プレスリリース

【PR】6/12(金)公開決定!映画『グッド・ボーイズ』予告編・著名人コメントを解禁!




©Universal Pictures


この度、メガヒット超大作『ワイルド・スピード/スーパーコンボ』をぶっちぎり全米初登場No.1を飾り、6週連続TOP10入りを果たしたモンスターヒット青春コメディ『グッド・ボーイズ』(配給:パルコ ユニバーサル映画)が、新型コロナの影響により5/22(金)より公開が延期となっていましたが、公開日が6月12日(金)に決定いたしました!

それを記念して映画ポスターと予告編、著名人の激賞コメントを解禁致します!!
コロナ禍で溜まったストレスは、全米で高評価を獲得した(※)青春コメディの新たな金字塔『グッド・ボーイズ』で吹っ飛ばせ!
※『グッド・ボーイズ』は世界興行収入120億円(※$110,883,070)を突破しただけでなく、米辛口批評サイトRotten Tomatoesで80%フレッシュという高評価を獲得した超話題作!!(※興行収入はBoxOfficeMojo調べ)


【STORY】
小学6年生の少年3人が同級生の女子たちに“初キス・パーティー”に誘われる。このパーティーは、オトナの階段を上る登竜門。キスの経験など全くない彼らは、背伸びをして様々な手を使いリサーチを開始する。そこで少しずつ垣間見られる“オトナの世界”に好奇心が止まらない少年たち。しかし、ある事件をきっかけにとんでもない騒動へと発展し、彼らは絶交の危機に直面してしまうー。

容赦ない下ネタ満載の『ソーセージ・パーティー』を手掛けた俳優セス・ローゲンと、『スーパーバッド 童貞ウォーズ』(07)、『50/50 フィフティ・フィフティ』(11)、『ロング・ショット 僕と彼女のありえない恋』(19)など長年に渡り長年にわたりローゲンと作品を作り続けてきたエヴァン・ゴールドバーグの名コンビが製作に名を連ね、最強のコメディ映画を誕生させた!


“オトナの世界”に好奇心が止まらないマックスと生真面目で曲がったことが許せないルーカス(キース・L・ウィリアムズ)、ワルを気取りつつも天使の歌声を持つソー(ブレイディ・ヌーン)の3人が巻き起こす下ネタギリギリの大冒険は、マックスが変顔連発せずにはいられない爆笑必至の大騒動へと発展していく!
本作はただ爆笑するだけではなく、子供が少しずつ成長していく過程も見事に描き「『スタンド・バイ・ミー』以来の感動!」という評価も得るなど、単なるコメディ映画とは一線を画する作品に期待が高まる!!

『翔んで埼玉』原作者ほか各方面の著名人からも絶賛の嵐!!

クスっと笑えるエピソードでいっぱいの楽しい作品。
この御時世に見るのに素晴らしい映画ですね。とにかくかわいい。
魔夜峰央(F1レーサー/『翔んで埼玉』『パタリロ』原作者)

やばい!自分の卒アルを何十年かぶりにめくっているような気分だ
時代は違えど大半の男子は「あ、コレオレだ!」と思うに違いない
ちりばめられた他愛も無いシーンが甘く切なくサイアクで懐かしい
石原まこちん(漫画家)

最高に最強におもしろ感動ムービーでした!子役達が天才すぎ!
あんな事言わせて⁉持たせて⁉良いのかなんて古臭い事は言ってられないです(笑)
子供なりの理解と好奇心の描かれ方が新しくて面白かったです。また観ます!
野呂 佳代(タレント)

お下劣ギャグで死ぬほど笑わせた後、ほろ苦い友情で泣かせるのはズルい!
3人の掛け合いがほほえましくて、いつまでも見ていられちゃう。
頭からっぽにして爆笑&ほっこりできる最高の90分間でした。
西野 芙美(株式会社TENGA 広報)



率直にすごいおもしろかった!
実際にでてくる子供たちや大人がちょっとウザかったりこういう人おるわあって、映画なんですけど自分たちのリアルな日常を感じました。
子供のころって仲間意識が強かったり悪いことがかっこいいって思ってたり、
でも誰かに合わすよりも自分に合う好きなことはなにかを知り素直にこころが成長していく姿とめっちゃでてくる下ネタにあっという間に時間がすぎました笑!
そわんわん(YouTuber)

サイコーにおバカな自称ワル3人組による、好きな子とキスしたいが為に周りを巻き込むドタバタ“性“春ムービー!親との鑑賞はオススメしません!!!!
RaMu(タレント・YOUTUBER・映画好きYouTubeチャンネル「シネマンション」 MC)

下ネタ満載のただのエロジュブナイル映画だと思ってた!違った!
子供たちの好奇心と正義感と友情に溢れたキラキラした映画!
そして、クライマックスの彼の小さい勇気にマジ泣き…!きっと彼は立派な大人に育つでしょう!
ジャガモンド斉藤(お笑い芸人・映画好きYouTubeチャンネル「シネマンション」MC)



こんな青春映画が観たかった!!
3人は大人の世界への好奇心が止まらないけど、
観てるこっちは笑いが止まらないよ!!笑
キスもビールの味も分かった気でいる3人を見て当時の自分を見ているようで恥ずかしくなっちゃった…照
あんこ(お笑い芸人・映画好きYouTubeチャンネル「シネマンション」 MC )

こんなコメディで笑いたかった!
興味津々でオトナの世界を知っていくプロセスに「性的同意」がナチュラルに登場してときめき加速。
叶うならご近所さんとしてビーンバッグ・ボーイズの成長を見守りたい!
奥浜レイラ(映画・音楽パーソナリティ)

監督:ジーン・スタプニツキー 脚本:ジーン・スタプニツキー、リー・アイゼンバーグ
製作:セス・ローゲン、リー・アイゼンバーグ、エヴァン・ゴールドバーグ
出演:ジェイコブ・トレンブレイ、ブレイディ・ヌーン、キース・L・ウィリアムズ ほか
©Universal Pictures 公式サイト:GOODBOYS.JP

2019年/アメリカ/カラー/デジタル/英語/原題:GOOD BOYS/90 分/PG12 配給:パルコ ユニバーサル映画 宣伝:スキップ

6月12日(金)、TOHO シネマズ 日比谷ほか全国公開



 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でROCKinNET.comをフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. RADWIMPS「HINOMARU」が物議!ポップ・ソングの右傾化に不自然さを感…
  2. 2017年 勝手に選ぶベスト洋楽 TOP10
  3. 第10回 独断で選ぶ素晴らしい邦楽たちTOP10 2018
  4. ロッキンにサザン13年ぶりの降臨!昨年の桑田ソロに引き続きフェスに出る意味とは!…
  5. 【フジから若者が消えた?】フェスの“聖地”フジロックが中高年化している問題。若者…

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気の記事

[PR]
  1. 音楽

    【この夏も話題独占】ジャスティン・ビーバーの恋愛遍歴を振り返り!
  2. ライブレポート

    ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2017 4日目ライヴレポート
  3. 邦楽

    RADWIMPS「HINOMARU」が物議!ポップ・ソングの右傾化に不自然さを感…
  4. 日記

    パリピが日常悩んでる嫌なことって何?ストレス溜めない極意がULTRA JAPAN…
  5. 映画

    何故「バルス現象」は起きるのか?その理由は日本特有の国民性と風土にあった!
PAGE TOP