映画レビュー

新生SWよりもSWっぽい?リュック・ベッソン監督、久々の娯楽映画の成功例『ヴァレリアン 千の惑星の救世主』

(C) 2017 VALERIAN S.A.S. – TF1 FILMS PRODUCTION


『フォースの覚醒』と『最後のジェダイ』を観て感じていたことは、ビジュアル面での弱さだった。異星人が少ない。SWって奇妙な異星人が出てきてナンボの世界であるはずだけど、ほぼ生身の人間のドラマなのは、SFの伝説的映画の続編として物足りなさを感じた。そんな不満を見事にクリアしたのが、この『ヴァレリアン』だった。新SWは、リュック・ベッソンに作らせれば良かったんじゃないかと思うほどの独自性と奇抜さで、見事に世界観を構築。

その昔、まだ俺が中学生の時だったろうかベッソン監督作で『フィフス・エレメント』って映画があって、今見たら学芸会のようなものだろうけど、これもこれで、当時はビジュアル的には相当の革新的な映画だった。内容は大したものでは無かったけど。それの現代版とも言える圧倒的な美しさと、奇抜さで、それだけでも異次元に行ったような、SF映画の手本となるような作品だったと思う。


冒頭で次々と異星人がやってきては、人類と握手をし、巨大な宇宙年を形成していく様は、まるでEU離脱や難民拒否のトランプ政権など、ナショナリズム横行する世界へのアンチテーゼのよう。その過程のシーンのBGMが、デヴィッド・ボウイの「スペース・オディティ」なのもセンスが良い。冒頭の5分間で、心奪われてしまった。
意外だった。ここ数年のベッソン作品は『LUCY/ルーシー 』など、嘲笑レベルの駄作が続いていたからだ。今回も期待せずに観たが、ビジュアル面は当然のこと、その娯楽度の高いことに驚く。

宇宙の平和を守るため、銀河をパトロールする連邦捜査官のヴァレリアンと、その彼女であるローレリーヌのカップルが、襲撃によって連れ去られたルー大柴似のお偉方を助けるために、宇宙をまたにかけた冒険に出る。しかし、それには陰謀が隠されていて・・・・・・って話。

主人公がカップルというのも、面白いところで、この映画って、まるでデート・ムーヴィーなんだよね。カップルのさり気ないデート中のいざこざを描いていて、男の言い分と、女の言い分が常に衝突する。彼女も彼女で引かない。逆に男を助けたりもする。ブルース・ウイルスが、美しい女優を体張って助けるとか、もはや、そういう時代じゃない。如何にも現代的なカップル像を描いたことが勝算だったように思える。演じた若手二人にも大いに拍手だ。

途中でリアーナが出てくる意味は、よく分からなかったけど。流石のパフォーマンス力を発揮してるので、一見の価値はアリかな。

(文・ROCKinNET.com編集部)
※無断転載・再交付は固く禁ずる。引用の際はURLとサイト名の記述必須。



 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でROCKinNET.comをフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. アリアナ慈善LIVE「One Love Manchester」を観て感じたこと
  2. 『君の名は。』遂に北米公開で絶賛の嵐!
  3. サンボマスター vs My Hair is Bad 男どアホウ夏の陣!日本ロック…
  4. またもコンサート会場が狙われる「米国史上最悪の銃乱射事件」から音楽ライヴ運営の将…
  5. 第10回 独断で選ぶ素晴らしい邦楽たちTOP10 2018

関連記事

  1. 映画レビュー

    『アド・アストラ』映画的醍醐味も希望も描けないスッカスカな駄作

    くっそつまらない!大概の映画は表現の存在として認める性質だ…

  2. 映画レビュー

    『ジョン・ウィック:パラベラム』アクションが九割を占め正直飽きる・・・

    愛犬を殺され、その復讐のためにマフィア組織を全壊させてきたジョ…

  3. 映画レビュー

    『レッド・スパロウ』で初ヌードを見せたジェニファー・ローレンスの女優魂に圧倒される!

    時代の寵児であるジェニファー・ローレンスが果敢にもキャリア初と…

  4. 映画レビュー

    『アウトレイジ 最終章』は暴力映画ではなくコメディ映画だった(笑)

    日本人は“不良好きDNA”が流れている。昔悪かった自慢など何の意味…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気の記事

[PR]
  1. 映画

    何故「バルス現象」は起きるのか?その理由は日本特有の国民性と風土にあった!
  2. ハリウッド

    【YOUTUBE誕生のきっかけ】来年2018年のハーフタイムショーはジャスティン…
  3. 邦楽

    松任谷由実「恋人がサンタクロース」がクリスマスは恋人と過ごす日という社会的呪縛を…
  4. 音楽

    PSY「江南スタイル」が持つYOUTUBE再生回数1位の記録を破ったのは!?【最…
  5. 映画レビュー

    『スター・ウォーズ 最後のジェダイ』の功績は神話をオリジナリティをもって進展させ…
PAGE TOP