代の通念ってのは変わっていくもんですね。

良い記事を見つけましたので、こちらもどうぞ。
https://oriver.style/cinema/lgbt-and-disney/

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でROCKinNET.comをフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. アリアナ慈善LIVE「One Love Manchester」を観て感じたこと
  2. ポール東京ドーム初日を観た!
  3. 【ヒットの勝算はネット戦略にあり?】恐怖のピエロ映画『IT』が公開第三週で興収首…
  4. 『いぬやしき』興行失敗で垣間見える漫画原作映画の限界~世間はエグさに飽きている
  5. 『スター・ウォーズ 最後のジェダイ』の功績は神話をオリジナリティをもって進展させ…

関連記事

  1. ハリウッド

    【ブラピ長男との関係性悪化】単なる反抗期が招いた離婚騒動なのでは?

    離婚に伴う親権争いでゴタゴタに陥っているブラッド・ピットと…

  2. ハリウッド

    【追悼】アメコミ界の巨匠スタン・リー逝去~映画カメオ出演を振り返る~

    マーベル作品の原作者で知られる、アメコミ界の巨匠スタン・リーが…

  3. ハリウッド

    「フラーハウス」のステファニー、マイリー・サイラスの嫌がらせに大人の対応

    20年ぶりの奇跡的な復活を遂げ、再び世界の話題の中心になっ…

  4. ハリウッド

    マット・デイモン乱入!エミー賞で因縁の対決(笑)

    テレビ界の最大の祭典「第68回エミー賞授賞式」で司会のジミー・…

  5. ハリウッド

    次期ジェームズ・ボンド候補にあの元子役が

    親戚のおっさん発言しますけど、世界中の涙腺を崩壊させた英国…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

[PR]

人気の記事

[PR]
  1. ニュース

    今年2018年のサマソニがガラガラの異常事態!~その原因を探ってみた
  2. ハリウッド

    世界で大ヒット中の映画『スパイダーマン:ホームカミング』の主人公トム・ホランドの…
  3. 音楽

    【徹底考察】ビルボード1位、米英人気過熱、国連演説・・・勢いが止まらないBTS(…
  4. 映画

    是枝監督『万引き家族』がカンヌで最高賞!カンヌにおける日本映画の歴史と、今回の受…
  5. 映画レビュー

    果たして労働は悪なのか?『ちょっと今から仕事やめてくる』に見る現代社会の新価値観…
PAGE TOP