ニュース

アリアナ・グランデのライヴ会場で起こった爆発テロについて

image source:http://www.rollingstone.com/music/news/ariana-grande-blasts-gender-double-standards-slut-shaming-20150608


現代の世界的トップ・ディーヴァであるアリアナ・グランデのコンサート会場で爆発テロがあった。コンサートが終わった直後の通路で爆発が起こり、多くの犠牲者を出した大惨劇になった。その中には子供も含まれていたという。

音楽を愛する者として憤りを感じる。ライヴに多く赴く者として恐怖を感じる。
娯楽や表現を何よりも支持する者として、これほどやるせない事件はない。虚無感すら感じる。それは、事件に対するあまりのおぞましさや、暴力を前に、音楽やショウビズの存在価値を否定されたことから来ているのかもしれない。こういう事件は対岸の火と思ってはいけない。私もサマソニでアリアナを観たことあるし、昨年末に中止になった、さいたまアリーナの公演も行く予定だった。
今回の事件は決してアリアナだから起こったわけでもないし(アリアナは人気だからとか、そんな強引で馬鹿げた理由付けが許されるわけない)、歌手である彼女とテロは何の因果も無いのだが、私が見たアリアナのステージ時に同様のテロが起きてたら・・・と考えると決してすぐ海外の出来事だと消化されるものでない。

音楽というものは基本的に聴き手の感性をより良い物にしようというメッセージである。それが広がって、その人の人生を。もっと広がって、世界を・・・である。それを邪魔するなよ!

アリアナも相当ショックであろう。
ほぼ寝れていない状態が続いているという。
当然だ、自分を愛してくれる何の罪もない人間が犠牲になったのだから、当の本人としてはどんな感情を持ったらいいのか、想像を絶するものがあるだろう。

言葉が無いという彼女の言葉がリアリティだ。
今の彼女にテロに屈するなというのは無責任だ。音楽は戦いツールではないから。


心が痛みます。本当に本当に心の底から心苦しいです。言葉がありません。

何故、アリアナがsorry(謝罪の意味でなく悲しみに近い意味)と言わねばならないのか・・・
世界中のショウビズ界は岐路に立たされている。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でROCKinNET.comをフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 13年ぶりロッキンに出演したサザンが凄かった!ROCK IN JAPAN史上最大…
  2. ロッキンにサザン13年ぶりの降臨!昨年の桑田ソロに引き続きフェスに出る意味とは!…
  3. 『ブラック・パンサー』を観た!社会風刺と娯楽性が融合したマーベルの新傑作が誕生し…
  4. ノエル兄貴「ロックが衰退したのは『フレンズ』が原因」と独自の分析を披露!
  5. KEYTALKの八木氏はナゼ愛されるのか?その無敵な愛嬌の謎と八木氏のドラムテク…

関連記事

  1. ニュース

    新型コロナ自粛ムードで脚光を浴びる楽曲「HANDCLAP」って何?

    新型コロナ自粛ムードで脚光を浴びる「HANDCLA…

  2. 音楽

    大関昇進?マライア・キャリーが100kg超!歌えぬ豚は、ただの豚状態!

    マライアが米国におけるショウビズ界で多大な功績を残したディーヴァで…

  3. ニュース

    ピエール瀧騒動で垣間見えた石野卓球の凄さと日本社会の電気愛

    平成も終わろうとしている今年の三月、日本に衝撃が走った。電…

  4. ニュース

    急激にハロウィンが盛り上がったのは恋人不要だから説

    遂にバレンタインを超える経済効果らしい。1200億とか。今…

  5. 音楽

    Earth,Wind & Fire

    俺が高校の時なので18年ほど前・・・なんのブームも起こって…

  6. 音楽

    エアロスミスが大阪の路上ライヴに飛び入り参加w

    エアロスミスのスティーヴン・タイラー(Vo.)が先週、深夜の大…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気の記事

[PR]
  1. 映画レビュー

    俺が勝手に選ぶBEST映画2016
  2. ニュース

    今年2018年のサマソニがガラガラの異常事態!~その原因を探ってみた
  3. ハリウッド

    【SW神話崩壊?】北米で『ハン・ソロ』の興行収入が大コケ!その理由とは?
  4. ライブレポート

    【ライヴレポート】ポール・マッカートニー(2018/11/1@東京ドーム)
  5. 音楽

    【この夏も話題独占】ジャスティン・ビーバーの恋愛遍歴を振り返り!
PAGE TOP