音楽

何故ハリーはソロ一発目で絶望を歌ったのか?

高音ボイスが印象的な壮大なロック・アンセムで幕を開けたハリー・スタイルズ。
その歌声の美しさに世界中が酔いしれたことだろうが、ソロ一曲目である「Sign of the Times」は歌詞もさることながら、非常に暗いテーマ性を持っている楽曲である。

We never learn, we been here before
いつまで経っても学べない
Why are we always stuck and running from
いつまで経っても立ち往生
The bullets?
弾丸は
The bullets
避けれない

Just stop your crying
泣くだけじゃ
It’s a sign of the times
世界は変わらない
We gotta get away from here
ここから離れないと
We gotta get away from here
ダメな気がするよ

何故、彼ほどのスターがバリバリのPOPでなく、絶望から自身のソロ活動を始めたのか?
ハリーは米ローリング・ストーン誌にこう答えている。「今の世の中で起きていることで僕を傷つけるのは、そのほとんどが政治的なものではなくて、もっと根本的なものなんだ。権利の平等とかさ。人種でも性別でも、すべての人にとってね」・・・ナショナリズムが横行する世界への警告とも捉えられる発言である。

とにかく社会的なメッセージ性の強い曲だなと思うと同時に、この曲を初のソロに選んだハリーの狙いは、自身のボウイ化かなと思った。70’sにアイドルから影響力を持ったミュージシャンに変貌を遂げたデヴィッド・ボウイの若かりし頃の姿をどこか彷彿とさせるものがある。ハリーほどの現代におけるスターなら説得力もある。彼はもはやアイドルという容易なジャンルで括ることの出来ない存在になっていた。ソロになって、楽曲を聴き、ようやく気付く。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でROCKinNET.comをフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. アナタが行くヤツ、それ本当にフェス?フジロックが世界の最重要フェス3位に選出!
  2. UVERworldの男祭り遂に東京ドーム実現!でも女性CREWからブーイング?
  3. 『ブラック・パンサー』を観た!社会風刺と娯楽性が融合したマーベルの新傑作が誕生し…
  4. 年収50億のジョニー・デップが破産寸前な理由とは!~お金について考える
  5. 第10回 独断で選ぶ素晴らしい邦楽たちTOP10 2018

関連記事

  1. 音楽

    Avicii日本を堪能「この国に恋してしまったよ」

    おそらくこの国のEDM系のライヴでは、あのULTRAをも優…

  2. 音楽

    今年のサマソニもヤバい!

    こんなもん、行かないわけがないでしょww何にって、今年のサ…

  3. 音楽

    The 1975のマシュー同性愛禁止のドバイで男性客にキスの流石な行動!

    反LGBTQ法に抗議して自ら同性とキスしちゃう先日のサマソニで…

  4. 音楽

    これまでのマイ・ベスト・アルバムを振り返る!

    これまでの独断と偏見で勝手に選んだMy Best Albumの歴史を振…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気の記事

  1. テレビ・芸能人

    テレ朝スーパー戦隊の放送時間変更の暴挙は吉と出るか?
  2. ライブレポート

    METROCK 2017 1日目完レポ
  3. ニュース

    アリアナ・グランデのライヴ会場で起こった爆発テロについて
  4. ハリウッド

    【SW神話崩壊?】北米で『ハン・ソロ』の興行収入が大コケ!その理由とは?
  5. ニュース

    遂にNYタイムズ誌まで?ガキ使の黒塗りメイク批判は行き過ぎだと思う理由!
PAGE TOP