ハリウッド

ルーカスがディズニー批判とSW新作「嫌い」発言で波紋

sw7

何かと賛否両論の『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』ですが、遂にジョージ・ルーカスが重い口を開けました・・・しかし、その内容は新作への不満と、自分がSWの全権利を米ディズニーに売却したことを「奴隷業者に売ってしまった」と嘆いたことで、今や米エンタメ業界が騒然としています。
ルーカスは「奴隷業者」発言こそ謝罪したそうですが、SWの生みの親である彼の言葉が本作の批判をより強めるのではないかなと個人的には思っております。

「私はSWを単なるSF映画だとは思っていない。SWは全ての家族の問題を描いているんだ。ところがディズニーはSWを、ファンを喜ばせるためのレトロ(懐古趣味)なSF作品にしようとしていた・・・」
確かにそれはあります。要は「フォースの覚醒」は冒険していないんです。これは映画評でも発言しましたが、過去のキャラへの敬愛が強すぎて、がゆえに新しい登場人物に魅力もなく、真新しさも無かった。

また、ディズニーはルーカス氏のアイデアをボツにことで、完全にルーカスは手を引く形に。
産業映画の代表格には変わりないんだけども、その内容はあくまでルーカスイズムを引き継いだものとして発展していってほしいと思うんですけどね。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でROCKinNET.comをフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 『君の名は。』のハリウッド実写化が失敗すると断言したい理由
  2. 年収50億のジョニー・デップが破産寸前な理由とは!~お金について考える
  3. ポール東京ドーム初日を観た!
  4. ノエル兄貴「ロックが衰退したのは『フレンズ』が原因」と独自の分析を披露!
  5. アリアナ慈善LIVE「One Love Manchester」を観て感じたこと

関連記事

  1. ハリウッド

    ハリー映画初出演作『ダンケルク』のノーラン監督「ここまでハリーが人気とは知らなかった」

    『ダーク・ナイト』『インターステラー』などヒット作、話題作を手…

  2. ハリウッド

    ポール『パイレーツ・オブ・カリビアン』最新作に出演決定

    ポール・マッカートニーが、『パイレーツ・オブ・カリビアン』…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気の記事

[PR]
  1. ハリウッド

    【ヒットの勝算はネット戦略にあり?】恐怖のピエロ映画『IT』が公開第三週で興収首…
  2. 邦楽

    安室奈美恵の引退への想い~安室という現象が現代の日本女性像を変えた~
  3. ライブレポート

    13年ぶりロッキンに出演したサザンが凄かった!ROCK IN JAPAN史上最大…
  4. グラミー賞

    今年のグラミー賞で明確になった黒人音楽(RAP/HIPHOP)劣勢の事実と、ブル…
  5. ハリウッド

    【追悼】アメコミ界の巨匠スタン・リー逝去~映画カメオ出演を振り返る~
PAGE TOP