映画レビュー

【映画鑑賞日記】ドント・ブリーズ

dontbrethe

20年に一度のホラー映画と言うから期待していったんですが肩透かしを食らった気でいます。

話題だと言うので、わざわざ電車で遠出して隣県の映画館で鑑賞したのですが、劇場内は満席で何故か高校生だらけだったんです、別にいいんですけど、奴ら、うるせーの、なんのって(笑)
「え!やばいんだけど!」「やばいって!」「やばくない?」やべーの大合唱!
俺としては劇場内の鑑賞マナーを守れないお前らが一番「やべーよ」と言ってやりたかったのですが、返り討ちに遭ってはたまったもんじゃないと我慢してました。

そうなんです、この映画は事故により娘を失い、加害者の女性がリッチな家の娘だったことで数百万ドルを手にした盲目の元軍人の老年男性の家に、若者三人が金銭目当てで泥棒に入ったんだけど、爺さんの<返り討ち>に遭うというホラー系スリラーなんです。盲目の元軍人なので、音だけが鍵となるわけですよね、なので息もできないほどの緊迫感漂うことが売りの映画。
唯一の及第点としては、その無音の使い方がうまかったかなと。
ちなみに、軍人の爺さんは『アバター』で仮想現実世界を破壊しまくったアノ隊長です。

そう話すと完全に爺さんが悪者扱いなんですが、俺としてはどうしても強盗に入った若者が悪いとしか思えない。自業自得としか思えない。身体的な障害を持った老人の家に、金銭目的で、しかも銃片手に入るとか、たとえ、若者たちにも事情があったにせよ、強盗入った時点でOUTだろって。
貧困から酷い生活を強いられる主人公の女性を描いてますが強盗の理由にはならない。

歴代には、『13日の金曜日』『悪魔のいけにえ』『ミザリー』『オーメン』『シャイニング』など、ひっくり返りそうなホラー映画ってたくさんありました。鑑賞後に胃もたれしそうなくらい不快感指数高いやつね。
そういうのに比べたら、やっぱ設定が甘い。善悪の境界が曖昧。
それでも話題になるってことは、最近こういう話題のホラー映画が減ってきたことに起因すると思います。現代っ子は、ホラー耐性が弱くなってるのかな。それも、やべーな。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でROCKinNET.comをフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. エルレ細美が「待った!」転売野放し・・・チケットだけじゃないライヴ物販問題を考え…
  2. 『ブラック・パンサー』を観た!社会風刺と娯楽性が融合したマーベルの新傑作が誕生し…
  3. 『いぬやしき』興行失敗で垣間見える漫画原作映画の限界~世間はエグさに飽きている
  4. 遂に日本国内興収100億円突破!『ボヘミアン・ラプソディ』はアカデミー賞を獲れる…
  5. テレ朝スーパー戦隊の放送時間変更の暴挙は吉と出るか?

関連記事

  1. 映画レビュー

    『新聞記者』松坂桃李が出演したから映画として面目が保たれたと思うよ

    最近のネット界隈に疲れている。狂信的に現政党を支持するネトウヨ…

  2. 映画レビュー

    『ボヘミアン・ラプソディ』最高の伝記映画にして最高の音楽追体験のできる大傑作!

    身震いがした。全身の細胞が躍動しているのが分かった。それだけの…

  3. 映画レビュー

    『バリー・シール/アメリカをはめた男』を見て感じた、貯蓄額の多さと幸福度指数は比例しない!

    まさに狂想曲。金に物を言わされ、米国そのものに踊らされるバリー・シ…

  4. 映画レビュー

    【映画鑑賞日記】劇場版 動物戦隊ジュウオウジャーVSニンニンジャー 未来からのメッセージ from …

    「ジュウオウジャーVSニンニンジャー」製作委員会 ©石森プロ・テレビ朝…

  5. 映画レビュー

    【映画鑑賞日記】劇場版 動物戦隊ジュウオウジャー ドキドキサーカスパニック!

    ©2016劇場版「ゴースト・ジュウオウジャー」製作委員会 ©2016 …

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

[PR]

人気の記事

[PR]
  1. 映画

    何故「バルス現象」は起きるのか?その理由は日本特有の国民性と風土にあった!
  2. 音楽

    【この夏も話題独占】ジャスティン・ビーバーの恋愛遍歴を振り返り!
  3. ハリウッド

    今夏最大の話題作『パワーレンジャー』に同性愛描写で再び波乱の予感
  4. ハリウッド

    【報酬額予想】相当稼いだだろう新スパイダーマンのトム・ホランドが確定申告で困って…
  5. ライブレポート

    【ライヴレポ】ワンオク初の東京ドーム公演で見た“世界基準のバンドの風格”に圧倒さ…
PAGE TOP