映画レビュー

【映画鑑賞日記】ジャングル・ブック

jungleb(C) 2016 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

この映画の凄いところは、少年一人が出演者ってところ。しかも無名の子役。そんな子供が相手役不在のまま、よくあそこまでの名演を魅せたと思うと奇跡とすら思えてきます。
そもそも、この映画のリアリティ・現実世界に存在するのは、彼のみです!
動物も、ジャングルをはじめとする景色すべても、実際には存在しないバーチャルだってことが信じられない。自分で見ている光景を疑ってしまいます。VFXここに極まり!と言わんばかりの高クオリティ。映像革新がこの映画の最大の魅力でしょう。

アニメ映画はコメディだったけど、この実写は悪役であるシアカーンの凶悪性を膨れ上がらせ、その恐怖を煽ることで作品全体に渡って危機感迫る、ハラハラドキドキ連続の冒険活劇として昇華させました。ディズニーの実写としてはNo.1の出来栄えと言って過言でないです!

とはいえ、ディズニーの実写化の成功例って実は少ないんです。
そもそもアニメで完結している隙のないキャラに成りきれる役者がいないから。
その点でいえば『101匹わんちゃん』の実写映画『101』で悪役クルエラ・デ・ビルを演じたグレン・クローズがダントツではまり役でした。
が、今回のモーグリ演じた少年は、それに次ぐ見事なはまり役だったと思います。まっすぐで、ジャングルで生きようとする生命力に溢れた瞳。あれは彼しか体現できないでしょう、よく見つけてきたもんです。

そんなモーグリの人間性を、この映画は存分に見せます。
モーグリが道具を使うんです。アニメでは、そういった人間性は一切削除されていました。
彼は人間として生きるべきか?オオカミとして生きるべきか?必要以上に問いただします。
その選択は、アニメとは違うものでエンディングを迎えますが、その結末には、いい加減にしつこいかもしれないけど、ディズニー映画のアナ雪以降の基軸とも言える<ありのまま>精神をど直球に投げかけるという、新解釈で構築させていました。この実写は<いま>を生きることを重要視しているようです。
あと、どうでもいいのですが伊勢谷祐介の吹き替え・・・酷過ぎです(下手の極み)
近所で字幕版がやってなかったのが最大の惜しい点ですね。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でROCKinNET.comをフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. ELLEGARDEN復活ライヴを観る!10年の活動休止の先にあった変わらない尊さ…
  2. 「時代遅れのRock’nRoll Band」を聴く
  3. 【速報ライヴレポ】ハリー・スタイルズ初ソロ来日公演を間近で観た!彼こそ時代の寵児…
  4. 13年ぶりロッキンに出演したサザンが凄かった!ROCK IN JAPAN史上最大…
  5. 何故「バルス現象」は起きるのか?その理由は日本特有の国民性と風土にあった!

関連記事

  1. 映画レビュー

    『アウトレイジ 最終章』は暴力映画ではなくコメディ映画だった(笑)

    日本人は“不良好きDNA”が流れている。昔悪かった自慢など何の意味…

  2. 映画レビュー

    『奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール』こそ民生を理解していない

    薄っぺらい映画だった。奥田民生に憧れる理由は凄く共感できる。自由奔…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気の記事

  1. 邦楽

    THE ORAL CIGARETTES山中がビバラでUVERworld TAKU…
  2. ハリウッド

    【勝手に大予想】ダニエル・クレイグ007卒業で次のボンドは誰になる?
  3. ライブレポート

    【即日ライブレポ】KEYTALKの横浜アリーナ公演は到達では無く“門出”だった!…
  4. 日記

    大雪なので雪の日に聴きたい楽曲を集めてみた!
  5. ハリウッド

    世界で大ヒット中の映画『スパイダーマン:ホームカミング』の主人公トム・ホランドの…
PAGE TOP