ニュース

トランプ当選の衝撃が米国を真っ二つにしてしまった

americateen

誰も予想していなかった結果に、ラジオもテレビも、まるで葬儀のような暗さになっている。そんな衝撃が走った翌日のNYは雨のようだ。マンハッタンの90%がヒラリー候補に投票したとのことで、まるでこの街の有権者の心情を反映しているようだとのこと。
先日も少し触れたけど、白人、男性、高齢層の支持が中心でトランプは当選した。
しかし、全米の18~25歳の投票率を見ると・・・ほぼ真っ青(民主党のカラー)。
得票数もヒラリーがトランプを20万票以上多かったとのこと。要は選挙人制度の結果。

いま米国ではトランプ当選に対するデモが各地で行われている。
重傷者も出ていたり、デモ中に銃撃もあるとかで、いよいよ見過ごせない状況。
白人至上主義団体も何を勘違いしたか、自分たちの存在が認められたと叫んでいる。過激化が危惧される。
トランプ支持者とヒラリー支持者が口論している報道を見て、今回の選挙結果が米国を真っ二つにしてしまったように見えた。まるで内紛状態だ。
この調子でトランプ大統領は4年間も支持率を一定の水準にkeepできるとも思えない。

この結果は、もはや世界がグローバルリズムの限界なのかな?とも感じたのだけども。
何より、これだけ多様性が謳われるようになった時代、マイノリティに肯定的な社会の仕組が整い始めたというのに、排他的な価値観を持った人間が世界のリーダーになったことには残念としか言いようがない。米国関連で、これだけ衝撃を受けたのは9.11以来だ・・・あとはカニエがテイラーのスピーチを妨害した時以来、なんて冗談を言えるようになるまで米国の傷が癒えるには時間がかかるだろう。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でROCKinNET.comをフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. マーベルが『ブラックパンサー』でヒーロー映画初のアカデミー作品賞を獲得するために…
  2. 『ブラック・パンサー』を観た!社会風刺と娯楽性が融合したマーベルの新傑作が誕生し…
  3. ロッキンにサザン13年ぶりの降臨!昨年の桑田ソロに引き続きフェスに出る意味とは!…
  4. 遂にNYタイムズ誌まで?ガキ使の黒塗りメイク批判は行き過ぎだと思う理由!
  5. サザン40周年ライヴをLVで観る!~親近感こそサザン最大の魅力だと再確認する~

関連記事

  1. ニュース

    アリアナの爆発事件に多くのセレブが追悼のコメント

    今回のアリアナのライヴ会場での爆発事件を受け、多くのミュージシャン…

  2. ニュース

    新型コロナ自粛ムードで脚光を浴びる楽曲「HANDCLAP」って何?

    新型コロナ自粛ムードで脚光を浴びる「HANDCLA…

  3. ニュース

    急激にハロウィンが盛り上がったのは恋人不要だから説

    遂にバレンタインを超える経済効果らしい。1200億とか。今…

  4. ニュース

    映画『アントマン』では味方だった猛毒蟻“ヒアリ”について徹底解説!

    2017年6月末神戸港から日本で初めて発見された非常に危険とさ…

  5. ニュース

    【歌姫から伝説へ】安室奈美恵に25年分の感謝を!さよなら、ありがとう安室ちゃん!

    日本中が驚きと落胆に溢れた。安室奈美恵の芸能界引退の報は事件と…

  6. ニュース

    3.11から5年

    あの日から5年。5年前、我々は「命」について否応にも考えさせられた…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気の記事

[PR]
  1. ニュース

    【歌姫から伝説へ】安室奈美恵に25年分の感謝を!さよなら、ありがとう安室ちゃん!…
  2. ニュース

    遂にNYタイムズ誌まで?ガキ使の黒塗りメイク批判は行き過ぎだと思う理由!
  3. 映画レビュー

    『アベンジャーズ/エンドゲーム』 映画史に残る大傑作にして娯楽の頂点だ!
  4. 映画

    日本アカデミー賞とかいう老害賞には文句しか出て来ない
  5. ニュース

    【徹底考察】『カメラを止めるな!』は何故ここまでヒットしたのか?を真剣に妄想する…
PAGE TOP