邦楽

活動終了のBOOM BOOM SATELLITESにアーティストからコメント続々

川島道行の体調の問題により活動終了を発表したBOOM BOOM SATELLITES。
彼らの最後の作品リリースとこれまでの活動に対する労いのコメントが到着したようです。
日本ダンス・ミュージックのレジェンドからロック界のカリスマまで、幅広い人脈を見ていると、彼らの音楽の偉大さと影響の大きさをひしひしと実に染みて感じます。

BOOM BOOM SATELLITESとは何のか?
サマソニで多くの洋楽アーティストを退き、完璧なパフォーマンスをこなしていた姿を何度も観て、世界基準のアーティストと確信しました。つい2年前のVIVA LA ROCKの企画で川島氏が「ピンクスパイダー」を歌っていた姿を見れたことは貴重な体験だったんだなと改めて感動を覚えています。素晴らしいダンスロックの礎を築いたお二人に感銘します。

●電気グルーヴ
独自のスタンスで独自の美学とサウンドで活動していたかっこいいグループだと思います。同じ時代に共に活動し光栄なことでした。お疲れ様でした。
●細美武士
新作のEP滅茶苦茶かっこよかったです。二人の人柄と、媚びない姿勢、戦い抜く強さみたいなもの様々なものを頂いております。川島さんのことはお兄ちゃんだと思っております。また早く会いたいです。19年間本当にお疲れ様でした。
●TK from 凛として時雨
中野さんには、エンジニアリングや音の造り方など、本当にたくさんの相談に乗っていただいて音楽活動に影響をもらいました。新作を聴いて、曲が作りたい、音楽に触れたいと思うようになりました。どの瞬間にも生命力が宿ってる作品だと思ってると思いました。本当にたくさんの作品に出会わせて頂いたことに感謝しております。ありがとうございました。
●ケンイシイ
新作のEPを聴き、高揚感とかトリッピーな感じが境地に達してる感じがしました。70年代のドイツのクラウド・ロックのムーヴメントとを感じさせる特別なものを感じました。同じ時代を同じように生きた音楽仲間として、お疲れ様と伝えたいです。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でROCKinNET.comをフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 2018年も大活躍間違いなし“次世代イケメン俳優”を青田刈り!
  2. 『君の名は。』のハリウッド実写化が失敗すると断言したい理由
  3. 安室奈美恵の引退への想い~安室という現象が現代の日本女性像を変えた~
  4. ポール東京ドーム初日を観た!
  5. テレ朝スーパー戦隊の放送時間変更の暴挙は吉と出るか?

関連記事

  1. 邦楽

    サザン復活で注目される、とあるバンド!~桑田を名乗っちゃ駄目~

    サザン復活で賑わってる中、「READ ALOUD」というバンド…

  2. ライブレポート

    COUNTDOWN JAPAN 1718 4日目ライヴレポート

    夢のような時間は過ぎるのも早く。その時間は儚い。このフェスが開…

  3. 邦楽

    遂にサザン超え!SMAP「世界に一つだけの花」が歴代3位に!

    1位 453万6400枚「およげ!たいやきくん」子門真人(…

  4. 日記

    大雪なので雪の日に聴きたい楽曲を集めてみた!

    2018年1月22日珍しく大雪だった。関東地方は大騒ぎ。交…

  5. 邦楽

    UVERworldのTAKUYA∞が入籍!

    昨年からフェスに出場したりと生まれ変わったかのように大躍進…

  6. 邦楽

    桑田佳祐が選ぶ2016年邦楽シングルベスト20

    以下、桑田佳祐のコメントと共に、そのままレポートします。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

[PR]

人気の記事

  1. ニュース

    遂にNYタイムズ誌まで?ガキ使の黒塗りメイク批判は行き過ぎだと思う理由!
  2. ハリウッド

    【実は悪事を働いていない?】『美女と野獣』の悪役ガストンから読み解く、強さを求め…
  3. ニュース

    映画『アントマン』では味方だった猛毒蟻“ヒアリ”について徹底解説!
  4. 邦楽

    月曜から夜遊びでマツコから「非イケメン宣言」受けたMy Hair is Bad椎…
  5. ハリウッド

    年収50億のジョニー・デップが破産寸前な理由とは!~お金について考える
PAGE TOP