邦楽

AKB48がB’zを抜かしシングル売上歴代トップに!

握手券・投票権による実績なんだと思いますが
俺なんかはAKB48自体をそこまで騒ぐほど可愛いと思ったことがないので
たとえ特典商法だとしても、よくここまで売れたな!と逆に感心したりします。
乃木坂は純粋に可愛いと俺は推しますけど(笑)

B’zでさえも何枚もベスト盤出したりして、売上トップの座に居座るためのえげつない系商法をしてきた歌手ではあるけど、これを越えるっていうのは、既に20年前の時点でさえも、この先、絶対にあり得ないと思ってたし、ましてこんなCD不況の時代に起き得るもんなのか~と、音楽も何がどう当たるか分からないもんだなと、しみじみします。

作戦勝ち・ビジネス勝ちと言ったらそれまでだけど、AKBってメンバー変わりますよね?桑田佳祐が、桜井和寿が、松任谷由実が、音楽をやってるのとは全然違う。時代の変化や、そういうものと堂々と対峙しているアーティストの実績とは類が違います。前田敦子が老けても売れてるか?大島優子が何十年も第一線を張れるか?そういうことだと思います。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でROCKinNET.comをフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 半漁人の勝利!90回目のオスカー発表!
  2. ワン・ダイレクションのソロ実績がビートルズに並ぶ!活動休止後の各メンバーの成績も…
  3. 【ライヴレポ】ワンオク初の東京ドーム公演で見た“世界基準のバンドの風格”に圧倒さ…
  4. 『いぬやしき』興行失敗で垣間見える漫画原作映画の限界~世間はエグさに飽きている
  5. 【速報ライヴレポ】ハリー・スタイルズ初ソロ来日公演を間近で観た!彼こそ時代の寵児…

関連記事

  1. 邦楽

    やはりサマソニのB’z抜擢は失敗だった?チケット売れ行きに見る揺るがないサマソニ洋楽至上…

    夏本番、いよいよフェスシーズン到来!去年チケット売れなかったフ…

  2. 邦楽

    男性ソロ歌手は大ブレイクしにくい理由について考える

    オリコンに気になる記事がありましたここ数年、音楽業界の関係…

  3. ニュース

    ピエール瀧騒動で垣間見えた石野卓球の凄さと日本社会の電気愛

    平成も終わろうとしている今年の三月、日本に衝撃が走った。電…

  4. 邦楽

    歓喜!感涙!青春カムバック!ELLEGARDENが10年の時を経て奇跡の大復活!

    夢を見ているのかと思った。2018年5月10日、ELLEG…

  5. 邦楽

    a flood of circleに“また”新メンバー加入!「俺が最後のギタリストだ~」と叫んでファ…

    彼らが出てきた時は「ミッシェル・ガン・エレファントの再来か?」…

  6. 邦楽

    大驀進中のWANIMAを見て安心する理由

    いつの間にかロックフェスに、センチメンタル系の生ぬるい音楽を奏…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

[PR]

人気の記事

  1. ハリウッド

    もはや超人!『ミッション・インポッシブル/フォールアウト』の撮影舞台裏を知ればト…
  2. ハリウッド

    【勝手に大予想】ダニエル・クレイグ007卒業で次のボンドは誰になる?
  3. ライブレポート

    安室奈美恵の引退ツアーを観る!世界中の賛美を彼女に贈りたい!
  4. ライブレポート

    【フジロックレポート】FUJI ROCK FESTIVAL ’18で…
  5. ニュース

    【歌姫から伝説へ】安室奈美恵に25年分の感謝を!さよなら、ありがとう安室ちゃん!…
PAGE TOP