邦楽

活動終了のBOOM BOOM SATELLITESにアーティストからコメント続々

川島道行の体調の問題により活動終了を発表したBOOM BOOM SATELLITES。
彼らの最後の作品リリースとこれまでの活動に対する労いのコメントが到着したようです。
日本ダンス・ミュージックのレジェンドからロック界のカリスマまで、幅広い人脈を見ていると、彼らの音楽の偉大さと影響の大きさをひしひしと実に染みて感じます。

BOOM BOOM SATELLITESとは何のか?
サマソニで多くの洋楽アーティストを退き、完璧なパフォーマンスをこなしていた姿を何度も観て、世界基準のアーティストと確信しました。つい2年前のVIVA LA ROCKの企画で川島氏が「ピンクスパイダー」を歌っていた姿を見れたことは貴重な体験だったんだなと改めて感動を覚えています。素晴らしいダンスロックの礎を築いたお二人に感銘します。

●電気グルーヴ
独自のスタンスで独自の美学とサウンドで活動していたかっこいいグループだと思います。同じ時代に共に活動し光栄なことでした。お疲れ様でした。
●細美武士
新作のEP滅茶苦茶かっこよかったです。二人の人柄と、媚びない姿勢、戦い抜く強さみたいなもの様々なものを頂いております。川島さんのことはお兄ちゃんだと思っております。また早く会いたいです。19年間本当にお疲れ様でした。
●TK from 凛として時雨
中野さんには、エンジニアリングや音の造り方など、本当にたくさんの相談に乗っていただいて音楽活動に影響をもらいました。新作を聴いて、曲が作りたい、音楽に触れたいと思うようになりました。どの瞬間にも生命力が宿ってる作品だと思ってると思いました。本当にたくさんの作品に出会わせて頂いたことに感謝しております。ありがとうございました。
●ケンイシイ
新作のEPを聴き、高揚感とかトリッピーな感じが境地に達してる感じがしました。70年代のドイツのクラウド・ロックのムーヴメントとを感じさせる特別なものを感じました。同じ時代を同じように生きた音楽仲間として、お疲れ様と伝えたいです。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でROCKinNET.comをフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 【大混戦】#TimesUp運動の影響で本年度オスカー主演男優賞はティモシー・シャ…
  2. アリアナ慈善LIVE「One Love Manchester」を観て感じたこと
  3. 【ライヴレポ】ワンオク初の東京ドーム公演で見た“世界基準のバンドの風格”に圧倒さ…
  4. 遂にNYタイムズ誌まで?ガキ使の黒塗りメイク批判は行き過ぎだと思う理由!
  5. 『君の名は。』のハリウッド実写化が失敗すると断言したい理由

関連記事

  1. 邦楽

    同性代が感じる嵐の活動休止に対する共感

    嵐が2020年末を以て活動休止することが発表された。ファン…

  2. ライブレポート

    ビクターロック祭り2018に行く

    今年で五年目を迎える「ビクターロック祭り」に今年も行った。…

  3. テレビ・芸能人

    パクリでもパロディでもいいが二番煎じ感が一番ダサい

    オリエンタルラジオの「PERFECT HUMAN」が中高生の間…

  4. ニュース

    【祝・金メダル】羽生結弦選手のワンオク愛が止まらない!五輪王者が勝つために聴いてた楽曲とは!

    もはや国宝級スターとなった二大会連続金メダル獲得した羽生結弦選…

  5. 邦楽

    何故、サザンは政治を歌ったのだろうか?

    恋をテーマにした夏曲とか、お家芸ともいえるアッパーなエロ曲を書…

  6. 邦楽

    歓喜!感涙!青春カムバック!ELLEGARDENが10年の時を経て奇跡の大復活!

    夢を見ているのかと思った。2018年5月10日、ELLEG…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

[PR]

人気の記事

[PR]
  1. ハリウッド

    【追悼】アメコミ界の巨匠スタン・リー逝去~映画カメオ出演を振り返る~
  2. 映画

    是枝監督『万引き家族』がカンヌで最高賞!カンヌにおける日本映画の歴史と、今回の受…
  3. ハリウッド

    世界各国で記録的ヒットの『ブラック・パンサー』は何故ここまでの現象になったかを勝…
  4. 邦楽

    月曜から夜遊びでマツコから「非イケメン宣言」受けたMy Hair is Bad椎…
  5. グラミー賞

    今年のグラミー賞で明確になった黒人音楽(RAP/HIPHOP)劣勢の事実と、ブル…
PAGE TOP