ライブレポート

ビクターロック祭り

ビクターレコード所属のミュージシャンが集うフェス。
サザンとSMAPだけじゃないんだというビクターの曠然さを見せ付けられた。思えば、部屋のCDラックを視線でなぞっていくとビクターのマークの多いことに驚いたこともあったくらい、実は無意識のうちに俺はかなりのビクター通らしい(笑)

●Cocco
実に11年ぶりのCocco。あの細い体の何処からあんな歌声が出るんだ・・・
命掛けてステージに立ってる感じがシンガーとして美しさを際立たせている。
●KEYTALK
最新作「PARADISE」で何枚もロックバンドとして皮剥けた感がある。
観客から、ロック界から、レーベルからも、愛されてるバンドだなと感じた。
●四星球
こういう予測不能な暴走バンドがいた方が面白い。次はじっくり見ます。
●Dragon Ash
好きだとか嫌いだとか別にして必ず見るのはハズレを見たことがないから。
貫禄と安定さに拍手。毎回kjはステージにいると観客に約束をする。もはや仲間。
●レキシ
稲穂の数が今まで見た光景で最も多かった。浸透してるのか?
抱腹絶倒!もはや芸人!レキシ以上のエンターテイナー(←言い過ぎ)はいない!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でROCKinNET.comをフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 【フジから若者が消えた?】フェスの“聖地”フジロックが中高年化している問題。若者…
  2. アナタが行くヤツ、それ本当にフェス?フジロックが世界の最重要フェス3位に選出!
  3. 『茅ヶ崎物語 ~MY LITTLE HOMETOWN~』からサザンがエロスを歌う…
  4. アリアナ慈善LIVE「One Love Manchester」を観て感じたこと
  5. 【大混戦】#TimesUp運動の影響で本年度オスカー主演男優賞はティモシー・シャ…

関連記事

  1. ライブレポート

    【ポップ・ミュージックの理想郷】桑田佳祐「がらくたツアー」東京ドーム2日目を観る!

    冷静に部屋を見渡すと、本当に生きる上で必要な物の少なさに驚く。…

  2. ライブレポート

    JAPAN JAM BEACH 2016

    GWに毎年開催されているrockin'on主催のJAPAN…

  3. ライブレポート

    時代の寵児チャーリー・プースの日本初ツアーを観た!

    彼の音楽は実に純粋である。純粋というのは真新しさや時代に媚びて…

  4. ライブレポート

    ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2017 4日目ライヴレポート

    いよいよ今年のロッキンも最終日である。後半週は、天気予報では雨…

  5. ライブレポート

    ひたちなか終了!

    ってわけで、ROCK IN JAPAN 2012終了!…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気の記事

[PR]
  1. 邦楽

    CDJ1819で大量発生した「あいみょん地蔵」で垣間見えた若いマナー違反客の現実…
  2. 音楽

    ジャスティン・ビーバー新曲のスペイン語が歌えず大ヒンシュクからのブーム化
  3. ライブレポート

    【ライヴレポート】ポール・マッカートニー(2018/11/1@東京ドーム)
  4. 音楽

    アリアナ慈善LIVE「One Love Manchester」を観て感じたこと
  5. ハリウッド

    SW史上最大の被害者?ダース・モールその悲劇の人生を徹底解析!
PAGE TOP