ライブレポート

10年ぶりの年越しライヴにてサザンの覚悟を観た!

sas2014live

サザンの今年の活動を締め括る年越しライヴ「ひつじだよ!全員集合!」に行ってきました。
もはや感想とか一切必要ないレベルの究極過ぎるエンターテイメント!
サザンのライヴがJ-POPにおけるエンターテイメントの最高峰であることは言うまでもなく、本当に至福の時間を過ごすことが出来たと思っております。

この年越しライブでは、普段、滅多にやらない激レア曲、特に目立ったのが名作「KAMAKURA」からの選曲、サザンが生身のバンドとして最盛期を迎えていた、あの頃の楽曲が多かったです。
桑田佳祐は以前、サザンには楽曲が山ほどある、しかし、それを掘り起こして順番変えてツアーやる気はないと言ったことがあります、しかし、今回は敢えてそれをしました。これはサザンを復活させ、今後もサザンをやる並々ならぬ覚悟、意思のように思えます!
予想外のセットリストで怒涛の激ブチアゲ楽曲の連投に完全ノックアウトでした!

今年は新曲「東京VICTORY」の成功、紫綬褒章の受賞(ライヴでは「ラブ・ユー・東京」の替歌で観客・スタッフに感謝を告げるパフォーマンスも)と国民的バンドを実証する年でした。
来年には10年ぶりのアルバム発表と、全国ツアーを匂わす発言もあり・・・
この快進撃は、2015年へ続くってことでしょうか?来年が楽しみです!!!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でROCKinNET.comをフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. テレ朝スーパー戦隊の放送時間変更の暴挙は吉と出るか?
  2. ワン・ダイレクションのソロ実績がビートルズに並ぶ!活動休止後の各メンバーの成績も…
  3. 『茅ヶ崎物語 ~MY LITTLE HOMETOWN~』からサザンがエロスを歌う…
  4. パリピが日常悩んでる嫌なことって何?ストレス溜めない極意がULTRA JAPAN…
  5. 安室奈美恵の引退への想い~安室という現象が現代の日本女性像を変えた~

関連記事

  1. 日記

    アナタが行くヤツ、それ本当にフェス?フジロックが世界の最重要フェス3位に選出!

    夏本番! 真っ盛り! フェスシーズン到来!夏フェス好きで、…

  2. 邦楽

    遂にサザン超え!SMAP「世界に一つだけの花」が歴代3位に!

    1位 453万6400枚「およげ!たいやきくん」子門真人(…

  3. ライブレポート

    THE YELLOW MONKEY復活ライブを観る!

    まさに電撃的という印象だった今年初旬のTHE YELLOW…

  4. ライブレポート

    【UVERworld、ホルモン、フィッシャーズ】ROCK IN JAPAN 2019 4日目 ライブ…

    国内最大級動員フェスのロッキンが20周年を迎える!今年で20年…

  5. 邦楽

    ヤバイTシャツ屋さん紅白急浮上で感じる2つの違和感

    最近の紅白では「フェス枠」が設けられているようなオリコンが実施…

  6. ライブレポート

    安室奈美恵を観た!

    今年は多くのアーティストが●周年記念だったそうなのですが…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気の記事

[PR]
  1. 邦楽

    松任谷由実「恋人がサンタクロース」がクリスマスは恋人と過ごす日という社会的呪縛を…
  2. ニュース

    原爆シャツ騒動でMステ出演中止になったBTSが犯した罪とは?
  3. ハリウッド

    【勝手に大予想】ダニエル・クレイグ007卒業で次のボンドは誰になる?
  4. ライブレポート

    ELLEGARDEN復活ライヴを観る!10年の活動休止の先にあった変わらない尊さ…
  5. ハリウッド

    2018年も大活躍間違いなし“次世代イケメン俳優”を青田刈り!
PAGE TOP