邦楽

宇多田ヒカル8年ぶりの新作リリース決定

utd2016

宇多田ヒカルが、9月28日に8年ぶりとなる新作をリリースすることを発表しました。
同作には、今年4月にデジタルシングルとして同時配信され、国内外107冠を獲得した「花束を君に」と「真夏の通り雨」、2012年11月に配信リリースされた「桜流し」(『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』テーマ曲)などが収録されます。なお、この3曲は初のCD化で、これ以外の収録曲は全て新たに書き下ろされたものとなる予定だそうです。

CD不況の中、付属品勝負なところがあって、初回盤には、あの手この手でDVDやら握手券やら付けることが当たり前のようになってきましたが、今回の宇多田ヒカルの新作は販売形態が通常盤CD仕様1形態のみ!強気というよりも純粋に歌のみを届けるというヒッキーの歌手本来の姿勢に感銘を受けました。もちろん、レコード会社としては、それで売りが立つという確信あってこそのことなんでしょうけど。

もはや彼女の復活は、国民的大トピックス!日本中が彼女を待ってたわけです。
デビュー作を800万枚を売り上げたデビュー当初の<宇多田旋風>が再度吹荒れる予感!
そして、復活後、まだ公にその姿を現していません・・・彼女の今の姿も見たいですね!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でROCKinNET.comをフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. サザン40周年ライヴをLVで観る!~親近感こそサザン最大の魅力だと再確認する~
  2. 第10回 独断で選ぶ素晴らしい邦楽たちTOP10 2018
  3. 【全曲レビュー】桑田佳祐の最新作『がらくた』が凄過ぎた!大衆音楽ここに極まり!
  4. 13年ぶりロッキンに出演したサザンが凄かった!ROCK IN JAPAN史上最大…
  5. 安室奈美恵の引退ツアーを観る!世界中の賛美を彼女に贈りたい!

関連記事

  1. 邦楽

    サマソニに和田アキ子

    毎年必ず入れてくるブッ飛び要員。少女時代、TOKIO、…

  2. 映画

    『君の名は。』北米公開に合わせて主題歌の英語Ver.公開!

    本格的な北米公開に向けて主題歌「前前前世」の英語版が公開されま…

  3. 邦楽

    ヤバイTシャツ屋さん紅白急浮上で感じる2つの違和感

    最近の紅白では「フェス枠」が設けられているようなオリコンが実施…

  4. ライブレポート

    COUNTDOWN JAPAN 1718 3日目ライヴレポート

    フェスに行く度に連続十何年と敢えて言うようにしている。それは古…

  5. 邦楽

    ロッキンにサザン13年ぶりの降臨!昨年の桑田ソロに引き続きフェスに出る意味とは!

    もう狂喜乱舞! 大大大歓喜である!サザンオールスターズがR…

  6. 邦楽

    KEYTALKの八木にゃん

    遂に明日!KEYTALKの新作が発売します!1週間にわ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気の記事

  1. 邦楽

    サザン40周年ライヴをLVで観る!~親近感こそサザン最大の魅力だと再確認する~
  2. ライブレポート

    13年ぶりロッキンに出演したサザンが凄かった!ROCK IN JAPAN史上最大…
  3. 映画レビュー

    【映画鑑賞日記】ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス
  4. 映画レビュー

    果たして労働は悪なのか?『ちょっと今から仕事やめてくる』に見る現代社会の新価値観…
  5. 映画レビュー

    勝手に選ぶ今年良かった映画TOP10 2017大発表!
PAGE TOP