邦楽

祝快挙!KEYTALK最新作「PARADISE」が週間チャートで初登場2位!

大快挙です!
KEYTALKの最新アルバム「PARADISE」がオリコン週間チャートで初登場2位を記録!
主な楽曲制作をひとりで担ってきた義勝(Vo/B)主導の体制から、シングル「MATSURI BAYASHI」以降メンバー全員が作詞作曲を担当し始め、ロック・バンドとしての機能性を高めてきた彼らが、今の自分たちの姿、バンドとしての力を十分に発揮し示しつけるのに十分な説得力を持った傑作だった。

巨匠(Vo/G)の「Oh!En!Ka!」など義勝とは一線を画す直球ロック感が気持ち良いし、それは武正(G)も然り、「秘密」など爆裂パンクを手がけた八木氏(Dr)は相変わらずぶっ飛んでるし、同時にこれは義勝楽曲で群がってきた往来ファンとしては、得手不得手も出てくるだろうが、多様性が生まれているという点では、まさしく進化と言える。
そして、それでもやはり、その楽曲群でも光る首藤義勝の類稀なるポップセンスに唸る。本作のリード曲「Summer Venus」では、想定外のEDM要素を取り入れ、ロック界無二のお祭りバンドとしての意思表示とバンドの方向性を顕著に表現、ファンが何を求めているのか、自分たちが何を表現すべきかを見据えている洞察力は流石だ。桑田佳祐を崇めているという義勝の、現代のサザンとも言える、まるで新時代のポップ・ソングのスタンダードを構築しているかのようなアプローチを見事に成功させている。

思えば彼らはテレビ露出を避けているわけでもないが、地上波番組には縁遠い存在だ。
それでも着々と人気と知名度を拡大し続け、遂に横浜アリーナ公演が決定した。もはや、アリーナクラスのバンドなのだ。こんなに早く、このバンドが成長するとは誰が想像していただろうか?
時代に選ばれしロックバンドの成長物語に一緒に歩めることに喜びを隠せない。その進化を感じるためにも必須の作品だ。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でROCKinNET.comをフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 『茅ヶ崎物語 ~MY LITTLE HOMETOWN~』からサザンがエロスを歌う…
  2. 【ヒットの勝算はネット戦略にあり?】恐怖のピエロ映画『IT』が公開第三週で興収首…
  3. THE ORAL CIGARETTES山中がビバラでUVERworld TAKU…
  4. 『娼年』の実写化で性に真剣に向き合った監督と、素っ裸で腰振りまくった松坂桃李に敬…
  5. 第10回 独断で選ぶ素晴らしい邦楽たちTOP10 2018

関連記事

  1. テレビ・芸能人

    NHK「第1回明石家紅白」を見て

    明石家さんま、ここにあり!流石です!さんまが歌番組をや…

  2. 邦楽

    KEYTALK新作「HOT!」が素晴らしすぎた!

    新世代バンドが次々現れ、エゲツナイほどの速さで取捨選択が行…

  3. 邦楽

    やはりサマソニのB’z抜擢は失敗だった?チケット売れ行きに見る揺るがないサマソニ洋楽至上…

    夏本番、いよいよフェスシーズン到来!去年チケット売れなかったフ…

  4. 邦楽

    大驀進中のWANIMAを見て安心する理由

    いつの間にかロックフェスに、センチメンタル系の生ぬるい音楽を奏…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気の記事

[PR]
  1. 邦楽

    実は失敗していたサザンの紅白!ユーミンとの奇跡の共演に助けられ拍手喝采!
  2. ニュース

    【フジから若者が消えた?】フェスの“聖地”フジロックが中高年化している問題。若者…
  3. ライブレポート

    ポール東京ドーム初日を観た!
  4. 邦楽

    毎年恒例の大発表!俺が勝手に選ぶ素晴らしき邦楽たち2016!
  5. ニュース

    アリアナ・グランデのライヴ会場で起こった爆発テロについて
PAGE TOP