アカデミー賞

今年のオスカーの主役、実はマット・デイモンだったんじゃないか説

司会がジミー・キンメルと聞けば、自ずと頭をよぎるのがマット・デイモン!
二人の“確執コント”は、もはやアメリカでは国民的喧嘩と呼ぶに相応しいほどの人気です!
昨年のエミー賞でもやってましたね。
流石に、世界中が見守るアカデミー賞の壇上で、こんな米国のテレビの深夜番組でやっている内輪ギャグなんかやらないだろうって思っていたんですが、何の遠慮もなく振り切ってやってました(笑)

キンメルは「マットは製作者として『マンチェスター・バイ・ザ・シー』で6部門ノミネートさせた。けど、自分で主演できたのに、このオスカー級の役柄をケイシー・アフレック(主演男優賞を受賞)に譲り、自分は中国のポニーテール映画(チャン・イーモウ監督の『グレートウォール』のこと)に主演した。しかも、その映画は8,000万ドルの大赤字だ。(会場大爆笑)マヌケだな」と冒頭から絶好調!
挙句の果てには、『幸せへのキセキ』のマットをコケに降ろしたり、脚本賞でプレゼンターとして現れたマットが喋ると同時に、スピーチが長い受賞者に対してよくやる手段である「もう終われ」音楽を流すなど、完全にキンメル優勢モード、ま、気楽にアカデミー賞を楽しみたい派としては面白かったですけどね。
それに何よりも、この一連の喧嘩コントで、それまで堅物イメージしか無かったマット・デイモンの株は上がったように思えますし、プラスになったんじゃないかな。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でROCKinNET.comをフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. パリピが日常悩んでる嫌なことって何?ストレス溜めない極意がULTRA JAPAN…
  2. 第10回 独断で選ぶ素晴らしい邦楽たちTOP10 2018
  3. 実は失敗していたサザンの紅白!ユーミンとの奇跡の共演に助けられ拍手喝采!
  4. ロッキンにサザン13年ぶりの降臨!昨年の桑田ソロに引き続きフェスに出る意味とは!…
  5. 『茅ヶ崎物語 ~MY LITTLE HOMETOWN~』からサザンがエロスを歌う…

関連記事

  1. アカデミー賞

    主演女優賞大本命のグレン・クローズがまたもオスカーを逃した理由とは?

    『天才作家の妻』名演に関わらず今回も“無冠の女王”健在!『天才…

  2. アカデミー賞

    【君の名は敗北】アニー賞にジブリ最新作は内容よりコネクション力?

    アニメ界のアカデミー賞と呼ばれるアニー賞が発表されました。…

  3. アカデミー賞

    半漁人の勝利!90回目のオスカー発表!

    世界の価値観がこれほど動いたと感じさせるアカデミー賞は無かった…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気の記事

[PR]
  1. 邦楽

    実は失敗していたサザンの紅白!ユーミンとの奇跡の共演に助けられ拍手喝采!
  2. ライブレポート

    ポール東京ドーム初日を観た!
  3. ハリウッド

    【報酬額予想】相当稼いだだろう新スパイダーマンのトム・ホランドが確定申告で困って…
  4. 邦楽

    毎年恒例の大発表!俺が勝手に選ぶ素晴らしき邦楽たち2016!
  5. 邦楽

    月曜から夜遊びでマツコから「非イケメン宣言」受けたMy Hair is Bad椎…
PAGE TOP