邦楽

遂に始動!桑田佳祐が自身初となるEPでソロ4年ぶりパッケージリリース!



@sasfannetより

実はパッケージでの新曲リリースは実に4年ぶりとなる。桑田佳祐ソロの新曲がパッケージとしてリリースされることが発表された。「もう、出さずにはいられない」と桑田節全開だ!

意外にも近年はサザンも桑田ソロも、シングルとしてのリリースが無い。2017年の桑田ソロの新曲「若い広場」「オアシスと果樹園」はアルバム収録曲として、2018年はサザン名義で「闘う戦士たちへ愛を込めて」「壮年JUMP」を配信としては初めての試みで各媒体で1位を獲得しながらも、ベスト・アルバム内の収録曲として、2019年のサザン名義の「愛はスローにちょっとずつ」は、配信と同年ツアーのフォトブック特典として世に発表されており、CDシングルとしての発表は長らくされていなかった。2020年2月に桑田佳祐withピンボーイズ(という企画モノ?)として「悲しきプロボーラー」が発売されているが、桑田佳祐ソロ名義、サザン名義としての本格的な?新曲リリースは久々となる。流石の桑田佳祐とはいえ、デジタル主導の音楽配信が当たり前になりつつある時に、収益の大きいパッケージリリースで失敗できないだけに、慎重な新曲発表であることは図り知れる。



そして、7月12日24時から民放共通五輪応援曲である待望の「SMILE~晴れ渡る空に~」が先行配信、加えて、8月9月と新曲を先行配信することが決まった。
それらを収録した曲を含めたEPとして収録、2021年9月15日に桑田佳祐ソロとして、ミニアルバムリリースが決定した。この日、初披露された新曲「Soulコブラツイスト~魂の悶絶」は、近年の桑田佳祐らしい、歌謡テイストも感じるミディアムなメロのポップで、≪元気があれば、なんでも出来る!≫と歌詞にあるように、現代にパワーを送る内容になっている。現在、病気と闘っているアントニオ猪木氏にもエールを送るなど、コロナ禍を明るくしたい意欲に満ちたポップ・ソングであった。
「ダーリン」にも通じる歌謡テイストながらも、桑田節冴え渡る楽曲に仕上がっている。桑田佳祐は良い意味での力の抜き加減を知っているというか、例えば「TSUNAMI」「HOTEL PACIFIC」後の「この青い空、みどり ~BLUE IN GREEN~」とか、「波乗りジョニー」「白い恋人達」後の「可愛いミーナ」等のように、バキバキの王道売れ線楽曲後に、軽快なポップ回帰する流れが見られる。今回も「SMILE~晴れわたる空のように」のような壮大な力作後に放たれるにしては、このニュートラル感が心地良い。残り3曲も新曲となり、その曲調に注目が集まる。

いよいよ、待望の新曲も発表になり、活動が本格化した桑田佳祐。先日、急遽中止に追い込まれたロッキンについても「僕らがデビュー当時からお世話になっている渋谷陽一さんのロッキン・フェスが中止になりましたけど、その無念を文章で出されてて、読んだんだけど、胸に迫るものがありましたよね。これから開催される音楽エンターテイメントの火を絶やさないというか、今後のイベントへの応援もされててね。渋谷さん、来年こそ素敵な場を、ロッキン開催して頂いて、我々も、もし参加できたら嬉しゅうございます」という旨のコメントもしている。(※ニュアンスだけで一語一句合ってるわけではありません、ご了承下さい)

(文・ROCKinNET.com編集部)
※当記事の著作はROCKinNET.comに帰属し、一切の無断転載・再交付は固く禁ずる。



◆関連記事◆

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でROCKinNET.comをフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. THE ORAL CIGARETTES山中がビバラでUVERworld TAKU…
  2. 半漁人の勝利!90回目のオスカー発表!
  3. 13年ぶりロッキンに出演したサザンが凄かった!ROCK IN JAPAN史上最大…
  4. KEYTALKの八木氏はナゼ愛されるのか?その無敵な愛嬌の謎と八木氏のドラムテク…
  5. 第10回 独断で選ぶ素晴らしい邦楽たちTOP10 2018

関連記事

  1. 邦楽

    女川町の臨時災害FM局が「TSUNAMI」を流す

    東日本大震災の被災地である女川(おながわ)町の臨時災害放送…

  2. 邦楽

    EXILE所属LDHの世界進出が成功しない理由

    EXILEなどが所属するLDHが、世界基準でエンタテインメ…

  3. 邦楽

    演歌界の大御所、八代亜紀がビリー・アイリッシュの大ヒット曲をカヴァー!

    演歌界の大御所である八代亜紀がビリー・アイリッ…

  4. 邦楽

    【SMAP急上昇】購買運動の意味ってあるのだろうか?

    解散まで1カ月半となった戦後最大のアイドルグループSMAP…

  5. 邦楽

    KEYTALKの八木にゃん

    待望の新作発売まで1週間のKEYTALK!ドラムの八木…

  6. 邦楽

    宇多田ヒカル新作『Fantôme』が素晴らしい!

    日本音楽界に語り継がれる新たな名作誕生!凄くパーソナル…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気の記事

[PR]
  1. 映画

    是枝監督『万引き家族』がカンヌで最高賞!カンヌにおける日本映画の歴史と、今回の受…
  2. ライブレポート

    【ライヴレポート】ポール・マッカートニー(2018/11/1@東京ドーム)
  3. ハリウッド

    今夏最大の話題作『パワーレンジャー』に同性愛描写で再び波乱の予感
  4. 映画レビュー

    俺が勝手に選ぶBEST映画2016
  5. 邦楽

    CDJ1819で大量発生した「あいみょん地蔵」で垣間見えた若いマナー違反客の現実…
PAGE TOP