映画

驚愕のヒットを記録中の『パイレーツ・オブ・カリビアン』今回がラスト!

© 2017 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

あの『美女と野獣』を超える特大ヒット

シリーズ最高傑作の呼び声も高い『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』が絶好調である! 7月1日(土)・2日(日)の初週末2日間で興行収入10億4,800万円超という驚異的な記録をマーク。なんと、今年の特大ヒット作として春から首位を独占してきた、あの『美女と野獣』の初週末動員数(土日2日間)を超え2017年No.1のスタートダッシュとなった! しかも、2週目もその勢いは衰えず、興行収入26億1700万円超を記録。

プロデューサーが「次回予定なし」宣言

しかし、ここに来てファンから悲鳴が聞こえてきそうな噂が流れている(実際に俺は悲鳴を上げた)。同シリーズのプロデューサーであるジェリー・ブラッカイマーが同作に続くシリーズ第6弾を制作する予定は現状ないと話したというのだ!
参考出典:https://www.cinematoday.jp/news/N0092768

それでも信じたい第六弾!

そうは言っても「もう1本作りたいといつも思っている」と語るブラッカイマー氏。具体的な案がないだけだと信じたいところだが、旧三部作では続編ありきで企画が練られていたので、現状ないというのも真実味があるし、どこか不安要素だ。しかし、これだけのヒットを飛ばしている本作である。ビジネスにはがめつい(?)ディズニーが、そう簡単に終わらせるとも限らない。だって、あのスター・ウォーズでさえも復活させたのだから。しかも、本作から新キャラも登場し、シリーズに新たな風を吹かせることに成功させた。ここで終わらすには勿体無い話である。ただ、現在進行形でヒットを飛ばしてる本作だけに、続編を匂わすには時期早々という見方も出来る。

ジョニー・デップの人柄の良さ

余談だが、ブラッカイマー氏は主演もジョニー・デップについてこう語る。

ジョニーは自分の時間を他の人のために使うことにとても寛大で、クルーたちと写真を撮って、セットに来た彼らの妻や子供たちとも撮ってあげる。いつも障害のある子供たちをセットに招くんだ。アメリカで撮影していたある時は、彼はメイクのために朝6時に起きて、撮影が終わったのは夜8時頃だったのだが、ジョニーを一目見ようと1,000人くらいの人が待っていることを知ると、机と椅子を出してそこで2時間、集まった人たちと写真を撮って、サインをしてあげていた。彼はファンのことを愛していて、彼らのために時間を使うことを惜しまない
出典:http://www.tvgroove.com/news/article/ctg/2/nid/35637.html

デップの気遣いには脱帽するが、こういう現象も、もはやジャック・スパロウ人気と、同シリーズが世界的に愛されている証明ではないか。いつになるか分からないが、否応でも続編を期待しようではないか! ディズニー様、お願いしますッ!

(文・ROCKinNET.com編集部)
※無断転載・再交付は固く禁ずる。引用の際はURLとサイト名の記述必須。

[PR]


 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でROCKinNET.comをフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. ロック・イン・ジャパン2017 2日目ライヴレポート
  2. 想定外のラストに衝撃!『アベンジャーズ/インフィニティー・ウォー』で初めてアメコ…
  3. テレ朝スーパー戦隊の放送時間変更の暴挙は吉と出るか?
  4. 【追悼】アメコミ界の巨匠スタン・リー逝去~映画カメオ出演を振り返る~
  5. 『いぬやしき』興行失敗で垣間見える漫画原作映画の限界~世間はエグさに飽きている

関連記事

  1. 映画

    【速報】『ピッチ・パーフェクト』最終章が日本上陸決定!激レア写真解禁!

    また彼女たちに会える!見逃せない熱狂のラストステージが開幕!『…

  2. 映画

    ピーター死亡?アベンジャーズと違う?話題の映画『スパイダーマン:スパイダーバース』大解剖!

    先日のゴールデン・グローブ賞のアニメ部門で、ディズニー作品『シュガ…

  3. 映画

    GG賞でホアキン受賞時になぜビヨンセは立たなかったのだろう?

    今年のゴールデン・グローブ賞で見事ドラマ部門で…

  4. 映画

    『いぬやしき』興行失敗で垣間見える漫画原作映画の限界~世間はエグさに飽きている

    日本映画の元ネタとして漫画原作が多くなったのは何も今始まったこ…

  5. 映画

    石田衣良の『君の名は。』新海監督批判があまりに悪意に満ちてて呆れた件

    あまりに酷くて逆に可哀想になってきますね。作家の石田衣良が…

  6. ハリウッド

    スコセッシ監督のMCU批判は映画業界の行く末を案じた愛情表現だと思う

    スコセッシのマーベル映画に対する「映画じゃない」発言は衝撃的で…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気の記事

[PR]
  1. 邦楽

    勝手に選ぶ素晴らしい邦楽たちTOP10 2017
  2. ニュース

    またもコンサート会場が狙われる「米国史上最悪の銃乱射事件」から音楽ライヴ運営の将…
  3. 邦楽

    毎年恒例の大発表!俺が勝手に選ぶ素晴らしき邦楽たち2016!
  4. 映画

    日本アカデミー賞とかいう老害賞には文句しか出て来ない
  5. 邦楽

    松任谷由実「恋人がサンタクロース」がクリスマスは恋人と過ごす日という社会的呪縛を…
PAGE TOP