音楽

ノエルが名曲「Don’t Look Back In Anger」の秘密を暴露!ストリップ行った直後に書いた?俺にとっての「Hey Jude」!

mixmag.net

2017年5月に発生したアリアナ・グランデのマンチェスター公演で起きたテロの追悼集会で歌われたことをきっかけに、追悼アンセムのように扱われるようになった「Don’t Look Back In Anger」について、制作者のノエル・ギャラガーが英ラジオ番組で「今までとは違った意味合いを持つようになった」「俺よりも重要な存在になった」と語っている。

また、米のラジオ番組では、俺にとっての「Hey Jude」と形容している。
何よりも驚くべきなのは、この名曲がストリップに行った直後に書いたという秘密まで暴露!

この曲はストリップ・クラブを後にした直後に書いたんだ。最初は、反逆についての曲として書き始めた。ある女性についてのね。彼女は自分の人生を振り返って、「ねえ、知ってた? 私は自分の人生に何の悔いもないのよ」って言うのさ。そして杯を上げる。

And so Sally can wait, she knows it’s too late as we’re walking on by

てことは、長年、謎だったサビに出てくる「Sally」という女性の存在が判明したような。
ずっと、楽曲の主人公の恋人だと思っていたけど、まさかのストリップ嬢説が浮上、しかも確定的。これまでは、男性と別れた女性の反逆的な意味合いの歌だと思っていたけど、自分の人生に悔いはない(going my way)ほっといてといった意味合いの反逆であると。だから、失恋から立ち直るための前向きソング以上に、自分賛歌にも繋がり、祝福の楽曲でもあると言い切れる。これは意外な発見であった。

そういうことを考えてたら、この祝福の曲が出来上がったんだ。それが今や、アンセムみたいな存在になったのさ。この曲をエレキでやることはもうないだろうな。もはや相応しいとは言えなくなったから。この曲は、いまだに反逆についての曲なんだよ。

そんなこと言わずに、バンドで演ってくださいよ、兄貴。
今年の夏、サマソニでの幕張の大合唱の光景を期待してるんですから!!




同曲は英テロの追悼集会で1人の女性が口ずさんだのをきっかけに合唱が巻き起こったのが話題となり、チャリティー関連のイベントの際にも度々歌われるようになり、これ以降、追悼アンセムになった。アリアナ・グランデ主催の「One Love Manchester」でも、サッカーの英仏親善試合でも、そしてアリアナのマンチェスター名誉市民認定の際の市議会会合でも、合唱が起こっている。

引用:rockinon.com/news/detail/174511

(文・ROCKinNET.com編集部)
※無断転載・再交付は固く禁ずる。引用の際はURLとサイト名の記述必須。



 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でROCKinNET.comをフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 【全曲レビュー】桑田佳祐の最新作『がらくた』が凄過ぎた!大衆音楽ここに極まり!
  2. 【ヒットの勝算はネット戦略にあり?】恐怖のピエロ映画『IT』が公開第三週で興収首…
  3. 『スター・ウォーズ 最後のジェダイ』の功績は神話をオリジナリティをもって進展させ…
  4. 何故「バルス現象」は起きるのか?その理由は日本特有の国民性と風土にあった!
  5. 遂にNYタイムズ誌まで?ガキ使の黒塗りメイク批判は行き過ぎだと思う理由!

関連記事

  1. 音楽

    アリアナ熊本にエール

    親日家で有名なアリアナ・グランデが新作を発表するそうです。…

  2. ライブレポート

    ビヨンセ祭り!【SUMMER SONIC 09】vol.3

    もはやフェスの光景じゃねー。完全にビヨンセにサマソニが…

  3. 音楽

    My Best Album 2012 発表ぉ~!

    クリスマスも普通に仕事だったりすると、すっかりお祭り気分は…

  4. 音楽

    2017年 勝手に選ぶベスト洋楽 TOP10

    早いもので今年も終わり!年末の風物詩と勝手に俺だけが呼んで…

  5. 音楽

    ビヨンセは悪くない

    口パク騒動について遂にビヨンセが口を割りました。「…

  6. ライブレポート

    久々にサマソニ上陸っすよ!(サマソニ2011)

    昨年はROCK IN JAPANと日程がかぶったため、2年…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気の記事

[PR]
  1. 映画レビュー

    『アベンジャーズ/エンドゲーム』 映画史に残る大傑作にして娯楽の頂点だ!
  2. ライブレポート

    ロック・イン・ジャパン2017 2日目ライヴレポート
  3. ライブレポート

    【ライヴレポート】ポール・マッカートニー(2018/11/1@東京ドーム)
  4. 映画レビュー

    『娼年』の実写化で性に真剣に向き合った監督と、素っ裸で腰振りまくった松坂桃李に敬…
  5. 映画レビュー

    果たして労働は悪なのか?『ちょっと今から仕事やめてくる』に見る現代社会の新価値観…
PAGE TOP